レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
成田屋の食卓 團十郎が食べてきたもの
堀越 希実子
世界文化社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。

十二代目市川團十郎夫人・堀越希実子さんが初めて明かす、成田屋(團十郎家)の家庭料理。春夏秋冬一年を通じ、團十郎、海老蔵も食べてきた献立の数々を紹介し、著者自らが料理や家族にまつわる思い出を語り下ろす。歌舞伎の芸と伝統が役者に受け継がれていくように、子どもたち、孫たちに伝えたい「成田屋の味」は、どれも愛情あふれるものだった。巻末では紹介された料理のレシピも初公開。

著者・堀越希実子さんからのメッセージ

かねてより、主人と過ごした日々のこと、家庭で作ってきた料理のことなどを、形あるものとして残し、若い人たちに伝えたいと思っていました。今回、その思いを一冊の本としてまとめる機会をいただき、皆様に心より感謝しております。今回の原稿は麻央ちゃんにも読んでもらいました。“私もまた料理を作りたい!”と、とても喜んでくれました。その言葉を聞いて、私自身とても前向きな気持になることができました。出来上がった本を手にして、これからも家を守り、次の世代によい形で引き継いでいけるよう頑張っていこうと、思いを新たにしております。
良本生活での感想・レビュー
平均
61
最高
61
最低
61
合計レビュー
1人
女性1人 平均61点
おすすめ
1
おすすめしない
0
61点
★★★★★★★★★★
総合評価
13点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
2点 ★★★★★
文章力
10点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
12点 / 30点
引き込まれ度
2点 ★★★★★
共感度
1点 ★★★★★
インパクト
2点 ★★★★★
物語への感情移入
2点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
2点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
生き方のヒントになる
心が温かくなる
元気がもらえる
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
あこがれ
川上 未映子
少年・少女・人生
みんな、いつか遠くへ行ってしまう。 本当の自分を知っているのにね。 生きること、いなくなること、強くなること ──人生のとても柔らかな場所をそっと照らしだす物語。 いちばん大切な人に贈りた
命売ります
三島 由紀夫
コメディー・ユーモア・死・自殺
目覚めたのは病院だった、まだ生きていた。必要とも思えない命、これを売ろうと新聞広告に出したところ...。危険な目にあううちに、ふいに恐怖の念におそわれた。死にたくない―。三島の考える命とは。
臨 場
横山 秀夫
警察・ミステリー
臨場――警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることをいう。捜査一課調査官・倉石義男は死者からのメッセージを的確に掴み取る。誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、また、殺人の見立てを「事
二千七百の夏と冬
荻原 浩
事件・サスペンス
2011年、夏――ダム建設工事の掘削作業中に、縄文人男性と弥生人女性の人骨が同時に発見された。二体は手を重ね、顔を向け合った姿であった。3千年近く前、この二人にいったいどんなドラマがあったのか? 新聞
空中庭園
角田 光代
家族・人生
黒の狩人 狩人シリーズ
大沢 在昌
警察・ハードボイルド
在日中国人連続殺人事件。中国政府による反政府主義者の「処刑」か? マフィアの闘争か? 闇社会を知り尽くす新宿署刑事・佐江は捜査補助員に謎の中国人をあてがわれ捜査を進める。何と何とが繋がるのか? 真の味
私という名の変奏曲
連城 三紀彦
ミステリー・恋愛・愛
十八歳の時に交通事故で顔に大怪我を負い、美容整形手術を受けて完璧な美貌を手に入れて世界的ファッションモデルにまでのし上がった美織レイ子が死んだ。整形後の人生の中でレイ子は七人の男女を憎んできたが、その
魔法使いとリリス
シャロン・シン
ファンタジー・歴史・時代
この著者の他の本
家守綺譚
シャロン・シン
ファンタジー・不思議
獄中で聴いたイエスタデイ
シャロン・シン
人物伝・自伝・伝記・生き方・ヤクザ・マフィア
ポール・マッカートニー 1980年1月16日来日、大麻所持で現行犯逮捕 殺人犯の私が更生できたのは あのとき警視庁の留置所で ポールのナマ歌を聴いたのがきっかけだった
殺人鬼フジコの衝動
シャロン・シン
ミステリー・ホラー・怪談・犯罪
一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして、新たな人生を歩み始めた十歳の少女。だが、彼女の人生はいつしか狂い始めた。またひとり、彼女は人を殺す。何が少女を伝説の殺人鬼・フジコにしてしまったのか? あとが
ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~
シャロン・シン
ミステリー・推理
平均点ランキング