レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
バタフライ
平山 瑞穂
幻冬舎
ジャンル
あらすじ・内容紹介
尾岸七海(13)は母の再婚相手に身体を求められていた。「この男を本当に殺したい」。島薗元治(74)は妻に先立たれ、時間を持て余している。「若い奴は全くなってない」。永淵亨(32)はネットカフェで暮らし、所持金は1887円。「もう死ぬしかないのか」。山添択(13)は級友にゴミ扱いされて不登校に。「居場所はゲームの中だけだ」。設楽伸之(43)は二代目社長として右往左往している。「天国の父に笑われてしまう」……。全く接点のなかった、困難に直面する一人ひとりの日常。誰かの優しさが見知らぬ人を救う、たった一日の奇跡の物語。
amazonでの読者の評価
悪い
良本生活での感想・レビュー
平均
71
最高
71
最低
71
合計レビュー
1人
女性1人 平均71点
おすすめ
0
おすすめしない
0
71点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
10点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
22点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
2点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
時間を忘れて一気読み
とにかく一気読みがおすすめです。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
マリアビートル
伊坂 幸太郎
サスペンス・群像劇
酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた東北新幹線は疾走する! 『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。
物語のおわり
湊 かなえ
人生・群像劇
あなたなら、どんな結末にしますか? 「未完の物語」を手にしたとき、新たなる人生の歯車が動き出す。 湊かなえが描く、新境地!
阪急電車
有川 浩
人間・群像劇
阪急電車
終わらない歌
宮下 奈都
青春・音楽・群像劇
声楽を志して音大に進学した御木元玲は、自分の歌に価値を見いだせなくて、もがいている。ミュージカル女優をめざす原千夏は、なかなかオーディションに受からない。惑い悩む二十歳のふたりは、突然訪れた「若手公演
ストーナー
ジョン・ウィリアムズ
人生・人間
これはただ、ひとりの男が大学に進んで教師になる物語にすぎない。 しかし、これほど魅力にあふれた作品は誰も読んだことがないだろう。 ──トム・ハンクス 半世紀前に刊行された小説が、いま、世界中
人間小唄
町田 康
人生・パニック
小角が書き送った短歌を自分の文章に無断で引用した作家・糺田両奴。国民の無意識に影響を及ぼして駄目にする奴の文学を根底から破壊する! こちらの世界に拉致してきた糺田に課した難題は、「一、短歌を作る。二、
春の庭
柴崎 友香
人生・人間
虞美人草
夏目 漱石
人間・人生
漱石における悲劇の誕生というべき画期的な作品。「生か死か」という第一主義の道にこそ人間の真の生き方があるという漱石独自のセオリーは、以後の漱石文学の方向である。明治40年、40歳の漱石は一切の教職を辞
マチネの終わりに
平野 啓一郎
恋愛・愛・ドラマ
天才ギタリストの蒔野(38)と通信社記者の洋子(40)。深く愛し合いながら一緒になることが許されない二人が、再び巡り逢う日はやってくるのか――。出会った瞬間から強く惹かれ合った蒔野と洋子。しかし、洋子には
バタフライ
平山 瑞穂
群像劇・人生・ドラマ
尾岸七海(13)は母の再婚相手に身体を求められていた。「この男を本当に殺したい」。島薗元治(74)は妻に先立たれ、時間を持て余している。「若い奴は全くなってない」。永淵亨(32)はネットカフェで暮らし、所
幻のセールスマン
唐 十郎
不思議・ドラマ・人間
衝撃の異色小説集! 話題と反響を呼んだNHKテレビドラマ原作 女が春を売るなら、男がヒサぐ季節は何? 架空の地図を売るセールスマンと肉屋の女との奇妙なる交渉。 表題作の他、少女もの
ダーティ・ワーク
絲山 秋子
人間・ドラマ
この世界の地続きのどこかで繰り広げられる、ささやかな物語、小さな奇跡。芥川賞作家が描く、初の連作短編群像劇。
この著者の他の本
バタフライ
絲山 秋子
群像劇・人生・ドラマ
尾岸七海(13)は母の再婚相手に身体を求められていた。「この男を本当に殺したい」。島薗元治(74)は妻に先立たれ、時間を持て余している。「若い奴は全くなってない」。永淵亨(32)はネットカフェで暮らし
平均点ランキング