Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 百年法 上 (山田 宗樹)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
百年法 上
山田 宗樹
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
実現した不老不死。
しかし・・・
法律により百年後に死ななければならない。

話題沸騰、重版出来!!
2012年エンタメ決定版!

凄いぞ。
面白いぞ。
詠み始めたら途中でやめることは絶対にできない。
もう一気読みである。
北上次郎氏(文芸評論家)
(「小説野生時代」2012年10月号より)

国難を迎える日本に問う、衝撃のエンターテインメント!


経済衰退、少子高齢化、格差社会・・・国難を迎えるこの国に捧げる、
衝撃の問題作!

生きることが罪になる。


「嫌われ松子の一生」の山田宗樹、衝撃の問題作

第66回日本推理作家協会賞受賞作
2012年山田風太郎賞、2013年山本周五郎賞、本屋大賞ノミネート
amazonでの読者の評価
良い
メディアミックス
映画化
良本生活での感想・レビュー
平均
93
最高
93
最低
93
合計レビュー
1人
男性1人 平均93点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
93点
★★★★★★★★★
総合評価
20点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
28点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
5点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
15点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
時間を忘れて一気読み
価値観を大きく変えられた
絶対読んだ方が良い
上下巻2冊の作品だがストーリーが面白くて一気に読んでしまった。舞台は21世紀中盤から後半、不老不死を手に入れた国民が経済復興を遂げたが、法律で手術後百年経ったらしななくてはならない。そんな事態に直面した時に国民はどんな判断をするのか?不老不死が本当に幸せな事なのか?バラバラになり、価値観が多様化した社会ではどんな政治形態がいいのか、などなど物語でありながらもいろいろ考えさせられる作品した。長いのでなかなか読み始めが大変ですが、絶対にお勧めの本です。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
火星に住むつもりかい?
伊坂 幸太郎
現代・SF
プロセス・アイ
茂木 健一郎
SF・ファンタジー
上海の郊外の南翔に居を構える高田軍司はニューヨークからサミュエル・ブラザーズの客を待っていた。軍司との業務提携をねらってのことだったが、わざわざの挨拶を断ることもない。彼のスペラティブ理論は、あらたな
ドルフィン・ソングを救え!
樋口 毅宏
SF・不思議・事件
2019年。45歳、結婚経験なし、子どもなしのフリーター・トリコは、人生に絶望して、睡眠薬をまるごとひと瓶飲んで自殺をはかる...。意識を取り戻した先は、昭和の終わり、バブル期まっただ中の1989年の
時をかける少女
筒井 康隆
SF・不思議
放課後の誰もいない理科実験室でガラスの割れる音がした。壊れた試験管の液体からただようあまい香り。この匂いをわたしは知っている──そう感じたとき、芳山和子は不意に意識を失い床に倒れてしまった。そして……
娼年
石田 衣良
恋愛・愛・社会
恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ、二十歳。だが、バイト先のバーにあらわれた、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ、とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。や
車輪の下
ヘルマン・ヘッセ
少年・少女・人生・社会
『少年の日の思い出』『車輪の下』など青春を描いた作家として知られる文豪ヘッセが、生死病苦をテーマにエッセイ、詩を綴る最晩年の作品集。老いにたどりついた者だけが知ることのできる、秘かな悦びと人生の煌めき
なんとなく、クリスタル
田中 康夫
青春・社会
芽むしり仔撃ち
大江 健三郎
社会・少年・少女
絶望的な"閉ざされた"状況にあって、疎外された少年たちが築き上げる奇妙な連帯感。知的な抒情と劇的な展開に、監禁された状況下の人間存在という戦後的主題を鮮やかに定着させた長編。ノーベル賞を受賞した大江健
この著者の他の本
偉大なる、しゅららぼん
大江 健三郎
SF・青春
最終便に間に合えば
大江 健三郎
恋愛・愛・人間
劇団四季と浅利慶太
大江 健三郎
経営・ビジネス・音楽
一九五三年、学生劇団としてスタートした劇団四季は、いくたの試練を経て、いまや年間上演回数二千五百回、ロングランを連発する大劇団となった。全国に七つの専用劇場を擁し、ビジネスとしても成功している。その秘
とっぴんぱらりの風太郎
大江 健三郎
歴史・時代・戦争
平均点ランキング