レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
出雲大社の暗号
関 裕二
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
「大きな神殿を建てればおとなしくしている。そうしないと暴れるよ」。神話の中で語られてきた大国主神の言葉は真実だったのか?ここ30年の研究の成果から、弥生時代後期、出雲や山陰地方に無視できない勢力が存在したことが明らかになった。そして、ヤマト建国とともに出雲が没落したことも。驚くほどの巨大神殿を建てた理由は「懺悔」なのか。著者がたどりついた隠された暗号を、今、解き明かす!
amazonでの読者の評価
悪い
良本生活での感想・レビュー
平均
75
最高
75
最低
75
合計レビュー
1人
男性1人 平均75点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
75点
★★★★★★★★★★
総合評価
21点 / 25点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
役立ち度
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
印象
13点 / 20点
読みやすさ
2点 ★★★★★
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★★
内容
15点 / 20点
考えさせられる度
5点 ★★★★
即効性
3点 ★★★★★
生き方への影響度
3点 ★★★★★
結論の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
私はこれで会社を辞めました
出雲大社の巨大な神殿はなぜ建てられたのか?
歴史の面白さ、特に古代は分かってないことが多いだけに自由に発想していける部分、その観点では大いに楽しかった。
神話上の長--い、各神々の名前は読みにくいが、頑張って読むとそれも楽しい。
いろんな筆者なりの新説はなるほどと考えさせられる部分も多かった。ただ、同じ話がいちいち何度も出てきたり、まぁ強調したいんでしょうが、もう少し全体をすっきり書いてくれてもよかったのではとも思う。
が、歴史好きの人にはお勧めです。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
東京の下層社会
紀田 順一郎
日本・歴史
スラムの惨状、もらい子殺し、娼妓に対する搾取、女工の凄惨な労働と虐待……。駆け足の近代化と富国強兵を国是とする日本の近代は、社会経済的な弱者―極貧階層を生み出した。張りぼての繁栄の陰で、「落伍者」「怠
世界の辺境とハードボイルド室町時代
高野 秀行
歴史・ノンフィクション・対談
人々の心の動きから法体系まで、こんなにも似ている社会が時空を超えて存在したとは!その驚きからノンフィクション作家と歴史家が世界の辺境と日本史を徹底比較。辺境を知れば日本史の謎が、日本史を知れば、辺境の
満洲暴走 隠された構造 大豆・満鉄・総力戦
安冨 歩
歴史・戦争
混迷の中で建国され13年で崩壊した満洲国。一極集中の特異な社会、急拡大した満鉄、石原莞爾ら陸軍エリートの苦悩――成立と暴走の要因を「東大話法」で話題の著者が解明する。現代にも通ずる欺瞞の系譜が見える。
2時間でおさらいできる日本史
石黒 拡親
歴史・学習・勉強
「中学高校で“習ったはず”の日本史を、もう一度勉強したい」「教養として、歴史の流れを押さえておきたい」「時代小説や時代物のドラマをもっと楽しみたい」「年代暗記を忘れてダイナミックな歴史の面白さを味わい
出雲大社の暗号
関 裕二
歴史・不思議・謎
「大きな神殿を建てればおとなしくしている。そうしないと暴れるよ」。神話の中で語られてきた大国主神の言葉は真実だったのか?ここ30年の研究の成果から、弥生時代後期、出雲や山陰地方に無視できない勢力が存在
本能寺の変 431年目の真実
明智 憲三郎
歴史・不思議・謎・研究
名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた! なぜ光秀は
昭和史 七つの謎
保阪 正康
歴史・不思議・謎
いまだ過ぎ去ろうとしない「昭和」 緻密な実証、代替な推理!
日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】
竹村 公太郎
地理・不思議・謎
荒俣宏氏、驚嘆! 「地形で読み解けば、全地球の文明・文化が理解できる。第2弾は古代エジプトの謎まで!」養老孟司氏、激賞! 「なぜ日本は世界一の長寿国になれたか──。その問いを解く鍵が『大正10年』にあ
この著者の他の本
出雲大社の暗号
竹村 公太郎
歴史・不思議・謎
「大きな神殿を建てればおとなしくしている。そうしないと暴れるよ」。神話の中で語られてきた大国主神の言葉は真実だったのか?ここ30年の研究の成果から、弥生時代後期、出雲や山陰地方に無視できない勢力が存在