レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
笹の舟で海をわたる
角田 光代
毎日新聞社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
『本の雑誌』が選ぶ 2014年ベスト10(ノンジャンル)の第1位 獲得! ! 終戦から10年、主人公・左織(さおり)は22歳の時、銀座で女に声をかけられる。風美子(ふみこ)と名乗る女は、左織と疎開先が一緒だったという。風美子は、あの時皆でいじめた女の子?「仕返し」のために現れたのか。欲しいものは何でも手に入れるという風美子はやがて左織の「家族」となり、その存在が左織の日常をおびやかし始める。うしろめたい記憶に縛られたまま手に入れた「幸福な人生」の結末は――。激動の戦後を生き抜いた女たちの〈人生の真実〉に迫る角田文学の最新長編。あの時代を生きたすべての日本人に贈る感動大作!
帯情報
あの日、思い描いた未来を生きていますか?

豊かさに向かう時代、辛い過去を葬ったまま、少女たちは幸福になったのだろうか──
amazonでの読者の感想
・昭和の時代の女性の生き方を描く
・角田光代さんの反戦記
・本書は彼女の最高傑作ではあるまいか
・女性に読んでいただきたい
・家族における自分の存在感、生き方をじっくりと再考したい方にお薦め
・読後に心に残る深い深いものがあります
・救いもあるようでないようであるような不思議な読後感
・余計な事を思い出して難儀な人生にしちゃった人のお話
・転がり落ちる感じが味わい深く、ラストはじっくりと噛み締める価値のある
・最後はみな一人・・・そんなことを再認識させてくれた
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
75
最高
75
最低
75
合計レビュー
1人
女性1人 平均75点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
75点
★★★★★★★★★★
総合評価
18点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
9点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
22点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
10点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
16点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
じっくりと読んでほしい本
ひとりの女性の人生を通して、自分の人生、幸福、不幸とは一体何なのかを語りかけている。「笹の舟で海をわたる」まさにこの言葉が、人生そのものを表しているのかもしれない。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
灯台へ
ヴァージニア・ウルフ
人生・人間
三日間の幸福
三秋 縋
SF・恋愛・愛・人生
どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。 未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になる
33年後のなんとなくクリスタル
田中 康夫
人間・人生
1980年代に大学生だった彼女たちは、いま50代になった。日本社会の“黄昏”を予見した空前のベストセラーから33年。「豊かな時代」を過ごした彼女たちは今、何を思い、どう生きているのか?
私生活
神吉 拓郎
人生・人間
「都会生活の哀愁を、巧みに切りとってみせた」と高く評価された第90回直木賞受賞の短篇集である。この世の中、どこの誰にも一枚めくれば、あやしげな私生活があるものだ。人それぞれにおなじ悩みも濃くまた淡く…
夕映えの道―よき隣人の日記
ドリス・レッシング
女性・人生
恋紅
皆川 博子
歴史・時代・女性
ボヴァリー夫人
ギュスターヴ・フローベール
恋愛・愛・人間・女性
娘時代に恋愛小説を読み耽った美しいエンマは、田舎医者シャルルとの退屈な新婚生活に倦んでいた。やがてエンマは夫の目を盗んで、色男のロドルフや青年書記レオンとの情事にのめりこみ莫大な借金を残して服毒自殺を
あの家に暮らす四人の女
三浦 しをん
女性・生活
謎の老人の活躍としくじり。ストーカー男の闖入。いつしか重なりあう、生者と死者の声―古びた洋館に住む女四人の日常は、今日も豊かでかしましい。谷崎潤一郎メモリアル特別小説作品。ざんねんな女たちの、現代版『
宇喜多の捨て嫁
木下 昌輝
歴史・時代・人生
利休にたずねよ
山本 兼一
歴史・時代・人間
女のものと思われる緑釉の香合を肌身離さず持つ男・千利休は、おのれの美学だけで時の権力者・秀吉に対峙し、天下一の茶頭に昇り詰めていく。刀の抜き身のごとき鋭さを持つ利休は、秀吉の参謀としても、その力を如何なく
あかね空
山本 一力
歴史・時代・家族
希望を胸に、身一つで京都から江戸へくだった豆腐職人の永吉。己の技量一筋に生きる永吉と、それを支えるおふみはやがて夫婦となった。固く大きい江戸の豆腐と、やわらかで小さい京風の豆腐。好みの違いに悩みながらも、
マダム・キュリーと朝食を
小林 エリカ
人間・歴史・時代
この著者の他の本
対岸の彼女
小林 エリカ
女性・友情・友達
いじめで群馬に転校してきた女子高生のアオちんは、ナナコと親友になった。専業主婦の小夜子はベンチャー企業の女社長・葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始める。立場が違ってもわかりあえる、どこかに
学校の青空
小林 エリカ
学校・少年・少女・事件
退屈な日常とおきまりの未来の間で過熱していく少女たち…。彼女たちの"独創的な暴力"に迫る、「放課後のフランケンシュタイン」ほか、女の子たちのさまざまなスクール・デイズをラジカル&クールに描く、各紙誌絶
八日目の蝉
小林 エリカ
親子・サスペンス
直木賞作家・角田光代が全力を注いで書き上げた、心ゆさぶる傑作長編。不倫相手の赤ん坊を誘拐し、東京から名古屋、小豆島へ、女たちにかくまわれながら逃亡生活を送る希和子と、その娘として育てられた薫。偽りの母
エコノミカル・パレス
小林 エリカ
女性・お仕事・生活
34歳フリーター、同居の恋人は失業中。どんづまりの私の前に、はたちの男があらわれた―。生き迷う世代を描いて“今”のリアルを映す角田光代の最高傑作。
平均点ランキング