レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
柚子の花咲く
葉室 麟
朝日新聞出版
ジャンル
あらすじ・内容紹介
少年時代に梶与五郎の薫陶を受けた筒井恭平は、与五郎が隣藩で殺害された事実を知り、真実を突き止めるため鵜ノ島藩に潜入するが――。人を愛すること、人が成長するということなど、人間にとって大事なものを教えてくれる感動の長編時代小説。
amazonでの読者の評価
最高
良本生活での感想・レビュー
平均
79
最高
79
最低
79
合計レビュー
1人
男性1人 平均79点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
79点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
10点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
26点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
5点 ★★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
10点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
16点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
考えさせられる本
良い読後感を味わえる
とにかくかっこいい主人公
ラストの対峙シーンには感動した。大人が子供に教えること、人として信頼できる人間を守ること、愛する人間を守ること、舞台となる江戸時代の、それも全く歴史とは関係のない日常を描くからこそ作者が自由に設定し書ける物語は現代小説では今やわざとらしくて書けない、時代小説ならではの醍醐味を感じられる。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
恋紅
皆川 博子
歴史・時代・女性
二つの山河
中村 彰彦
戦争・歴史・時代
【第111回直木賞受賞作】かれらも祖国のために戦ったのだから――。大正初め、徳島のドイツ人俘虜収容所で例のない寛容な処遇がなされ、日本人市民と俘虜との交歓が実現した。真のサムライと讃えられた所長・松江
てのひら
谷津 矢車
歴史・時代・恋愛・愛
吉田松陰の妹にして、久坂玄瑞の妻・杉文。元学者で明治以降は政治家として活躍する楫取素彦。互いに惹かれあいながらも別の人間と結婚したふたりの青春から、すれ違いの末に結ばれるまでを、幕末の動乱や松陰の死、
落日燃ゆ
城山 三郎
歴史・時代・戦争
東京裁判で絞首刑を宣告された七人のA級戦犯のうち、ただ一人の文官であった元総理、外相広田弘毅。戦争防止に努めながら、その努力に水をさし続けた軍人たちと共に処刑されるという運命に直面させられた広田。そし
ウランバーナの森
奥田 英朗
人生・幽霊・化け物
指の骨
高橋 弘希
戦争・人生
果たしてこれは戦争だろうか。我々は誰と戦うでもなく、一人、また一人と倒れ、朽ちていく。これは戦争なのだ、呟きながら歩いた。これも戦争なのだ。しかしいくら呟いてみても、その言葉は私に沁みてこなかった──
絶対泣かない
山本 文緒
人生・現代
あなたの夢はなんですか? いまの仕事に満足してますか? 仕事に誇り、もってますか? お金のためでもあるけれど、お金以外のためにも、ひとは働く。職場におこるさまざまな人間関係とハプニング、プライドにもま
ジェネレーションX―加速された文化のための物語たち
ダグラス・クープランド
青春・人生
ジェネレーションX―加速された文化のための物語たち [Aug 01, 1992] ダグラス クープランド、 Coupland,Douglas; 尚, 黒丸
この著者の他の本
蜩ノ記
ダグラス・クープランド
歴史・時代・家族
命を区切られたとき、人は何を思い、いかに生きるのか―。幽閉中の武士・戸田秋谷の気高く凄絶な覚悟と矜持を、九州豊後の穏やかな山間の風景の中に謳い上げる感涙の時代小説!平成23年度下半期・第146回直木賞
緋の天空
ダグラス・クープランド
歴史・時代・女性・人物伝
秋月記
ダグラス・クープランド
歴史・時代・人生
筑前の小藩・秋月藩で、専横を極める家老・宮崎織部への不満が高まっていた。間小四郎は、志を同じくする仲間の藩士たちとともに糾弾に立ち上がり、本藩・福岡藩の援助を得てその排除に成功する。藩政の刷新に情熱を
風の軍師 黒田官兵衛
ダグラス・クープランド
歴史・時代・戦争
あす吹く風は、どこからどこへ。黒田官兵衛、ジョアン、細川ガラシャ、織田秀信――伴天連追放令下、「かなわぬ夢」と「かなえてはならない夢」のはざまで生きた人々の思い。『風渡る』に続く葉室麟の「官兵衛」。(
平均点ランキング