Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 永い言い訳 (西川 美和)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
永い言い訳
西川 美和
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
「愛すべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」

「ゆれる」「ディア・ドクター」「夢売るふたり」
映画監督・西川美和 待望の書下ろし長編。
amazonでの読者の感想
・読み終わってからしばらく動けなかった
・読み終えて「完敗だ」とつぶやいていた
・愛しい小説である。どうしようもなく
・濃くて複雑な余韻が長引いて次の本に手をつけられない
・最近読んだものの中でダントツに面白かった
・心情描写などがリアリティーにあふれすごくよかった
・共感できる人も多いのではないだろうか
・いつまでも手元に置いて読み返したい
・男性が主人公だけど、女が激しく頷く場面多し
・親しい人の死
amazonでの読者の評価
最低
メディアミックス
映画化
良本生活での感想・レビュー
平均
81
最高
81
最低
81
合計レビュー
1人
女性1人 平均81点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
iアイ
西加奈子
81点
蛇行する月
桜木 紫乃
66点
これからの誕生日
穂高 明
67点
羊と鋼の森
宮下 奈都
77点
81点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
8点 / 15点
スピード感
2点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
22点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
この本に出逢えて良かった
映画化されたのを機に読んでみた。
読み終えると「永い言い訳」というタイトルがまさにふさわしいと感じた。
身近な人の死というテーマを扱った作品としては、同じ題材の作品と一味も二味も違っている。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ガープの世界
ジョン・アーヴィング
人生・家族・自伝・私小説
冥土めぐり
鹿島田 真希
家族・親子
子供の頃、家族で行った海に臨むホテル。そこは母親にとって、一族の栄華を象徴する特別な場所だった。今も過去を忘れようとしない残酷な母と弟から逃れ、太一と結婚した奈津子は、久々に思い出の地を訪ねてみる…。
獅子渡り鼻
小野 正嗣
家族・恋愛・愛
小さな入り江と低い山並みに挟まれた土地に十歳の尊は連れて来られた。言葉が話せず体も動かせない兄と尊を、都会の狭い部屋に残していなくなった母があれほど嫌っていた田舎。豊かな自然と大人たち、霊的なるものに
共喰い
田中 慎弥
性愛・官能・家族
一つ年上の幼馴染、千種と付き合う十七歳の遠馬は、父と父の女の琴子と暮らしていた。セックスのときに琴子を殴る父と自分は違うと、自らに言い聞かせる遠馬だったが、やがて内から沸きあがる衝動に戸惑いつつも、次
海辺のカフカ〈上〉
村上 春樹
人生・不思議
仮往生伝試文
古井 由吉
人生・死・自殺
虚と実、死と生、夢と現の境界を果てしなく越境し、文学の無限の可能性を尽した畢生の傑作。
柚子の花咲く
葉室 麟
歴史・時代・人生
少年時代に梶与五郎の薫陶を受けた筒井恭平は、与五郎が隣藩で殺害された事実を知り、真実を突き止めるため鵜ノ島藩に潜入するが――。人を愛すること、人が成長するということなど、人間にとって大事なものを教えて
大聖堂
レイモンド・カーヴァー
人間・人生
命売ります
三島 由紀夫
コメディー・ユーモア・死・自殺
目覚めたのは病院だった、まだ生きていた。必要とも思えない命、これを売ろうと新聞広告に出したところ...。危険な目にあううちに、ふいに恐怖の念におそわれた。死にたくない―。三島の考える命とは。
人魚の眠る家
東野 圭吾
親子・子供・死・自殺
人魚の眠る家 [単行本] [Nov 18, 2015] 東野 圭吾
少女
湊 かなえ
少年・少女・ミステリー・死・自殺
親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることができ
MOMENT
本多 孝好
死・自殺・人生・不思議
死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら……。病院でバイトをする大学生の「僕」。ある末期患者の願いを叶えた事から、彼の元には患者たちの最後の願いが寄せられるようになる。恋心、家族への愛、死に対する恐怖、そして癒え
この著者の他の本
永い言い訳
本多 孝好
家族・人生・死・自殺
その日東京駅五時二十五分発
本多 孝好
戦争・人生
平均点ランキング