Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 闇に香る嘘 (下村 敦史)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
闇に香る嘘
下村 敦史
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
83
最高
83
最低
83
合計レビュー
1人
男性1人 平均83点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
83点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
27点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
5点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
時間を忘れて一気読み
考えさせられる本
心が温かくなる
残留孤児、不法入国、肝臓移植。出てくるテーマは暗いものばかりなのだが、物語の裏側にある真相が解明されていくと心温まる話に。途中で仕掛けられた謎解きもしっかりしていて読み応えがある。実際にもあったであろう話で、「血は絆に勝る、生みの親より育ての親」という言葉が正にしっくりくる。江戸川乱歩賞の受賞作ということで読んでみましたが、もっとこの作者の作品を読みたくなった。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
氷柱
多岐川 恭
推理・ミステリー
名もなき毒
宮部 みゆき
ミステリー・事件
シューマンの指
奥泉 光
ミステリー・音楽
音大のピアノ科を目指していた私は、後輩の天才ピアニスト永嶺修人が語るシューマンの音楽に傾倒していく。浪人が決まった春休みの夜、高校の音楽室で修人が演奏する「幻想曲」を偶然耳にした直後、プールで女子高生
龍は眠る
宮部 みゆき
不思議・ミステリー
コルバトントリ
山下 澄人
家族・ファンタジー
爪と目
藤野 可織
家族・人生
ユートピア
湊 かなえ
サスペンス・家族・友情・友達
誓約
薬丸 岳
ミステリー・家族
この著者の他の本
間宮兄弟
薬丸 岳
恋愛・愛・兄弟・姉妹・人生
だって間宮兄弟を見てごらんよ。 いまだに一緒に遊んでるじゃん。 "そもそも範疇外、ありえない"男たちをめぐる、恋愛小説
異類婚姻譚
薬丸 岳
夫婦・女性・不思議
「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた。」――結婚4年の専業主婦を主人公に、他人同士が一つになる「夫婦」という形式の魔力と違和を、軽妙なユーモアと毒を込めて描く表題作ほか、
八月の獲物
薬丸 岳
ミステリー・パニック
死後
薬丸 岳
夫婦・死・自殺
大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の後期の短編小説。初出は「改造」[1925(大正14)年]。単行本未収録であり、「芥川龍之介全集」第12巻に収録された。不眠気味の「僕」が妻の傍らで夫婦の
平均点ランキング