レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
夏の災厄
篠田 節子
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
86
最高
86
最低
86
合計レビュー
1人
男性1人 平均86点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
86点
★★★★★★★★★★
総合評価
18点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
26点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
16点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
先を読まずにいられない
ノンフィクションのようなリアルがある
地方都市のある地区で発生した日本脳炎。完全に終息したはずの病気によるパンデミック。原因を探れば、戦中の秘密機関の研究により生み出されたウイルス兵器との関連が。名誉・地位・金によって封印されようとする原因を探る地元の医者と看護婦達の奮闘。こんなことって正にありうるんじゃないかと思うとぞっとさせられます。文章も読みやすいしプロットも分かりやすくお勧めの一冊です。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
夏の災厄
篠田 節子
パニック・病気
黒い春
山田 宗樹
パニック・医療
アンダーグラウンド・マーケット
藤井 太洋
パニック・現代
滅びの笛
西村 寿行
パニック・動物・サスペンス
南アルプスで男女の死体が発見されたが、遺体は死後十日間で白骨化していた。同じ頃、環境庁鳥獣保護課の沖田のもとに中部山岳一帯における鳥獣の異常繁殖を告げる調査報告が相次いだ。沖田は理学博士・右川を訪ね、
君の膵臓をたべたい
住野 よる
青春・病気
ある日、高校生の僕は病院で1冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書か
イン・ザ・プール
奥田 英朗
医療・病気・コメディー・ユーモア
カシオペアの丘で
重松 清
人生・病気・死・自殺
長いお別れ
中島 京子
家族・病気
帰り道は忘れても、難読漢字はすらすらわかる。妻の名前を言えなくても、顔を見れば、安心しきった顔をする――。東家の大黒柱、東昇平はかつて区立中学の校長や公立図書館の館長をつとめたが、十年ほど前から認知症
この著者の他の本
稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則
中島 京子
地方・街・町・経営・ビジネス
地方は消滅しない!縮小社会を生き延びる術、本気の人だけに教えます!人口減少社会でも、経営者視点でまちを見直せば地方は再生する! まちおこし業界の風雲児が、地域ビジネスで利益を生むための心構えから具体的
大放言
中島 京子
思想・評論・社会
まんしゅう家の憂鬱
中島 京子
エッセイ・コメディー・ユーモア
父と弟の決闘? オムツ倶楽部の面接? 脚フェチ撮影会? 「お母さん超はずかしいよ」 ──まんしゅうきつこ母 大人気ブログ「まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど」ついに書籍化!
かばん屋の相続
中島 京子
家族・お金
働く男たちの愛憎、葛藤を描いた文春文庫オリジナル短編集。池上信用金庫に勤める小倉太郎。その取引先「松田かばん」の社長が急逝した。残された二人の兄弟。会社を手伝っていた次男に生前、「相続を放棄しろ」と語
平均点ランキング