レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
嫁の遺言
加藤 元
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
良本生活での感想・レビュー
平均
65
最高
65
最低
65
合計レビュー
1人
女性1人 平均65点
おすすめ
0
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
65点
★★★★★★★★★★
総合評価
12点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
2点 ★★★★★
文章力
11点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
21点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
10点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
11点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
2点 ★★★★★
どこが面白いのか説明できないけど、面白い
さまざまな家族の姿をつづる短編集。形はどうあれ家族を思う胸の内がつたわってくる。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
我が家のヒミツ
奥田 英朗
家族・人生
家の中には秘密(ドラマ)がいっぱい どこにでもいる普通の家族の、ささやかで愛おしい物語6編
時の渚
笹本 稜平
家族・ミステリー
abさんご
黒田 夏子
家族・人生
「途方もないものを読ませていただいた」──蓮實重彦・東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞した本作は、75歳の著者デビュー作。昭和の知的な家庭に生まれたひとりの幼子が成長し、両親を見送るまでの
ハイ・ランド、ハード・レイン
岡部 辰彦
青春・音楽
昭和57年夏。たまたま幼い少女に傘を差し伸べたことで、長崎大水害の豪雨の赤い河の中を歩くはめになったパンクスの少年は後々に心を蝕む悲劇に見舞われる。自分の善行が仇となった最悪の不幸に心を潰され闇に佇み
サウスバウンド
奥田 英朗
家族・親子
ターミナルタウン
三崎 亜記
都市・街・町・不思議
屍者の帝国
伊藤 計劃
SF・冒険
屍者化の技術が全世界に拡散した19世紀末、英国秘密諜報員ジョン・H・ワトソンの冒険がいま始まる。天才・伊藤計劃の未完の絶筆を盟友・円城塔が完成させた超話題作。日本SF大賞特別賞、星雲賞受賞。
白い僧院の殺人
カーター・ディクスン
ミステリー・推理
この著者の他の本
嫁の遺言
カーター・ディクスン
平均点ランキング