レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
恋歌
朝井 まかて
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最低
受賞歴
直木賞受賞
良本生活での感想・レビュー
平均
82
最高
82
最低
82
合計レビュー
1人
男性1人 平均82点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
82点
★★★★★★★★★★
総合評価
16点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
27点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
まさかの結末
良い読後感を味わえる
大どんでん返し
歴史小説でもあり、恋愛小説でもあるのだが、最後に判明する事実に心が温かくなります。
明治期の歌人萩の舎を主催した「中島歌子」の物語を弟子の三宅花圃が主人公の遺書として残した回想録に沿って展開していく。
この時代の本は基本的に勝利した側の武勇伝が多いのだが、負けた側のしかも、その陰で無力の女性が翻弄されながらも生きていく姿に焦点を当て、幕末ではどちらかというと反体制になってしまった水戸藩の葛藤もよく伝わってくる。
その中ひたすら主人への愛を貫いた女性の強さや心の広さに、残酷なシーンが続く幕末の混乱を描いた前半部分とは対照的に、最後は温かい気持ちで読むことができました。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
恵比寿屋喜兵衛手控え
佐藤 雅美
歴史・時代・人間
争いは世の常、人の常。江戸の世で、その争いの相談所が恵比寿屋のような公事宿だ。ある日、若者が恵比寿屋を訪れ、兄が知らぬ男に金を返せと訴えられたと相談した。喜兵衛は怪しい臭いを感じとる。事件の真相は如何
天皇の料理番
杉森 久英
歴史・時代・料理
小さいときから強情でいたずらっこだった篤蔵は、福井の大庄屋の次男坊。高等小学校の時、ひょんなことから鯖江連隊の田辺軍曹からご馳走になった〈カツレツ〉の味に仰天。彼の運命が大きく変わることに――。その後
鬼はもとより
青山 文平
歴史・時代・人間
生きる
乙川 優三郎
歴史・時代・人間
最終便に間に合えば
林 真理子
恋愛・愛・人間
OLから造花クリエーターに転進した美登里は、旅行先の札幌で七年前に別れた男と再会する。身勝手と独占の欲望にさいなまれた苦々しい思い出は、いつしか甘美な記憶にとってかわり、空港へと向かうタクシーの中で美
ふがいない僕は空を見た
窪 美澄
恋愛・愛・性
僕の中から湧いて出た初めてのこの感じ。つまり性欲? でも、それだけじゃないはず――高校一年、斉藤卓巳。好きだった同級生に告白されたのに、なぜだか頭の中は別の女のことでいっぱい。「女による女のためのR-
星に願いを、月に祈りを
中村 航
青春・恋愛・愛・不思議
「100回泣くこと」作者の新たなる代表作!小学生のアキオ、大介、麻里は、夏の学童キャンプで、夜、ホタルを見るため、宿を抜け出し、川に向かう。ようやく川にたどり着いた3人は、偶然ラジオから流れる謎の深夜
切羽へ
井上 荒野
恋愛・愛・夫婦
この著者の他の本
恋歌
井上 荒野
歴史・時代・恋愛・愛
平均点ランキング