Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 闇に香る嘘 (下村 敦史)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
闇に香る嘘
下村 敦史
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
83
最高
83
最低
83
合計レビュー
1人
男性1人 平均83点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
83点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
27点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
5点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
時間を忘れて一気読み
考えさせられる本
心が温かくなる
残留孤児、不法入国、肝臓移植。出てくるテーマは暗いものばかりなのだが、物語の裏側にある真相が解明されていくと心温まる話に。途中で仕掛けられた謎解きもしっかりしていて読み応えがある。実際にもあったであろう話で、「血は絆に勝る、生みの親より育ての親」という言葉が正にしっくりくる。江戸川乱歩賞の受賞作ということで読んでみましたが、もっとこの作者の作品を読みたくなった。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
名もなき毒
宮部 みゆき
ミステリー・事件
透明カメレオン
道尾 秀介
ミステリー・家族
冴えない容姿と“特殊”な声を持つラジオのパーソナリティの恭太郎はある雨の日、行きつけのバーで奇妙な女の子に出会う。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる恭太郎だったが――。
夕暮れ密室
村崎 友
ミステリー・学校
文化祭当日、バレー部マネージャーの女子生徒が、セミナーハウスのシャワールームで遺体となって発見された--!? 斬新な密室トリックと多感な高校生男女の切ない想いを描いた傑作学園ミステリ。
鬼龍
今野 敏
ミステリー・ハードボイルド
総理の夫
原田 マハ
経済・政治・家族
佐賀のがばいばあちゃん
島田 洋七
家族・現代
かなわない
植本 一子
エッセイ・家族・子育て
育児日記『働けECD』から5年。写真家・植本一子が書かずにはいられなかった、結婚、家族、母、苦悩、愛。すべての期待を裏切る一大叙情詩。2014年に著者が自費出版した同名冊子を中心に、『働けECD~わた
肉小説集
坂木 司
料理・家族
この著者の他の本
生還者
坂木 司
ミステリー・自然
カンチェンジュンガで大規模な雪崩が発生、4年前に登山をやめたはずの兄が34歳の若さで命を落とした。同じ山岳部出身の増田直志は、兄の遺品のザイルが何者かによって切断されていたことに気付く。兄は事故死では
闇に香る嘘
坂木 司
ミステリー・家族
平均点ランキング