Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 黒い春 (山田 宗樹)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
黒い春
山田 宗樹
幻冬舎
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
79
最高
84
最低
72
合計レビュー
3人
男性2人 平均76点
女性1人 平均84点
おすすめ
3
おすすめしない
0
糸井
30代
女性
会社員
白ゆき姫殺人事件
湊 かなえ
82点
億男
川村 元気
67点
ギフテッド
山田 宗樹
87点
本日は大安なり
辻村 深月
69点
84点
★★★★★★★★★★
総合評価
18点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
25点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
16点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
4点 ★★★★
まさかの結末
ノンフィクションのようなリアルがある
読み進めるうちに、先が気になって、あっという間に読んでしまいました。実際に起こりうることかも。。。と思うと、より恐怖を覚えました。
未知の物に対して、人間がどう立ち向かっていくか、自分がどの立場でみるかによって、感じ方も変わるのではないかと思いました。
72点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
20点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
10点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
4点 ★★★★
先を読まずにいられない
パニック物が好きなので、面白く読めました。
ただ、ハリウッド映画的なパニック物ではなく、登場人物のそれぞれの物語が同じくらいの重要さを持つ作品で、娯楽的な要素は薄いです。
パニックを中心に添えた人間性の物語かなと。
ところどころウルっと来てしまう場面があります。
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
81点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
25点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
10点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
5点 ★★★★★
絶対読んだ方が良い
独特な世界観
多くの人に読んでもらいたい
結末に行くに従って一気に読みました。正体不明の謎のウィルスが巻き起こすパニック。医療ものではなくそれに翻弄される人々の家族愛やいつくしみ、憎しみ。さらにはその背景に遣隋使小野妹子まで、歴史に部分とのつなぎも強引ではなく説として納得がいくもの。結末が、これで終わり?もっとその後の物語が読みたいって思ったのが少しだけ残念ですが、全体的には文章も読みやすく、医療部分の解説もわかりやすくてよかった。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
黒い春
山田 宗樹
パニック・医療
滅びの笛
西村 寿行
パニック・動物・サスペンス
南アルプスで男女の死体が発見されたが、遺体は死後十日間で白骨化していた。同じ頃、環境庁鳥獣保護課の沖田のもとに中部山岳一帯における鳥獣の異常繁殖を告げる調査報告が相次いだ。沖田は理学博士・右川を訪ね、
蒼茫の大地、滅ぶ
西村 寿行
パニック・国・災害
突如、日本を襲ったバッタの巨大な群れは、東北地方で米、野菜を喰いあらし、人々をパニックに陥れた。不信、暴動、輪姦……最悪な事態をむかえ、対策は急を要した。しかし、政権を維持しようとする中央政府の出した
人間小唄
町田 康
人生・パニック
小角が書き送った短歌を自分の文章に無断で引用した作家・糺田両奴。国民の無意識に影響を及ぼして駄目にする奴の文学を根底から破壊する! こちらの世界に拉致してきた糺田に課した難題は、「一、短歌を作る。二、
いつか、あなたも
久坂部 羊
医療・病気
どろにやいと
戌井 昭人
冒険・医療
神様のカルテ
夏川 草介
医療・人生
イン・ザ・プール
奥田 英朗
医療・病気・コメディー・ユーモア
体調不良のはずが水泳中毒に、ケータイがないと冷や汗がでる、勃起して、ずーっとそのまま直らない。藁をもつかむ思いで訪れた神経科で患者たちを待っていたのは──とてつもなくヘンな医者だった! カバと見まごう
この著者の他の本
直線の死角
奥田 英朗
ミステリー・サスペンス
百年法 上
奥田 英朗
SF・社会
ギフテッド
奥田 英朗
ミステリー・
黒い春
奥田 英朗
パニック・医療
平均点ランキング