レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
成長社会に戻ることのないいま、私たちは、そろそろ価値観を転換しなければならないのではないか。あたらしい「この国のかたち」を模索し、私たち日本人のあり方を考察した、これからの日本論!/絶賛の声、続々! 内田樹氏:背筋のきりっと通った「弱国」への軟着陸を提案する“超リアリスト”平田オリザの「立国宣言」。/藻谷浩介氏:避けてきた本質論を突きつけられた。経済や人口に先立つのは、やはり「文化」なのだ。
帯情報
私たち日本人のあり方を考察した日本論

内田樹氏
背骨のきりっと通った軟着陸を提案する“超リアリスト”平田オリザの「立国宣言」

藻谷浩介氏
避けてきた本質論を突きつけられた。経済や人口に先立つのは、やはり「文化」なのだ
amazonでの読者の感想
・2016年の日本を見るための指南書
・厳しくも前向きな「衰退」宣言
・実際に歩むであろう衰退期をいかに過ごすのかという提案
・教育や地方再生への提言は、新鮮で刺激的だった
・経済成長主義に異議を唱え、これからの下り坂の下り方を考察
・行政や教育に関わる人にはオススメしたい
・読みやすく勇気を与えてくれる本でした
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
63
最高
63
最低
63
合計レビュー
1人
男性1人 平均63点
おすすめ
0
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
63点
★★★★★★★★★★
総合評価
14点 / 25点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
役立ち度
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
2点 ★★★★★
印象
14点 / 20点
読みやすさ
3点 ★★★★★
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
3点 ★★★★
内容
13点 / 20点
考えさせられる度
4点 ★★★★★
即効性
3点 ★★★★★
生き方への影響度
3点 ★★★★★
結論の納得度
3点 ★★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
13点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
考えさせられる本
題名にひかれて読んでみた。いろんな地方都市のうまくいっている事例がのっているしその取り組みは素晴らしい。豊岡の話なんかはなるほどと思うが日本の地方都市であれだけの資産・環境を持っている街がどれだけあるのか。最近、成長はあきらめて別の道を!って著書が多く、人気も集めている。現状何をやっても成長しない昨今、そこは大いに共感するが、それを書いているのが僕を含め殆ど時代の成長を一番謳歌した世代の方々。これからの時代の主役となる若い世代は「もう成長ないからね、別の道を」って提言はどう感じるんだろうか。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
AIの衝撃 人工知能は人類の敵か
小林 雅一
思想・評論・社会
ナショナリズム入門
植村 和秀
思想・評論・社会
人々はなぜナショナリズムにこだわるのか? 日本と中国、ドイツ、ユーゴスラヴィアなどのヨーロッパ世界、南北アメリカなど、世界の様々な地域の多様なナショナリズムの構造を分析し、21世紀世界の最大の問題であ
江戸と幕末 意外に知らない素朴な疑問
冨成 博
歴史・社会・学習・勉強
江戸・幕末の社会制度から日常茶飯事にいたるまで、私たちはほとんど何も知らない。「将軍とは何か」「日付はいつ変わるのか」「幕末の一両は何円か」などなど、意外で素朴な疑問に答えます。
断片的なものの社会学
岸 政彦
生き方・社会
野生めぐり: 列島神話の源流に触れる12の旅
石倉 敏明
地理・歴史・日本
未知の「日本」へ 日本列島に潜む無数の<他者>の記憶を辿る。 人類学者と写真家が旅した「現代の野生」
日本語の外へ
片岡 義男
英語・言語・日本
湾岸戦争をアメリカのTV放送だけで追ってみる、という試みから始まった本書は、アメリカを突き動かす英語という言葉の解明へと焦点を移していく。母国語によって人は規定され、社会は言葉によって成立する。たえず
仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か
魚川 祐司
宗教・日本
東京の下層社会
紀田 順一郎
日本・歴史
スラムの惨状、もらい子殺し、娼妓に対する搾取、女工の凄惨な労働と虐待……。駆け足の近代化と富国強兵を国是とする日本の近代は、社会経済的な弱者―極貧階層を生み出した。張りぼての繁栄の陰で、「落伍者」「怠
日本の「運命」について語ろう
浅田 次郎
思想・評論・社会
日本語が世界を平和にするこれだけの理由
金谷 武洋
言語・思想・評論
だから日本はズレている
古市 憲寿
社会・思想・評論
危機を突破する力 これからの日本人のための知恵
丹羽 宇一郎
思想・評論・働き方
伊藤忠商事時代の不良債権処理、中国大使時代の尖閣問題への対応など、著者に降りかかったあらゆる危機を乗り越えた力の源は「本」にあった。丹羽流の信念と決断力を磨く力の磨き方。
この著者の他の本
幕が上がる
丹羽 宇一郎
青春・学校
下り坂をそろそろと下る
丹羽 宇一郎
社会・日本・思想・評論
成長社会に戻ることのないいま、私たちは、そろそろ価値観を転換しなければならないのではないか。あたらしい「この国のかたち」を模索し、私たち日本人のあり方を考察した、これからの日本論!/絶賛の声、続々!