レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
大誘拐
天藤 真
東京創元社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
【日本推理作家協会賞受賞】刑務所の雑居房で知り合った戸並健次、秋葉正義、三宅平太の3人は、出所するや営利誘拐の下調べにかかる。狙うは紀州随一の大富豪、柳川家の当主とし子刀自。身代金も桁違い、破格ずくめの斬新な展開が無上の爽快感を呼ぶ、捧腹絶倒の大誘拐劇。天藤真がストーリーテラーの本領を十全に発揮し、映画化もされた第32回日本推理作家協会賞受賞作。「週刊文春」ミステリーベスト10/20世紀国内部門第1位。
ウィキペディアであらすじを見る
帯情報
これまで読んだミスたりの中で、もっとも魅力的な「被害者」です。
米澤穂信
amazonでの読者の感想
・20世紀ベストミステリの1位に輝いた極上のエンタテイメント小説
・本作品を読まずしてミステリーは語れないという作品
・一体何度、読み返したことでしょう。最高の犯罪小説
・小説に必要な要素のすべてが完璧。奇跡的大傑作
・日本ミステリ史上の金字塔にして、誘拐テーマ作品の最高峰
・ミステリーとしても人間ドラマとしても大傑作
・登場人物の魅力がこの作品を際立たせ、読者を夢中にさせてくれる
・悪人はおらず、誰も傷つかず、暖かさだけが残る、とても良い作品
・こんなに人に勧めたくなった本は初めてかも
・徹夜覚悟でページを開いて下さい
amazonでの読者の評価
最低
メディアミックス
映画化
良本生活での感想・レビュー
平均
95
最高
95
最低
95
合計レビュー
1人
男性1人 平均95点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
95点
★★★★★★★★★
総合評価
20点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
29点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
15点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
5点 ★★★★★
時間を忘れて一気読み
ページをめくる手が止められない
もっと早く出会いたかった
久々に面白い本読みました。だいぶ古い本なんですね、今読んでも面白い。まぁ今のIT時代じゃできない展開ですが。まだまだ知らない本沢山あるんですね。映画化もされているようなのでそっちも観てみたいです。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
氷柱
多岐川 恭
推理・ミステリー
隠者のような生活を送っていた男が犯罪行為に手を染めていく過程を描く 街の一角に三万坪の居を構えて住む風変わりな男……名は小城江保、人呼んで氷柱(つらら)。彼は、ある日遭遇した少女の轢き逃げ事件を契機に
透明カメレオン
道尾 秀介
ミステリー・家族
冴えない容姿と“特殊”な声を持つラジオのパーソナリティの恭太郎はある雨の日、行きつけのバーで奇妙な女の子に出会う。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる恭太郎だったが――。
暗い落日
結城 昌治
ハードボイルド・探偵・ミステリー
私立探偵の真木は、実業家・磯村の依頼を受けて、十九歳の劇団研究生・乃里子の行方を捜し始めた。調査が進むに従って、バーの女、ボーイフレンドの父と関係者が相次いで殺され、一族の暗く重い過去が真木の前に現れ
時の渚
笹本 稜平
家族・ミステリー
白い僧院の殺人
カーター・ディクスン
ミステリー・推理
猿丸幻視行
井沢 元彦
ミステリー・歴史・時代・推理
奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の声聞くときぞ秋は悲しき――百人一首にも登場する伝説の歌人、猿丸大夫が詠んだ歌に秘められた謎。そして“いろは歌”に隠された1000年の暗号とは? 友人の不可解な死に遭遇した、後
亜愛一郎の狼狽
泡坂 妻夫
ミステリー・推理・探偵
雲や虫など奇妙な写真を専門に撮影する青年カメラマン亜愛一郎は、長身で端麗な顔立ちにもかかわらず、運動神経はまるでなく、グズでドジなブラウン神父型のキャラクターである。ところがいったん事件に遭遇すると、
そして誰もいなくなった
アガサ・クリスティー
ミステリー・サスペンス・推理
その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌
大誘拐
天藤 真
ミステリー・推理・誘拐
【日本推理作家協会賞受賞】刑務所の雑居房で知り合った戸並健次、秋葉正義、三宅平太の3人は、出所するや営利誘拐の下調べにかかる。狙うは紀州随一の大富豪、柳川家の当主とし子刀自。身代金も桁違い、破格ずくめの斬
この著者の他の本
大誘拐
天藤 真
ミステリー・推理・誘拐
【日本推理作家協会賞受賞】刑務所の雑居房で知り合った戸並健次、秋葉正義、三宅平太の3人は、出所するや営利誘拐の下調べにかかる。狙うは紀州随一の大富豪、柳川家の当主とし子刀自。身代金も桁違い、破格ずくめ
平均点ランキング