レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
原発ホワイトアウト
若杉 冽
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
74
最高
75
最低
74
合計レビュー
2人
男性1人 平均74点
女性1人 平均75点
おすすめ
2
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
74点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
10点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
24点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
12点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
価値観を大きく変えられた
背筋が凍りつく
多くの人に読んでもらいたい
正直物語としては面白くないです。特にエンディングはこれで終わり?こっちをもっと書くべき!
ただこれを霞が関の内側の人が書いたということが衝撃。
結局原発はなぜ動かす必要があるのか、そこには安全も電気の安定供給という前提ではなくあくまで利権。未来の世代に原発を残していいのか?とう議論の前に、こんな腐った政官癒着の構造自体を壊してしまえって思わせてくるくらい国民不在の議論がされているのかと思うとぞっとします。マスコミも信用できないし、ただまだこうした本が霞が関に勤める人が書けるだけこの国はましかってことでしょうか。

40代
女性
主婦
75点
★★★★★★★★★★
総合評価
16点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
9点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
24点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
考えさせられる本
衝撃の問題作
現役官僚の作品だけに、作品のリアリティ感は抜群である。原発の再稼働をめぐる、利益を得るために渦巻く巨大な陰謀と、隠ぺいされる不都合な真実に、小説とはいえ、かなりの恐怖を感じた。今後、原発は一体どうなっていくののだろうか…。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
平均点ランキング