レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
神の子どもたちはみな踊る
村上 春樹
新潮社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる...。大地は裂けた。神は、いないのかもしれない。でも、おそらく、あの震災のずっと前から、ぼくたちは内なる廃墟を抱えていた―。深い闇の中に光を放つ6つの黙示録。
ウィキペディアであらすじを見る
帯情報
小さな焚き火の炎のように、深い闇の中に光を放つ
村上春樹の言葉

この小説を読み終えたとき、あなた自身の何かが変わる・・・。
amazonでの読者の感想
・阪神淡路大震災にまつわる短編集
・「蜂蜜パイ」に関しては、筆者にとっても最高傑作のひとつ
・村上春樹の最高傑作ではないかと思っています
・村上春樹世界観が全て詰まっている
・村上春樹先生の本をむさぼるように読み始めるきっかけとなった
・阪神大震災を村上春樹流の感性で書き切った小説
・宮沢賢治を読んでいるような錯覚を覚えた
・実に不思議な時間の流れを感じる小説集だった
・自信がなくて元気が出ず勇気が持てない。そんな人は「蜂蜜パイ」を読んでほしい
・村上春樹の作品を一度も読んだことのない人にもぜひ読んでもらいたい
amazonでの読者の評価
良い
メディアミックス
映画化
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
風に舞いあがるビニールシート
森 絵都
人間・人生
デッドエンドの思い出
よしもとばなな
人生・人間
スロウハイツの神様
辻村 深月
人間・人生
人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ――あの事件から10年。アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。夢を語り、物語を作る。好きなこと
受け月
伊集院 静
人生・人間
ストーナー
ジョン・ウィリアムズ
人生・人間
これはただ、ひとりの男が大学に進んで教師になる物語にすぎない。 しかし、これほど魅力にあふれた作品は誰も読んだことがないだろう。 ──トム・ハンクス 半世紀前に刊行された小説が、いま、世界中
ブルース
桜木 紫乃
女性・人生
外道を生きる孤独な男か、それとも女たちの「夢の男」か――釧路ノワールの傑作、誕生。没落した社長夫人が新聞の社告の欄に見た訃報、それはかつて焦がれた六本指の少年のものだった。深い霧たちこめる北の街の「崖
アイネクライネナハトムジーク
伊坂 幸太郎
人間・人生
仙台ぐらし
伊坂 幸太郎
エッセイ・人生
心配性の作家がつづる地方都市生活の魅力と希望。震災で都市機能がマヒしてしまった体験を持つ仙台。そこに暮らすちょっと心配性で、ちょっと自意識過剰な作家の、軽妙で味わい深いエッセイ。途方に暮れた後にたどり
神の子どもたちはみな踊る
村上 春樹
人間・人生・災害
1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる.
富士山噴火
高嶋 哲夫
災害・サバイバル
絶唱
湊 かなえ
人間・災害
想像ラジオ
いとう せいこう
災害・人間
深夜二時四十六分。海沿いの小さな町を見下ろす杉の木のてっぺんから、「想像」という電波を使って「あなたの想像力の中」だけで聴こえるという、ラジオ番組のオンエアを始めたDJアーク。その理由は―東日本大震災を背
この著者の他の本
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
いとう せいこう
ハードボイルド・ファンタジー・冒険
海辺のカフカ〈上〉
いとう せいこう
人生・不思議
東京奇譚集
いとう せいこう
不思議・世にも奇妙な物語
レキシントンの幽霊
いとう せいこう
不思議・幽霊・化け物
覚めてからが夢なのか? 氷男は南極に戻り、建築家は眠りの衣をまとう 台風の目が心を裂き、チョコレートは溶けていく 何かが、まるで柔らかな木槌みたいに僕の頭を打った。 ──あれは幽霊なん
平均点ランキング