レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得
別冊宝島編集部 編
宝島社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
田中角栄100の言葉  日本人に贈る人生と仕事の心得 格章ごとの印象深い題名を取り上げています           ・1章仕事 まずは結論を言え ・「用件は便箋一枚に大きな字で書け。初めに結論を言え。理由は3つまでだ。この世に3つでまとめきれない大事はない。」 ・2章人生 二重橋を渡る日 ・妻に三つの誓いをさせられた。「出て行けと言わぬこと」「足げにしないこと」「将来、私が二重橋を渡る日があったら同伴すること」 ・3章生きる 丸紅の女 ・石破君にもう決まった女性がいると言う。誰だと聞いたら丸紅の女性だ。何ツ!丸紅? しかし、丸紅はいい会社だ。ウン、私のことがなければもっといい会社だ。」 4章政治 信用できる記事 新聞で信用できるものが3つ死亡記事に株の値段、それにテレビの案内欄だ。この3つにウソはない。 田中角栄年譜
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
74
最高
74
最低
74
合計レビュー
1人
女性1人 平均74点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
iアイ
西加奈子
81点
蛇行する月
桜木 紫乃
66点
これからの誕生日
穂高 明
67点
羊と鋼の森
宮下 奈都
77点
74点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 25点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
役立ち度
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
印象
13点 / 20点
読みやすさ
4点 ★★★★
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★
内容
15点 / 20点
考えさせられる度
4点 ★★★★★
即効性
4点 ★★★★
生き方への影響度
4点 ★★★★
結論の納得度
3点 ★★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
何らかしらのヒントがある
仕事に活かしていきたい一冊
田中角栄氏を知る人も知らない人も、ぜひ読んでみてほしい。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
転換期の日本へ 「パックス・アメリカーナ」か「パックス・アジア」か
ジョン・W・ダワー
日本・政治・外国
世界的大家が見る、日本の過去・現在・未来領土紛争、沖縄と基地、憲法改正、集団的自衛権、核・原発、歴史認識問題など、未解決の課題が山積する中、東アジア情勢は一層その緊迫度を増している。日本の選択はどこに
「憲法改正」の真実
樋口 陽一
憲法・政治・国
改憲派の重鎮「自民党案なら日本は先進国の資格を失う」 「改憲」議論の決定版! 護憲派の泰斗 「国家の根底が破壊されてしまう」
沈みゆく大国アメリカ
堤 未果
政治・経済・外国
小泉進次郎の話す力
佐藤 綾子
コミュニケーション・how to・政治
なぜ彼のまわりには人が集まるのか?父・純一郎の教え―入魂の言葉を武器にする。パフォーマンス学のプロが、「伝える力」の磨き方を徹底解説。
ヒトラーとナチ・ドイツ
石田 勇治
歴史・人物伝・自伝・伝記
ヒトラーは、どのようにして大衆の支持を得て独裁者となったのか。安楽死殺害やホロコーストはいかにして行われたのか。その歴史を知るための入門書であり、決定版の書。ナチ体制は、単なる暴力的な専制統治ではなく
諜報の天才 杉原千畝
白石 仁章
戦争・人物伝・自伝・伝記
国難を逸早く察知する驚異の諜報能力。この男にソ連は震え、ユダヤ系情報網は危険を顧みず献身した――。日本の「耳」として戦火の欧州を駆回った情報士官の失われたジグソーパズル。ミステリアスな外交電報の山にメ
我が闘争
堀江 貴文
人物伝・自伝・伝記・起業・起業家
ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー
リーアンダー・ケイニ―
人物伝・自伝・伝記・デザイン
スティーブ・ジョブズが絶対的な信頼を寄せたカリスマデザイナー、ジョナサン・アイブ。そのアイブのイギリスでの生い立ち、学生時代、アップル入社後のiMac、iPhone、iPad、MacBook Airな
ぼくらの民主主義なんだぜ
高橋 源一郎
社会・思想・評論
日本人に民主主義はムリなのか? 絶望しないための48か条。「論壇時評」はくしくも3月11日の東日本大震災直後からはじまり、震災と原発はこの国の民主主義に潜んでいる重大な欠陥を炙り出した。若者の就活、ヘイト
藤子・F・不二雄の発想術
ドラえもんルーム
思想・評論・仕事・文章
『ドラえもん』や『オバケのQ太郎』『パーマン』『キテレツ大百科』を生んだ国民的まんが家、藤子・F・不二雄が自らの言葉で語る「生いたち」「まんが論」「仕事術」。これまでに発表された膨大なインタビューやエッセ
3万人の社長に学んだ「しぶとい人」の行動法則
上野 光夫
思想・評論・自己啓発
聞き出す力
吉田 豪
自己啓発・思想・評論
現代屈指のインタビュアーが、これまで接した著名人とのエピソードを通じて明かす、相手からいかに話を引き出すかのテクニック! AKB48に長渕剛、古舘伊知郎から森善朗元首相まで……と、ジャンルを問わない多彩な
この著者の他の本
田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得
吉田 豪
政治・人物伝・自伝・伝記・思想・評論
田中角栄100の言葉  日本人に贈る人生と仕事の心得 格章ごとの印象深い題名を取り上げています           ・1章仕事 まずは結論を言え ・「用件は便箋一枚に大きな字で書け。初めに結論を言え。