レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
食堂のおばちゃん
山口 恵以子
角川春樹事務所
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonであらすじ・内容紹介を見る
帯情報
ほっと、心と身体が癒される美味しさと気くばり。

「はじめ食堂」のメニューは、オムライス、海老フライ、コロッケ、焼き魚、おでん、ニラ玉、冷や汁・・・
なつかしい味が満載の人情食堂小説。
amazonでの読者の感想
・「こんな食堂ないかなぁ~」と、近所を散策したくなる
・美味しい料理と人間模様、涙あり、笑いありの心温まる物語
・主人公のおばちゃんの鋭い人生観やツッコみが面白かった
・とにかく、出てくる料理が皆美味しそう!
・続編を読んで見たい
・読んでいるとなんだかおなかがすく小説だ
・お客や料理などのエピソードが多くて全く飽きさせない
・美味しい食べ物描写はただひたすらに楽しい
・「作ってみたい」「食べてみたい」という気持ちを禁じ得ませんでした(笑)
・とってもお勧めの一冊
amazonでの読者の評価
良い
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ごはんぐるり
西 加奈子
料理・生活
ナポリへの道
片岡 義男
料理・エッセイ・歴史・時代
ひと皿のナポリタンが体現する戦後から現在まで。食の個人史が照らし出す、ケチャップ味の向こう側。
あまからカルテット
柚木 麻子
女性・探偵・料理
女子中学校の頃から仲良し四人組の友情は、アラサーの現在も進行中。ピアノ講師の咲子、編集者の薫子、美容部員の満里子、料理上手な由香子は、それぞれ容姿も性格も違うけれど、恋に仕事に悩みは尽きず……稲荷寿司
戦場のコックたち
深緑 野分
ミステリー・戦争・料理
戦場でも事件は起きるし、解決する名探偵がいる。戦いと料理と〈日常の謎〉を描く、著者渾身の初長編! 第154回直木三十五賞候補作。一晩で忽然と消えた600箱の粉末卵の謎、不要となったパラシュートをかき集
キッチン・ブルー
遠藤 彩見
食・人間
「どんなに好きな人といても、お腹が空いていれば幸せになれない」 美味しい生活を求めて奔走する男女6人。 複雑な味を知る大人のためのごはん小説 『給食のおにいさん』 著者が描く、食小説の
食堂のおばちゃん
山口 恵以子
料理・食・人間
ほっと、心と身体が癒される美味しさと気くばり。 「はじめ食堂」のメニューは、オムライス、海老フライ、コロッケ、焼き魚、おでん、ニラ玉、冷や汁・・・ なつかしい味が満載の人情食堂小説。
握る男
原 宏一
食・お仕事・企業・会社
握る男 (角川文庫) [文庫] [Mar 25, 2015] 原 宏一
魚河岸ものがたり
森田 誠吾
人間・生活
漂泊者のアリア
古川 薫
人間・音楽
失われた町
三崎 亜記
不思議・人間
ある日、突然にひとつの町から住人が消失した――三十年ごとに起きるといわれる、町の「消失」。不可解なこの現象は、悲しみを察知してさらにその範囲を広げていく。そのため、人々は悲しむことを禁じられ、失われた町の
33年後のなんとなくクリスタル
田中 康夫
人間・人生
1980年代に大学生だった彼女たちは、いま50代になった。日本社会の“黄昏”を予見した空前のベストセラーから33年。「豊かな時代」を過ごした彼女たちは今、何を思い、どう生きているのか?
この著者の他の本
食堂のおばちゃん
田中 康夫
料理・食・人間
ほっと、心と身体が癒される美味しさと気くばり。 「はじめ食堂」のメニューは、オムライス、海老フライ、コロッケ、焼き魚、おでん、ニラ玉、冷や汁・・・ なつかしい味が満載の人情食堂小説。
平均点ランキング