レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
永い言い訳
西川 美和
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
「愛すべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」

「ゆれる」「ディア・ドクター」「夢売るふたり」
映画監督・西川美和 待望の書下ろし長編。
amazonでの読者の感想
・読み終わってからしばらく動けなかった
・読み終えて「完敗だ」とつぶやいていた
・愛しい小説である。どうしようもなく
・濃くて複雑な余韻が長引いて次の本に手をつけられない
・最近読んだものの中でダントツに面白かった
・心情描写などがリアリティーにあふれすごくよかった
・共感できる人も多いのではないだろうか
・いつまでも手元に置いて読み返したい
・男性が主人公だけど、女が激しく頷く場面多し
・親しい人の死
amazonでの読者の評価
最低
メディアミックス
映画化
良本生活での感想・レビュー
平均
81
最高
81
最低
81
合計レビュー
1人
女性1人 平均81点
おすすめ
1
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
81点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
8点 / 15点
スピード感
2点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
3点 ★★★★★
ストーリー
22点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
この本に出逢えて良かった
映画化されたのを機に読んでみた。
読み終えると「永い言い訳」というタイトルがまさにふさわしいと感じた。
身近な人の死というテーマを扱った作品としては、同じ題材の作品と一味も二味も違っている。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
悪いものが、来ませんように
芦沢 央
ミステリー・女性・家族
子供にめぐまれず悶々とした日々を送る紗英、子育て中の奈津子。誰よりも気の合う二人を襲った事件とは──。『罪の余白』で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞、気鋭の第2作!
終末のフール
伊坂 幸太郎
家族・人間
八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは
一路
浅田 次郎
歴史・時代・家族
失火により父が不慮の死を遂げたため、江戸から西美濃・田名部郡に帰参した小野寺一路。齢十九にして初めて訪れた故郷では、小野寺家代々の御役目・参勤道中御供頭を仰せつかる。失火は大罪にして、家督相続は仮の沙
コルバトントリ
山下 澄人
家族・ファンタジー
春の庭
柴崎 友香
人生・人間
MOMENT
本多 孝好
死・自殺・人生・不思議
死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら……。病院でバイトをする大学生の「僕」。ある末期患者の願いを叶えた事から、彼の元には患者たちの最後の願いが寄せられるようになる。恋心、家族への愛、死に対する恐怖、そして
abさんご
黒田 夏子
家族・人生
「途方もないものを読ませていただいた」──蓮實重彦・東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞した本作は、75歳の著者デビュー作。昭和の知的な家庭に生まれたひとりの幼子が成長し、両親を見送るまでの
宇喜多の捨て嫁
木下 昌輝
歴史・時代・人生
少女
湊 かなえ
少年・少女・ミステリー・死・自殺
親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることができ
ダンス・ダンス・ダンス
村上 春樹
死・自殺・ミステリー
永い言い訳
西川 美和
家族・人生・死・自殺
仮往生伝試文
古井 由吉
人生・死・自殺
虚と実、死と生、夢と現の境界を果てしなく越境し、文学の無限の可能性を尽した畢生の傑作。
この著者の他の本
その日東京駅五時二十五分発
古井 由吉
戦争・人生
永い言い訳
古井 由吉
家族・人生・死・自殺
平均点ランキング