レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
永い言い訳
西川 美和
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
「愛すべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」

「ゆれる」「ディア・ドクター」「夢売るふたり」
映画監督・西川美和 待望の書下ろし長編。
amazonでの読者の感想
・読み終わってからしばらく動けなかった
・読み終えて「完敗だ」とつぶやいていた
・愛しい小説である。どうしようもなく
・濃くて複雑な余韻が長引いて次の本に手をつけられない
・最近読んだものの中でダントツに面白かった
・心情描写などがリアリティーにあふれすごくよかった
・共感できる人も多いのではないだろうか
・いつまでも手元に置いて読み返したい
・男性が主人公だけど、女が激しく頷く場面多し
・親しい人の死
amazonでの読者の評価
最低
メディアミックス
映画化
良本生活での感想・レビュー
平均
81
最高
81
最低
81
合計レビュー
1人
女性1人 平均81点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
81点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
8点 / 15点
スピード感
2点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
22点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
この本に出逢えて良かった
映画化されたのを機に読んでみた。
読み終えると「永い言い訳」というタイトルがまさにふさわしいと感じた。
身近な人の死というテーマを扱った作品としては、同じ題材の作品と一味も二味も違っている。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
幸福な食卓
瀬尾 まいこ
家族・人生・恋愛・愛
父さんが自殺を失敗したときも、母さんが家を出たときも、朝は普通にやってきた。そして、その悲しい出来事のあとも...。泣きたくなるのはなぜだろう?優しすぎるストーリー。
重力ピエロ
伊坂 幸太郎
家族・事件
起終点駅(ターミナル)
桜木 紫乃
現代・家族
ようこそ、わが家へ
池井戸 潤
サスペンス・家族
大聖堂
レイモンド・カーヴァー
人間・人生
漁港の肉子ちゃん
西 加奈子
親子・人生・人間
漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫) [文庫] [Apr 10, 2014] 西 加奈子
手紙屋 蛍雪篇〜私の受験勉強を変えた十通の手紙〜
喜多川 泰
人生・不思議
指の骨
高橋 弘希
戦争・人生
リセット・ボタン
伊藤 たかみ
恋愛・愛・死・自殺
昨夜のカレー、明日のパン
木皿 泉
死・自殺・夫婦
仮往生伝試文
古井 由吉
人生・死・自殺
虚と実、死と生、夢と現の境界を果てしなく越境し、文学の無限の可能性を尽した畢生の傑作。
命売ります
三島 由紀夫
コメディー・ユーモア・死・自殺
目覚めたのは病院だった、まだ生きていた。必要とも思えない命、これを売ろうと新聞広告に出したところ...。危険な目にあううちに、ふいに恐怖の念におそわれた。死にたくない―。三島の考える命とは。
この著者の他の本
その日東京駅五時二十五分発
三島 由紀夫
戦争・人生
永い言い訳
三島 由紀夫
家族・人生・死・自殺
平均点ランキング