レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
ユートピア
湊 かなえ
集英社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
海辺の町で出会い、ボランティア基金「クララの翼」を設立した三人の女性たち。
ささいな不協和音から、やがて隠された事件が姿を現す──

善意は、悪意より恐ろしい。

心理ミステリの決定版!
amazonでの読者の感想
・田舎のママカースト話
・女性たちのドロドロした心理描写は面白く
・ストーリーテリングの妙が終盤で炸裂
・人間のブラックな感情が微細に表現された作品
・湊さんの作品はやはり癖になります
・今までのかなえストーリーとはちょっと違った読後感
・分かる分かる!的な面白さはあった
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
72
最高
72
最低
72
合計レビュー
1人
女性1人 平均72点
おすすめ
0
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
72点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
9点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
22点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
一筋縄ではいかないストーリー展開
映画化希望
湊作品らしく、想像力をかきたてられるストーリー。人間の本質に迫っているあたりも面白かった。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
迷宮遡行
貫井 徳郎
ミステリー・サスペンス
平凡な日常が裂ける――。突然、愛する妻・絢子が失踪した。残されたのは1通の置き手紙のみ。理由が分からない。失業中の迫水は、途切れそうな手がかりをたどり、妻の行方を追う。彼の前に立ちふさがる、暴力団組員
啼かない鳥は空に溺れる
唯川 恵
サスペンス・親子・恋愛・愛
母に愛してほしかった娘。母の愛が重かった娘。結婚を機に二組の「母娘」が向き合うとき、“歪んだ”関係は暴走していく。母と娘の“呪縛”と“依存”をサスペンスフルに描く長篇小説。
直線の死角
山田 宗樹
ミステリー・サスペンス
やり手弁護士・小早川に、交通事故で夫を亡くした女性から、保険金示談の依頼が来る。事故現場を見た小早川は、加害者の言い分と違う証拠を発見した。第18回横溝正史賞大賞受賞作。
フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人
佐藤 友哉
サスペンス・犯罪
ガープの世界
ジョン・アーヴィング
人生・家族・自伝・私小説
ヒア・カムズ・ザ・サン
有川 浩
不思議・恋愛・愛・家族
編集者の古川真也は、特殊な能力を持っていた。手に触れた物に残る記憶が見えてしまうのだ。ある日、同僚のカオルが20年ぶりに父親と再会することに。彼は米国で脚本家として名声を得ているはずだったが、真也が見
コルバトントリ
山下 澄人
家族・ファンタジー
at Home
本多 孝好
家族・ドラマ
母は結婚詐欺師、父は窃盗犯。傍から見ればいびつに見える家族も、実は一つの絆でつながっている。ある日、詐欺を目論んだ母親が誘拐され、身代金を要求された。父親と僕は母親奪還に動き出すが……。
女の子は、明日も。
飛鳥井 千砂
女性・友情・友達
高校卒業後14年ぶりに再会した女性四人。年上の医師を略奪し結婚した専業主婦・満里子。企画が通らない女性誌編集者・悠希。夫婦仲は良いけれど子供ができず、不妊治療をはじめたマッサージ師・仁美。売れた途端に周り
蝶々の纏足
山田 詠美
少年・少女・青春・友情・友達
少女たちは悩み苦しむ。 思春期の蛹を破って蝶へ変身するために。
一年分、冷えている
大沢 在昌
恋愛・愛・友情・友達
明日の記憶
荻原 浩
家族・友情・友達
広告代理店営業部長の佐伯は、齢(よわい)五十にして若年性アルツハイマーと診断された。仕事では重要な案件を抱え、一人娘は結婚を間近に控えていた。銀婚式をすませた妻との穏やかな思い出さえも、病は残酷に奪い去っ
この著者の他の本
白ゆき姫殺人事件
荻原 浩
ミステリー・サスペンス
化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。人々への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同
少女
荻原 浩
少年・少女・ミステリー・死・自殺
親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることが
ユートピア
荻原 浩
サスペンス・家族・友情・友達
リバース
荻原 浩
ミステリー・友情・友達
平均点ランキング