Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 ダブルギアリング 連鎖破綻 (真山 仁)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
ダブルギアリング 連鎖破綻
真山 仁
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
87
最高
87
最低
87
合計レビュー
1人
男性1人 平均87点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
87点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
25点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
17点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
考えさせられる本
時間を忘れて一気読み
バブル崩壊後の金融不安、その中で大手生保を舞台にした破綻か?合併か?外資か?実際にあったような話をベースにしているため迫力がある。この作家の本はたくさん読んだがこれがデビュー作だそうですがいきなり凄い作品を書いてたんだなぁと感心させられます。
会社で働く人々、その会社を信用し保険を払う庶民、前世紀はそれで回っていたものが、将来の安心に備えるべき保険を舞台にグローバルな金融システムに巻き込まれていとも簡単に吹っ飛んでしまう姿を見ると改めて、今の金融システムって人の幸せには繋がらないんじゃないかって考えさせられます。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
新装版 銀行総務特命
池井戸 潤
経済・政治・企業・会社
2014年4月スタート日本テレビ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」原作本(講談社文庫) 主演:杏。帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任された指宿修平(いぶすき・しゅうへい)。顧客名簿流出、現役行員のAV出
ダブルギアリング 連鎖破綻
真山 仁
経済・政治・企業・会社
勁草の人 戦後日本を築いた財界人
高杉 良
経済・政治・人間
民王
池井戸 潤
経済・政治・不思議・コメディー・ユーモア
ダブルギアリング 連鎖破綻
真山 仁
経済・政治・企業・会社
新装版 不祥事
池井戸 潤
企業・会社・お金
2014年4月スタート日本テレビ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」原作本!主演:杏「ベテラン女子行員はコストだよ」そう、うそぶく石頭の幹部をメッタ斬るのは、若手ホープの“狂咲”こと花咲舞。トラブルを抱えた
オレたち花のバブル組
池井戸 潤
現代・企業・会社
絶好調ドラマ『半沢直樹』(堺雅人主演)原作本第2弾! 東京中央銀行のバブル入行組・半沢直樹に押しつけられた「頭取命令」――それは巨額損失を出した老舗ホテルの再建。銀行内部の見えざる暗躍、金融庁の「最強
七つの会議
池井戸 潤
現代・企業・会社
トップセールスマンだったエリート課長・坂戸を“パワハラ”で社内委員会に訴えたのは、歳上の万年係長・八角だった―。いったい、坂戸と八角の間に何があったのか?パワハラ委員会での裁定、そして役員会が下した不
この著者の他の本
売国
池井戸 潤
社会・謀略
ダブルギアリング 連鎖破綻
池井戸 潤
経済・政治・企業・会社
平均点ランキング