レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
食堂のおばちゃん
山口 恵以子
角川春樹事務所
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonであらすじ・内容紹介を見る
帯情報
ほっと、心と身体が癒される美味しさと気くばり。

「はじめ食堂」のメニューは、オムライス、海老フライ、コロッケ、焼き魚、おでん、ニラ玉、冷や汁・・・
なつかしい味が満載の人情食堂小説。
amazonでの読者の感想
・「こんな食堂ないかなぁ~」と、近所を散策したくなる
・美味しい料理と人間模様、涙あり、笑いありの心温まる物語
・主人公のおばちゃんの鋭い人生観やツッコみが面白かった
・とにかく、出てくる料理が皆美味しそう!
・続編を読んで見たい
・読んでいるとなんだかおなかがすく小説だ
・お客や料理などのエピソードが多くて全く飽きさせない
・美味しい食べ物描写はただひたすらに楽しい
・「作ってみたい」「食べてみたい」という気持ちを禁じ得ませんでした(笑)
・とってもお勧めの一冊
amazonでの読者の評価
良い
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
残月 みをつくし料理帖
高田 郁
料理・人間
吉原の大火、「つる家」の助っ人料理人・又次の死。辛く悲しかった時は過ぎ、澪と「つる家」の面々は新たな日々を迎えていた。そんなある日、吉原の大火の折、又次に命を助けられた摂津屋が「つる家」を訪れた。あさ
地球はグラスのふちを回る
開高 健
エッセイ・料理・お酒・タバコ
飲んでびっくり、中国の五ツ星のブランデー、ウィーンの森の居酒屋村の白ぶどう酒、ヴェルレーヌを施療病院で野垂れ死にさせたアブサン、サイゴンの米兵用酒場の暗闇で飲んだビールetc,etc...世界の酒場を
食堂のおばちゃん
山口 恵以子
料理・食・人間
ほっと、心と身体が癒される美味しさと気くばり。 「はじめ食堂」のメニューは、オムライス、海老フライ、コロッケ、焼き魚、おでん、ニラ玉、冷や汁・・・ なつかしい味が満載の人情食堂小説。
ごはんぐるり
西 加奈子
料理・生活
キッチン・ブルー
遠藤 彩見
食・人間
「どんなに好きな人といても、お腹が空いていれば幸せになれない」 美味しい生活を求めて奔走する男女6人。 複雑な味を知る大人のためのごはん小説 『給食のおにいさん』 著者が描く、食小説の
握る男
原 宏一
食・お仕事・企業・会社
握る男 (角川文庫) [文庫] [Mar 25, 2015] 原 宏一
食堂のおばちゃん
山口 恵以子
料理・食・人間
ほっと、心と身体が癒される美味しさと気くばり。 「はじめ食堂」のメニューは、オムライス、海老フライ、コロッケ、焼き魚、おでん、ニラ玉、冷や汁・・・ なつかしい味が満載の人情食堂小説。
街の人生
岸 政彦
人間・人生
アフターダーク
村上 春樹
人生・人間
一見して書き込み等はありません。表紙にキズがあります。
重蔵始末
逢坂 剛
歴史・時代・人間
火盗改(かとうあらため)・近藤重蔵、21歳。強者揃いの御先手鉄砲組でも際立つ偉丈夫。傍若無人の言動で毀誉褒貶(きよほうへん)相半ばする。ロシアの謎の大男、美女のかたき討ち、茶屋の狂歌殺人事件……。寛政の世
黄金旅風
飯嶋 和一
歴史・時代・人間
歴史小説の巨人・飯嶋和一が描いた、一級の娯楽巨編。江戸寛永年間、栄華を誇った海外貿易都市・長崎に二人の大馬鹿者が生まれた。「金屋町の放蕩息子」「平戸町の悪童」と並び称されたこの二人こそ、後に史上最大の朱印
この著者の他の本
食堂のおばちゃん
飯嶋 和一
料理・食・人間
ほっと、心と身体が癒される美味しさと気くばり。 「はじめ食堂」のメニューは、オムライス、海老フライ、コロッケ、焼き魚、おでん、ニラ玉、冷や汁・・・ なつかしい味が満載の人情食堂小説。
平均点ランキング