Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 永い言い訳 (西川 美和)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
永い言い訳
西川 美和
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
「愛すべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」

「ゆれる」「ディア・ドクター」「夢売るふたり」
映画監督・西川美和 待望の書下ろし長編。
amazonでの読者の感想
・読み終わってからしばらく動けなかった
・読み終えて「完敗だ」とつぶやいていた
・愛しい小説である。どうしようもなく
・濃くて複雑な余韻が長引いて次の本に手をつけられない
・最近読んだものの中でダントツに面白かった
・心情描写などがリアリティーにあふれすごくよかった
・共感できる人も多いのではないだろうか
・いつまでも手元に置いて読み返したい
・男性が主人公だけど、女が激しく頷く場面多し
・親しい人の死
amazonでの読者の評価
最低
メディアミックス
映画化
良本生活での感想・レビュー
平均
81
最高
81
最低
81
合計レビュー
1人
女性1人 平均81点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
iアイ
西加奈子
81点
蛇行する月
桜木 紫乃
66点
これからの誕生日
穂高 明
67点
羊と鋼の森
宮下 奈都
77点
81点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
8点 / 15点
スピード感
2点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
22点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
この本に出逢えて良かった
映画化されたのを機に読んでみた。
読み終えると「永い言い訳」というタイトルがまさにふさわしいと感じた。
身近な人の死というテーマを扱った作品としては、同じ題材の作品と一味も二味も違っている。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ユートピア
湊 かなえ
サスペンス・家族・友情・友達
冷蔵庫を抱きしめて
荻原 浩
現代・家族
新婚旅行から戻って、はじめて夫との食の嗜好の違いに気づき、しかしなんとか自分の料理を食べさせようと苦悶する中で、摂食障害の症状が出てきてしまう女性を描いた表題作他、DV男ばかり好きになる女性、マスクな
重力ピエロ
伊坂 幸太郎
家族・事件
兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そし
ブッデンブローク家の人びと
トーマス・マン
家族・人生
「ある家族の没落」という副題が示すようにドイツの一ブルジョア家庭の変遷を四代にわたって描く。初代当主は一八世紀啓蒙思想に鍛えられた実業家である。代を追うにつれこの家庭を、精神的・芸術的なものが支配し、
てんのじ村
難波 利三
お仕事・人生
大阪は通天閣の下に、漫才師、奇術師、浪曲師といった芸人たちがあつまり住む一郭“てんのじ村”があった。戦前、戦後、そして高度経済成長期と、大阪芸人の活躍の場が、寄席からラジオ、テレビへと移りゆくなか、時
その日東京駅五時二十五分発
西川 美和
戦争・人生
追いかけるな 大人の流儀5
伊集院 静
エッセイ・人生
追いかけるから、苦しくなる。 追いかけるから、負ける。 追いかけるから、捨てられる。 人はすべて、一人で生まれ、一人で去っていく生き物である。 失ったものはかえってこない。 本物の大人は
アイネクライネナハトムジーク
伊坂 幸太郎
人間・人生
ダンス・ダンス・ダンス
村上 春樹
死・自殺・ミステリー
『羊をめぐる冒険』から四年、激しく雪の降りしきる札幌の街から「僕」の新しい冒険が始まる。奇妙で複雑なダンス・ステップを踏みながら「僕」はその暗く危険な運命の迷路をすり抜けていく。七〇年代の魂の遍歴を辿った
永い言い訳
西川 美和
家族・人生・死・自殺
死後
芥川 竜之介
夫婦・死・自殺
大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の後期の短編小説。初出は「改造」[1925(大正14)年]。単行本未収録であり、「芥川龍之介全集」第12巻に収録された。不眠気味の「僕」が妻の傍らで夫婦の因縁
フォルトゥナの瞳
百田 尚樹
不思議・死・自殺
この著者の他の本
その日東京駅五時二十五分発
百田 尚樹
戦争・人生
永い言い訳
百田 尚樹
家族・人生・死・自殺
平均点ランキング