レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
成田屋の食卓 團十郎が食べてきたもの
堀越 希実子
世界文化社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。

十二代目市川團十郎夫人・堀越希実子さんが初めて明かす、成田屋(團十郎家)の家庭料理。春夏秋冬一年を通じ、團十郎、海老蔵も食べてきた献立の数々を紹介し、著者自らが料理や家族にまつわる思い出を語り下ろす。歌舞伎の芸と伝統が役者に受け継がれていくように、子どもたち、孫たちに伝えたい「成田屋の味」は、どれも愛情あふれるものだった。巻末では紹介された料理のレシピも初公開。

著者・堀越希実子さんからのメッセージ

かねてより、主人と過ごした日々のこと、家庭で作ってきた料理のことなどを、形あるものとして残し、若い人たちに伝えたいと思っていました。今回、その思いを一冊の本としてまとめる機会をいただき、皆様に心より感謝しております。今回の原稿は麻央ちゃんにも読んでもらいました。“私もまた料理を作りたい!”と、とても喜んでくれました。その言葉を聞いて、私自身とても前向きな気持になることができました。出来上がった本を手にして、これからも家を守り、次の世代によい形で引き継いでいけるよう頑張っていこうと、思いを新たにしております。
良本生活での感想・レビュー
平均
61
最高
61
最低
61
合計レビュー
1人
女性1人 平均61点
おすすめ
1
おすすめしない
0
61点
★★★★★★★★★★
総合評価
13点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
2点 ★★★★★
文章力
10点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
12点 / 30点
引き込まれ度
2点 ★★★★★
共感度
1点 ★★★★★
インパクト
2点 ★★★★★
物語への感情移入
2点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
2点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
生き方のヒントになる
心が温かくなる
元気がもらえる
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
一路
浅田 次郎
歴史・時代・家族
失火により父が不慮の死を遂げたため、江戸から西美濃・田名部郡に帰参した小野寺一路。齢十九にして初めて訪れた故郷では、小野寺家代々の御役目・参勤道中御供頭を仰せつかる。失火は大罪にして、家督相続は仮の沙
最後の戦慄
今野 敏
戦争・サスペンス
21世紀後半、世界は相変らず血と硝煙に満ちていた。レッド・アメリカと呼ばれる地帯で起きた事件では、反政府ゲリラ、政府軍、米空挺部隊、米陸軍特殊部隊と敵味方の区別なく死体の山が築かれた。死体の中には、腕
CUT 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子
内藤 了
ホラー・怪談・警察
廃墟になっている洋館から見つかった何体ものミイラ化した女性の遺体。それらはすべて体の一部分が欠損していた。猟奇犯罪捜査班の藤奈子らの捜査によって浮かび上がる意外な容疑者。果たして犯人の目的は?
それを愛とは呼ばず
桜木 紫乃
恋愛・愛・現代
イニシエーション・ラブ
乾 くるみ
ミステリー・恋愛・愛
2015年映画化決定! 主演 松田翔太、前田敦子、木村文乃/監督 堤幸彦「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。僕がマユに出会ったのは、人数が足りないからと呼びだされた合コンの席。理系学生
かもめのジョナサン
リチャード・バック
人生・人間
飛行機事故で九死に一生を得た作者が新たに加えた最終章によって、今すべての秘密が説き明かされる。〈飛ぶ〉とは何か、生きる証とは何か、救済とは何か? 五木寛之による四十年ぶりの全面改訳と解説を得て、ここに
悪人
吉田 修一
恋愛・愛・事件
なぜ、もっと早くに出会わなかったのだろう――九州地方に珍しく雪が降った夜、ひとりの土木作業員が、保険外交員の女性を殺害してしまう。そして、出会い系サイトで知り合った女性と逃避行に及ぶ。残された家族や友
のぞきめ
三津田 信三
ミステリー・ホラー・怪談
禁じられた廃村に紛れ込み恐怖の体験をしたあげく、次々怪異に襲われる若者たち。そこは「弔い村」の異名をもち「のぞきめ」という化物の伝承が残る、曰くつきの村だった──。ミステリとホラーの絶妙な融合!
この著者の他の本
成田屋の食卓 團十郎が食べてきたもの
三津田 信三
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。十二代目市川團十郎夫人・堀越希実子さんが初めて明かす、成田屋(團十郎家)の家庭料理。春
平均点ランキング