レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
出雲大社の暗号
関 裕二
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
悪い
良本生活での感想・レビュー
平均
75
最高
75
最低
75
合計レビュー
1人
男性1人 平均75点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
75点
★★★★★★★★★★
総合評価
21点 / 25点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
役立ち度
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
印象
13点 / 20点
読みやすさ
2点 ★★★★★
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★★
内容
15点 / 20点
考えさせられる度
5点 ★★★★
即効性
3点 ★★★★★
生き方への影響度
3点 ★★★★★
結論の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
私はこれで会社を辞めました
出雲大社の巨大な神殿はなぜ建てられたのか?
歴史の面白さ、特に古代は分かってないことが多いだけに自由に発想していける部分、その観点では大いに楽しかった。
神話上の長--い、各神々の名前は読みにくいが、頑張って読むとそれも楽しい。
いろんな筆者なりの新説はなるほどと考えさせられる部分も多かった。ただ、同じ話がいちいち何度も出てきたり、まぁ強調したいんでしょうが、もう少し全体をすっきり書いてくれてもよかったのではとも思う。
が、歴史好きの人にはお勧めです。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ソ連が満洲に侵攻した夏
半藤 一利
歴史・戦争
日露戦争の復讐と版図拡大に野望をいだくスターリン、原爆を投下し戦後攻略を早くも画策する米英、日ソ中立条約を頼りきってソ満国境の危機に無策の日本軍首脳――三様の権謀が渦巻くなか、突如ソ連軍戦車が八月の曠
犬たちの明治維新 ポチの誕生
仁科 邦男
歴史・動物・ノンフィクション
黒船襲来―その時、犬たちの運命も激変しはじめる...ペリー来航、横浜開港、文明開化、西南戦争...史料にちらちら顔を見せる犬関連の記述を丹念に拾い集め、「犬にとっての幕末明治」をいきいきと描く傑作ノン
本能寺の変 431年目の真実
明智 憲三郎
歴史・不思議・謎・研究
名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた! なぜ光秀は
満洲暴走 隠された構造 大豆・満鉄・総力戦
安冨 歩
歴史・戦争
混迷の中で建国され13年で崩壊した満洲国。一極集中の特異な社会、急拡大した満鉄、石原莞爾ら陸軍エリートの苦悩――成立と暴走の要因を「東大話法」で話題の著者が解明する。現代にも通ずる欺瞞の系譜が見える。
ナチスの財宝
篠田 航一
不思議・謎・美術・芸術
美術館建設の野望を抱いていたヒトラーが、各地で略奪した美術品60万点のうち、現在も未発見のナチス財宝は10万点を数える。今なおトレジャー・ハンターたちを惹きつけてやまない有名な「琥珀の間」など「消えた
日本史の謎は「地形」で解ける
竹村 公太郎
地理・不思議・謎
日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】
竹村 公太郎
地理・不思議・謎
出雲大社の暗号
関 裕二
歴史・不思議・謎
この著者の他の本
出雲大社の暗号
関 裕二
歴史・不思議・謎