レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
人工知能は人間を超えるか
松尾 豊
KADOKAWA / 中経出版
ジャンル
あらすじ・内容紹介
グーグルやフェイスブックが開発にしのぎを削る人工知能。日本トップクラスの研究者の一人である著者が、最新技術「ディープラーニング」とこれまでの知的格闘を解きほぐし、知能とは何か、人間とは何かを問い直す。
帯情報
人工知能を知ることは、人間を知ることだ。

「人間のように考えるコンピューター」の実現へ。
いま、劇的な進展が訪れようとしている。
知能とは何か、人間とは何か。
トップクラスの人工知能学者が語る、知的興奮に満ちた一冊。
amazonでの読者の感想
・数ある人工知能本の中で一番分かりやすい
・人工知能の歴史と現状、将来の展望がよくわかる
・小説のようにワクワクしながら読める
・AIに対して抱いていたイメージや思い込みを正しく矯正してくれる
・衝撃的な本でした
・読み物として気楽に読みたい。そんな方々にお勧めです
・将棋ソフトが急速に強くなってきた構造を知りたくて手に取った
・どのように社会で活かされるかという未来学的な事も書いてある
・将来の自分たちの生活にどう影響してくるのか詳しく説明されている
・知能とは何かをあらためて考えさせられた
amazonでの読者の評価
最高
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ツイッターで学んだいちばん大切なこと――共同創業者の「つぶやき」
ビズ・ストーン
IT・WEB・起業・起業家
140字のつぶやきが世界のみんなをつないだ! 自分の思いを短文で発信する――たったそれだけのシンプルなサービスが、2億7000万人に愛され、社会を動かすようになったのはなぜ? 共同創業者のビズ・ストー
今、世界は日本を求めているか?
田村 耕太郎
グローバル・IT・WEB
日本人よ、チャンスを掴んで立ち上がれ!もはや国内だけに目を向け、それで済む時代は終わったと言える。さぁ積極的に国外へ目を向け、日本を飛び出す準備を整えよう。世界を股にかけて活躍する著者による、「時代の
鈴木さんにも分かるネットの未来
川上 量生
IT・WEB・思想・評論
アップル、グーグルが神になる日~ハードウェアはなぜゴミなのか?~
上原 昭宏
IT・WEB・経営・ビジネス
身の回りの様々なモノがクラウドにつながる「モノのインターネット化」(IoT)。この急成長市場で、中心となっているのがアップルとグーグル。人が操作することなしに機器同士がデータをやりとりし、自動的に動い
昆虫はすごい
丸山 宗利
生き物・研究
人がやっている行動や、築いてきた社会・文明によって生じた物事は、ほとんど昆虫が先にやっている。狩猟採集、農業、牧畜、建築、そして戦争から奴隷制、共生まで、彼らはあらゆることを先取りしてきた。特に面白い
本能寺の変 431年目の真実
明智 憲三郎
歴史・不思議・謎・研究
名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた! なぜ光秀は
昆虫はもっとすごい
丸山 宗利
生き物・研究
アリと共生する昆虫が専門の人気学者・丸山先生、無類の虫好きでお馴染み養老ハカセ、生態が謎だらけの寄生虫研究者・中瀬クンによる夢の“虫屋”トリオが、昆虫ワールドの魅力を語りつくす。アリの巣に居候しダタ飯
できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか
ポール.J・シルヴィア
how to・文章・研究
よい習慣は才能を超える 山中信弘さん推薦! 本書に書かれている「たくさん書く」ためのワザの数々を実際に使ってみたら、驚くなかれ、たった三週間でまる一冊が翻訳できてしまった。
成功のための未来予報 10年後の君は何をしているか
神田 昌典
社会・思想・評論
お金がなくなる! ?  会社がなくなる! ? 制約がなくなる! ?いま想像しているよりも、現実はもっと早く動いていく。神田昌典が、栃木県宇都宮市白楊高等学校の全校生徒900名の前で語った90分。著者が語る
フランス現代思想史 - 構造主義からデリダ以後へ
岡本 裕一朗
思想・評論・外国
だから日本はズレている
古市 憲寿
社会・思想・評論
ナショナリズム入門
植村 和秀
思想・評論・社会
人々はなぜナショナリズムにこだわるのか? 日本と中国、ドイツ、ユーゴスラヴィアなどのヨーロッパ世界、南北アメリカなど、世界の様々な地域の多様なナショナリズムの構造を分析し、21世紀世界の最大の問題であるナ
この著者の他の本
人工知能は人間を超えるか
植村 和秀
IT・WEB・研究・思想・評論
グーグルやフェイスブックが開発にしのぎを削る人工知能。日本トップクラスの研究者の一人である著者が、最新技術「ディープラーニング」とこれまでの知的格闘を解きほぐし、知能とは何か、人間とは何かを問い直す。