レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
成長社会に戻ることのないいま、私たちは、そろそろ価値観を転換しなければならないのではないか。あたらしい「この国のかたち」を模索し、私たち日本人のあり方を考察した、これからの日本論!/絶賛の声、続々! 内田樹氏:背筋のきりっと通った「弱国」への軟着陸を提案する“超リアリスト”平田オリザの「立国宣言」。/藻谷浩介氏:避けてきた本質論を突きつけられた。経済や人口に先立つのは、やはり「文化」なのだ。
帯情報
私たち日本人のあり方を考察した日本論

内田樹氏
背骨のきりっと通った軟着陸を提案する“超リアリスト”平田オリザの「立国宣言」

藻谷浩介氏
避けてきた本質論を突きつけられた。経済や人口に先立つのは、やはり「文化」なのだ
amazonでの読者の感想
・2016年の日本を見るための指南書
・厳しくも前向きな「衰退」宣言
・実際に歩むであろう衰退期をいかに過ごすのかという提案
・教育や地方再生への提言は、新鮮で刺激的だった
・経済成長主義に異議を唱え、これからの下り坂の下り方を考察
・行政や教育に関わる人にはオススメしたい
・読みやすく勇気を与えてくれる本でした
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
63
最高
63
最低
63
合計レビュー
1人
男性1人 平均63点
おすすめ
0
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
63点
★★★★★★★★★★
総合評価
14点 / 25点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
役立ち度
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
2点 ★★★★★
印象
14点 / 20点
読みやすさ
3点 ★★★★★
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
3点 ★★★★
内容
13点 / 20点
考えさせられる度
4点 ★★★★★
即効性
3点 ★★★★★
生き方への影響度
3点 ★★★★★
結論の納得度
3点 ★★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
13点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
考えさせられる本
題名にひかれて読んでみた。いろんな地方都市のうまくいっている事例がのっているしその取り組みは素晴らしい。豊岡の話なんかはなるほどと思うが日本の地方都市であれだけの資産・環境を持っている街がどれだけあるのか。最近、成長はあきらめて別の道を!って著書が多く、人気も集めている。現状何をやっても成長しない昨今、そこは大いに共感するが、それを書いているのが僕を含め殆ど時代の成長を一番謳歌した世代の方々。これからの時代の主役となる若い世代は「もう成長ないからね、別の道を」って提言はどう感じるんだろうか。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
だから日本はズレている
古市 憲寿
社会・思想・評論
成功のための未来予報 10年後の君は何をしているか
神田 昌典
社会・思想・評論
お金がなくなる! ?  会社がなくなる! ? 制約がなくなる! ?いま想像しているよりも、現実はもっと早く動いていく。神田昌典が、栃木県宇都宮市白楊高等学校の全校生徒900名の前で語った90分。著者が
さらば、資本主義
佐伯 啓思
経済・日本・社会
命を区切られたとき、人は何を思い、いかに生きるのか―。幽閉中の武士・戸田秋谷の気高く凄絶な覚悟と矜持を、九州豊後の穏やかな山間の風景の中に謳い上げる感涙の時代小説!平成23年度下半期・第146回直木賞
フードバンクという挑戦  貧困と飽食のあいだで
大原 悦子
食・ボランティア・社会
余っている食べ物を困っている人へ 『もったいない!』 「完璧でない」からと捨てられる食べ物。 一方で、食べることに困っている人が大勢いる。 両者をつなぐ活動の最前線。 アメリカと日本
野生めぐり: 列島神話の源流に触れる12の旅
石倉 敏明
地理・歴史・日本
未知の「日本」へ 日本列島に潜む無数の<他者>の記憶を辿る。 人類学者と写真家が旅した「現代の野生」
仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か
魚川 祐司
宗教・日本
菊と刀
ルース・ベネディクト
思想・評論・日本
戦前昭和の社会 1926-1945
井上 寿一
社会・日本
「大学は出たけれど」、新興宗教ブーム、10銭均一売り場……「暗い時代」の明るい日常生活。「十銭均一売り場」に足を運ぶ消費者、女性の地位向上を推進するモダンガール、新興宗教ブーム、就職難にあえぐ学生──
ぼくらの民主主義なんだぜ
高橋 源一郎
社会・思想・評論
日本人に民主主義はムリなのか? 絶望しないための48か条。「論壇時評」はくしくも3月11日の東日本大震災直後からはじまり、震災と原発はこの国の民主主義に潜んでいる重大な欠陥を炙り出した。若者の就活、ヘイト
フランス現代思想史 - 構造主義からデリダ以後へ
岡本 裕一朗
思想・評論・外国
私の幸福論
福田 恒存
思想・評論・生き方
世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え 世界の第一人者100人が100の質問に答える
ジェンマ・エルウィン・ハリス
質問・疑問・思想・評論・インタビュー
「数字は永遠につづく?」「どんなふうに恋に落ちるの?」「人はどうして永遠に生きていられないの?」…科学、哲学、社会、スポーツなど、子どもたちが投げかけた誰もが知りたい身近な疑問に、ドーキンス、チョムスキー
この著者の他の本
下り坂をそろそろと下る
ジェンマ・エルウィン・ハリス
社会・日本・思想・評論
成長社会に戻ることのないいま、私たちは、そろそろ価値観を転換しなければならないのではないか。あたらしい「この国のかたち」を模索し、私たち日本人のあり方を考察した、これからの日本論!/絶賛の声、続々! 
幕が上がる
ジェンマ・エルウィン・ハリス
青春・学校
ある地方の高校演劇部を指導することになった女性教師が部員らに全国大会の出場を意識させる。高い目標を得た部員たちは恋や勉強よりも演劇ひとすじの日々に。演劇強豪校からの転入生に戸惑い、切磋琢磨して一つの台