レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
流星ワゴン
重松 清
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
70
最高
78
最低
49
合計レビュー
5人
男性4人 平均68点
女性1人 平均78点
おすすめ
3
おすすめしない
1
73点
★★★★★★★★★★
総合評価
14点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
15点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
20点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
10点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
誰もが「後悔した瞬間」に戻れないことを知っているものの、「もしあのときに戻れたら…」をドラえもんのタイムマシンよろしく戻してくれる橋本さんと健太くん。せっかくワイン色のオデッセイに乗って過去に戻るも、思い通りに「後悔しない状況」を作り出せないところに現実味が感じられる。しかも一見仲良し親子の橋本さんと健太くんが実の親子ではない意外性もリアリティがある。初めてドラえもんを読んだとき、「もしかして…」と机の引き出しを覗き込んだときのようなファンタジーが感じられる作品。

40代
女性
主婦
78点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
24点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
時間を忘れて一気読み
考えさせられる本
人生は選択の連続である。
人生のやり直しは出来ないが、自分の心の在り方次第で、過去は違った色に見え、未来は変わるのかもしれない。
真実を知らない方が幸せなのか、残酷でも知った方が幸せなのか…。
いずれにしても今いるここから始めるより仕方がない。
田中
0代
男性
落日燃ゆ
城山 三郎
86点
秋月記
葉室 麟
84点
民王
池井戸 潤
45点
蜩ノ記
葉室 麟
77点
49点
★★★★★★★★★★
総合評価
10点 / 20点
満足度
2点 ★★★★★
おすすめ度
2点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
10点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
12点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
2点 ★★★★★
インパクト
2点 ★★★★★
物語への感情移入
2点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
2点 ★★★★★
結末の納得度
1点 ★★★★★
読後感
7点 / 15点
読後の影響度
2点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
2点 ★★★★★
本の仕様
10点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
1点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
タイトル買い
ファンタジー色が強すぎて個人的には物語に入っていきづらかった。
主人公の性格としての優柔不断さなのか、作者の筆力の問題なのかはわからないが、物語が同じところをぐるぐるとまわっているような錯覚にとらわれた。
それが作者の意図したところなのかもしれませんが。。。
自分に子どもがいればまだ共感できるものなのかもしれません。
73点
★★★★★★★★★★
総合評価
14点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
考えさせられる本
ハリウッド映画にありがちな死んだ人と交流や過去に戻るというシチュエーションはそれほどインパクトはないけど、過去に戻ってやり直せるのかと思いきやそうならない展開は面白かった。
死者や過去に戻るという非現実的な話かと思わせといて、最終的にはひどく現実的なアプローチに持っていくのが面白い。
ただ、主人公の奥さんの問題はアレである必要はないの気がする・・・。アレはアレで面白いけど、ちょっと安っぽい感じ。
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
77点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
時間を忘れて一気読み
昔の自分を思い出す
考えさせられる本
自分が子どもだったころの親の年齢になってみて親の気持ちや考えていること、1人の人間として親の人生はどうだったんだろうなぁ、出来たら穏やかであってほしいなぁと改めて思わせてくれる作品。非現実な形で再会を果たす親子、現実にはあり得ない形なのだが、現実を生きる者として、自分のいろいろやってきた人生の選択は親にはどう映っていたのかなぁって話をしてみたくなる作品です。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
冥土めぐり
鹿島田 真希
家族・親子
双頭のバビロン
皆川 博子
ミステリー・家族
小説の女王が贈る、壮麗なる銀幕奇譚。爛熟と頽廃の世紀末ウィーン。ある秘密のため引き離されて育てられた、オーストリア貴族の血を引く双子――ゲオルクとユリアン。ゲオルクは名家の跡取りとして陸軍学校へ行くが
流しのしたの骨
江國 香織
家族・人間
いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな‘小さな弟’律の四人姉弟と、詩人で生活に様々な
ヒア・カムズ・ザ・サン
有川 浩
不思議・恋愛・愛・家族
編集者の古川真也は、特殊な能力を持っていた。手に触れた物に残る記憶が見えてしまうのだ。ある日、同僚のカオルが20年ぶりに父親と再会することに。彼は米国で脚本家として名声を得ているはずだったが、真也が見
残穢
小野 不由美
ホラー・怪談・幽霊・化け物
怨みを伴う死は「穢れ」となる。穢れは怪異となり、伝染し、拡大する。戦慄の500枚書き下ろし長編ホラー。
岡山女
岩井 志麻子
ホラー・怪談・幽霊・化け物
左目が疼く――。また、どこかで死霊が騒いどるんか。妾として囲われていた男に日本刀で切り付けられ、左目と美しい容貌を失ったタミエ。代償に手に入れたのは、暗い眼窩に映る禍々しい死者の影だった。やがて「岡山
ぼぎわんが、来る
澤村 伊智
ホラー・怪談・幽霊・化け物
幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知沙の名前であった。原因不明の怪我を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その
死神の精度
伊坂 幸太郎
死・自殺・幽霊・化け物
この著者の他の本
ビタミンF
伊坂 幸太郎
人生・家族
その日のまえに
伊坂 幸太郎
死・自殺・夫婦・家族
余命の告知を受けた妻と、新婚時代のアパートを訪ねる僕たち…「その日のまえに」。妻の最期を、二人の息子とともに見届ける「その日」。妻が亡くなった病院の看護師さんから、ある日、お目にかかりたい、と連絡がき
流星ワゴン
伊坂 幸太郎
家族・幽霊・化け物
カシオペアの丘で
伊坂 幸太郎
人生・病気・死・自殺
平均点ランキング