レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
原発ホワイトアウト
若杉 冽
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
キャリア官僚による、リアル告発ノベル! 『三本の矢』を超える問題作、現る!! 再稼働が着々と進む原発……しかし日本の原発には、国民が知らされていない致命的な欠陥があった! この事実を知らせようと動き始めた著者に迫り来る、尾行、嫌がらせ、脅迫……包囲網をかいくぐって国民に原発の危険性を知らせるには、ノンフィクション・ノベルを書くしかなかった!
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
74
最高
75
最低
74
合計レビュー
2人
男性1人 平均74点
女性1人 平均75点
おすすめ
2
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
74点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
10点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
24点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
12点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
価値観を大きく変えられた
背筋が凍りつく
多くの人に読んでもらいたい
正直物語としては面白くないです。特にエンディングはこれで終わり?こっちをもっと書くべき!
ただこれを霞が関の内側の人が書いたということが衝撃。
結局原発はなぜ動かす必要があるのか、そこには安全も電気の安定供給という前提ではなくあくまで利権。未来の世代に原発を残していいのか?とう議論の前に、こんな腐った政官癒着の構造自体を壊してしまえって思わせてくるくらい国民不在の議論がされているのかと思うとぞっとします。マスコミも信用できないし、ただまだこうした本が霞が関に勤める人が書けるだけこの国はましかってことでしょうか。
75点
★★★★★★★★★★
総合評価
16点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
9点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
24点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
考えさせられる本
衝撃の問題作
現役官僚の作品だけに、作品のリアリティ感は抜群である。原発の再稼働をめぐる、利益を得るために渦巻く巨大な陰謀と、隠ぺいされる不都合な真実に、小説とはいえ、かなりの恐怖を感じた。今後、原発は一体どうなっていくののだろうか…。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
総理の夫
原田 マハ
経済・政治・家族
カエルの楽園
百田 尚樹
経済・政治・国・童謡
カエルの楽園 [単行本] [Feb 26, 2016] 百田尚樹
ルーズヴェルト・ゲーム
池井戸 潤
企業・会社・経済・政治
大手ライバル企業に攻勢をかけられ、業績不振にあえぐ青島製作所。リストラが始まり、歴史ある野球部の存続を疑問視する声が上がる。かつての名門チームも、今やエース不在で崩壊寸前。廃部にすればコストは浮くが―
勁草の人 戦後日本を築いた財界人
高杉 良
経済・政治・人間
モダン
原田 マハ
芸術・美術・現代
ニューヨークの中心、マンハッタンに存在し、1920年代から「ザ・モダン」と呼ばれたモダンアートの殿堂。それが「MoMA」ニューヨーク近代美術館。近現代美術、工業デザインなどを収集し、20世紀以降の美術
思い出トランプ
向田 邦子
人間・現代
浮気の相手であった部下の結婚式に、妻と出席する男。おきゃんで、かわうそのような残忍さを持つ人妻。毒牙を心に抱くエリートサラリーマン。やむを得ない事故で、子どもの指を切ってしまった母親など――日常生活の
天使の柩
村山 由佳
恋愛・愛・現代
「世の中がどんなにきみを責めても、きみの味方をするよ」14歳の少女・茉莉(まり)が出会った20歳年上の画家――その人の名は、歩太(あゆた)。望まれない子どもとして育ち、家にも学校にも居場所がないまま、
七つの会議
池井戸 潤
現代・企業・会社
トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不
この著者の他の本
原発ホワイトアウト
池井戸 潤
経済・政治・現代
キャリア官僚による、リアル告発ノベル! 『三本の矢』を超える問題作、現る!! 再稼働が着々と進む原発……しかし日本の原発には、国民が知らされていない致命的な欠陥があった! この事実を知らせようと動き始
平均点ランキング