Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 残花繚乱 (岡部 えつ)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
残花繚乱
岡部 えつ
双葉社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
62
最高
70
最低
55
合計レビュー
2人
男性1人 平均55点
女性1人 平均70点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
ある男
平野啓一郎
81点
ルビンの壺が割れた
宿野かほる
64点
iアイ
西加奈子
81点
蛇行する月
桜木 紫乃
66点
70点
★★★★★★★★★★
総合評価
16点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
18点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
2点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
2点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
女性必見
時間を忘れて一気読み
同じ書道教室に通う3人の女性を軸に、人間関係が複雑に絡み合いながら、ストーリーが展開していく。全く違った生き方をする主人公達だが、それぞれが胸の中に嫉妬や葛藤や後悔、執着といった複雑な思いを抱え、悩みながらも、心の奥にある強い欲や業と向き合っている。女性の美しさと醜さが同時に味わえる作品である。
3人が通う教室の書道家が、漢字の意味を説明するシーンがいくつかあるが、それがストーリーに味わいを持たせ、面白い。
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
55点
★★★★★★★★★★
総合評価
11点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
2点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
11点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
15点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
2点 ★★★★★
物語への感情移入
2点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
2点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
7点 / 15点
読後の影響度
2点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
2点 ★★★★★
本の仕様
11点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
2点 ★★★★★
絶対に会いたくない悪役
ノンフィクションのようなリアルがある
設定は面白いのになにか中途半端
TVで見て展開が気になって読んでしまったが、TVとはシナリオがだいぶ違っていて、はっきり言ってTVのシナリオのほうがまだましでした。不倫の末、それから逃げるように別の男性と結婚する主人公、その裏側には不倫相手の妻の別の思惑が、設定は面白いのに、本書では主人公以外にもたくさんページを割いて、物語の中心が何処にあるのか分からなくなってしまい、結末もなんか中途半端にお茶を濁したような終わり方でちょっと残念。TVの方が、各人物の業が強調して描かれていて面白かった。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
影媛
高尾 長良
歴史・時代・恋愛・愛
ボヴァリー夫人
ギュスターヴ・フローベール
恋愛・愛・人間・女性
娘時代に恋愛小説を読み耽った美しいエンマは、田舎医者シャルルとの退屈な新婚生活に倦んでいた。やがてエンマは夫の目を盗んで、色男のロドルフや青年書記レオンとの情事にのめりこみ莫大な借金を残して服毒自殺を
山妣
坂東 真砂子
恋愛・愛・不思議
明治末期、東京からやって来た旅芸人が静かな越後の山村に嵐を巻き起こした。その男の肉体に隠された秘密、そして地主の若夫婦との間に芽生えた密やかな三角関係が、伝説の中から山妣の姿を浮かび上がらせる。明らか
東京湾景
吉田 修一
恋愛・愛・人間
「愛してないから、こんなに自由になれるの」「それでも、お前と一緒にいたかったんだよ」。品川埠頭の倉庫街で暮らし働く亮介が、携帯サイトの「涼子」と初めて出会った25歳の誕生日。嘘と隠し事で仕掛けあう互い
最終退行
池井戸 潤
サスペンス・現代
現場銀行員による腐敗幹部との誇り高き闘い!リアリティーあふれる長編銀行ミステリー。「負け組」と言われる東京第一銀行の副支店長・蓮沼鶏二は、締め付けを図る本部と、不況に苦しむ取引先や現場行員との板挟みに
思い出トランプ
向田 邦子
人間・現代
浮気の相手であった部下の結婚式に、妻と出席する男。おきゃんで、かわうそのような残忍さを持つ人妻。毒牙を心に抱くエリートサラリーマン。やむを得ない事故で、子どもの指を切ってしまった母親など――日常生活の
アンダーグラウンド・マーケット
藤井 太洋
パニック・現代
オレたちバブル入行組
池井戸 潤
企業・会社・現代
話題沸騰のドラマ『半沢直樹』(堺雅人主演)原作! バブル期に大手銀行に入行し、今は大阪西支店融資課長の半沢直樹。支店長の命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を半沢に押しつけよ
この著者の他の本
掟上今日子の備忘録
池井戸 潤
ミステリー・推理
黒い白鳥 鬼貫警部シリーズ
池井戸 潤
ミステリー・推理・警察
第13回日本探偵作家クラブ賞受賞作6月2日早暁、久喜駅近くの線路沿いで男の射殺屍体が発見された。列車の屋根に乗ってそこまで運ばれた男は、労使抗争に揺れる東和紡績の西ノ幡豪輔社長と判明。敗色濃厚な組合側
ある男
池井戸 潤
三陸海岸大津波
池井戸 潤
災害・ノンフィクション
その時、沖合から不気味な大轟音が鳴り響いた──「ヨダだ!」大海嘯ともヨダとも呼ばれる大津波は、明治29年、昭和8年、昭和35年の3度にわたって三陸沿岸を襲った。平成23年、東日本大震災で東北を襲った巨
平均点ランキング