レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
ユートピア
湊 かなえ
集英社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
海辺の町で出会い、ボランティア基金「クララの翼」を設立した三人の女性たち。
ささいな不協和音から、やがて隠された事件が姿を現す──

善意は、悪意より恐ろしい。

心理ミステリの決定版!
amazonでの読者の感想
・田舎のママカースト話
・女性たちのドロドロした心理描写は面白く
・ストーリーテリングの妙が終盤で炸裂
・人間のブラックな感情が微細に表現された作品
・湊さんの作品はやはり癖になります
・今までのかなえストーリーとはちょっと違った読後感
・分かる分かる!的な面白さはあった
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
72
最高
72
最低
72
合計レビュー
1人
女性1人 平均72点
おすすめ
0
おすすめしない
0
72点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
9点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
22点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
一筋縄ではいかないストーリー展開
映画化希望
湊作品らしく、想像力をかきたてられるストーリー。人間の本質に迫っているあたりも面白かった。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
鬼の跫音
道尾 秀介
ホラー・怪談・ミステリー・サスペンス
刑務所で作られた椅子に奇妙な文章が彫られていた。家族を惨殺した猟奇殺人犯が残した不可解な単語は哀しい事件の真相を示しており……。(「ケモノ」)同級生のひどい攻撃に怯えて毎日を送る僕は、ある女の人と出会
最後の戦慄
今野 敏
戦争・サスペンス
21世紀後半、世界は相変らず血と硝煙に満ちていた。レッド・アメリカと呼ばれる地帯で起きた事件では、反政府ゲリラ、政府軍、米空挺部隊、米陸軍特殊部隊と敵味方の区別なく死体の山が築かれた。死体の中には、腕
四つの終止符
西村 京太郎
ミステリー・推理・サスペンス
下町のおもちゃ工場で働く晋一は耳の不自由な青年だった。ある日、心臓病で寝たきりの母が怪死する。栄養剤から砒素が検出されたとき、容疑は晋一に集中した。すべてが不利な中で彼は無実を叫びつつ憤死する。そして
あなたが愛した記憶
誉田 哲也
ホラー・怪談・サスペンス・恋愛・愛
拉致監禁。両手親指切断。暴行、そして扼殺。あまりに残虐な連続OL殺人事件が世間を賑わせていたとき、ひとりの女子高生が俺の前に現れた。「私、たぶん犯人知ってる」。そうだとしたら何? 私をどうするの? 私
キッチン
よしもとばなな
家族・恋愛・愛
私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う――。同居していた祖母を亡くし途方に暮れていた桜井みかげは、田辺家の台所を見て居候を決めた。友人の雄一、その母親のえり子さん(元は父親)との奇妙な生活が始ま
有頂天家族 二代目の帰朝
森見 登美彦
ファンタジー・家族
サウスバウンド
奥田 英朗
家族・親子
父は国家権力が大嫌い。どうやらその筋では有名な元過激派で、学校なんて行くなと言ったり、担任の先生にからんだり、とにかくムチャクチャだ。そんな父が突然、沖縄・西表島(いりおもてじま)に移住すると言い出し
魚神
千早 茜
不思議・性愛・官能・家族
かつて一大遊郭が栄えた、閉ざされた島。独自の文化が息づく島で、美貌の姉弟・白亜とスケキヨは互いのみを拠りどころに生きてきた。しかし、年頃になったふたりは離れ離れに売られてしまう。月日が流れ、島随一の遊
本屋さんのダイアナ
柚木 麻子
友情・友達・人生
佃島ふたり書房
出久根 達郎
友情・友達・人間
佃の渡しが消えた東京五輪の年、男は佃島の古書店「ふたり書房」を立ち去った。大逆事件の明治末から高度成長で大変貌をとげる昭和39年まで移ろいゆく東京の下町を背景に庶民の哀歓を描く感動長篇。生年月日がまったく
4TEEN
石田 衣良
青春・友情・友達
東京湾に浮かぶ月島。ぼくらは今日も自転車で、風よりも早くこの街を駆け抜ける。ナオト、ダイ、ジュン、テツロー、中学2年の同級生4人組。それぞれ悩みはあるけれど、一緒ならどこまでも行ける、もしかしたら空だって
まほろ駅前多田便利軒
三浦 しをん
友情・友達・人間
「ここも一応、東京なんだがな」と言われてしまう“まほろ市”は、東京のはずれの大きな町だ。まほろ駅前で、ひとり便利屋を営む多田啓介のもとに、高校の同級生・行天春彦が転がりこんだ。高校時代、教室でただ1回しか
この著者の他の本
告白
三浦 しをん
ミステリー・学校
サファイア
三浦 しをん
人間・女性
母性
三浦 しをん
親子・女性
贖罪
三浦 しをん
ミステリー・少年・少女
取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつ
平均点ランキング