Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 直線の死角 (山田 宗樹)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
直線の死角
山田 宗樹
角川書店
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
78
最高
83
最低
74
合計レビュー
2人
男性2人 平均78点
おすすめ
2
おすすめしない
0
74点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
10点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
12点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
2点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
時間を忘れて一気読み
どこが面白いのか説明できないけど、面白い
時間を忘れて一気読み
一晩で一気に読んでしまったくらい面白かったです。
ただ、結局何が言いたかったんだろう?と思うと、この本は主人公「弁護士・小早川の事件簿」って感じで読むと、すっきり気持ちよく読めると思います。
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
83点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
1点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
5点 ★★★★★
時間を忘れて一気読み
読む価値のある作品
とにかくかっこいい主人公
この作家の他の本がよかったので読んでみました。交通事故、保険金、弁護士、インタリやくざ、薄幸な女性などよくある設定なのだが、それでいて事件設定がありそうでなかったのでの面白かった。ただ、サスペンスの醍醐味である人間関係の背景が解明されていく部分が、少し単純すぎるような気がするが、そこが読みやすい文章と加えて、さらに読みやすくしているのかも。お勧めです。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
天使の傷痕
西村 京太郎
ミステリー・推理・サスペンス
武蔵野の雑木林でデート中の男女が殺人事件に遭遇。瀕死の被害者は「テン」と呟いて息を引き取った。意味不明の「テン」とは何を指すのか。デート中、事件を直接目撃した田島は、新聞記者らしい関心から周辺を洗う。
幻惑の死と使途 ILLUSION ACTS LIKE MAGIC S&M
森 博嗣
ミステリー・推理・探偵
「諸君が、一度でも私の名を呼べば、どんな密室からも抜け出してみせよう」いかなる状況からも奇跡の脱出を果たす天才奇術師・有里匠幻が衆人環視のショーの最中に殺された。しかも遺体は、霊柩車から消失。これは匠
犯人に告ぐ〈上〉
雫井 脩介
ミステリー・警察
掟上今日子の備忘録
西尾 維新
ミステリー・推理
私が殺した少女
原 尞
サスペンス・ハードボイルド
まるで拾った宝くじが当たったように不運な一日は、一本の電話ではじまった。私立探偵の沢崎は依頼人からの電話を受け、目白の邸宅へと愛車を走らせた。だが、そこで彼は自分が思いもかけぬ誘拐事件に巻き込まれてい
最後の戦慄
今野 敏
戦争・サスペンス
ユートピア
湊 かなえ
サスペンス・家族・友情・友達
その女アレックス
ピエール・ルメートル
サスペンス・ハードボイルド
この著者の他の本
黒い春
ピエール・ルメートル
パニック・医療
直線の死角
ピエール・ルメートル
ミステリー・サスペンス
ギフテッド
ピエール・ルメートル
ミステリー・
百年法 上
ピエール・ルメートル
SF・社会
平均点ランキング