レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
椿山課長の七日間
浅田 次郎
朝日新聞社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
話題の映画原作! 椿山和昭は働き盛りの46歳。過労で倒れ、現世と来世の中間にある中陰の世界で目が覚める。やり残した仕事、愛する家族を思うと、どうしても自分の死を受け容れられず、現世に戻ることを願い出る。許されたのは初七日までの三日間。中陰でかけられた「邪淫の罪」の疑いも晴らすため、美女の肉体を借り現世に戻るが――。死後の世界を涙と笑いで描いた感動的なファンタジー。
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
84
最高
84
最低
84
合計レビュー
1人
男性1人 平均84点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
84点
★★★★★★★★★★
総合評価
16点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
27点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
16点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
考えさせられる本
良い読後感を味わえる
ほろりと涙が出る
不慮の急病で亡くなった主人公が死後、極楽/地獄に振り分けられる審査手続きで7日間の猶予を与えられ、同じような境遇の子供、やくざと現生に戻り人生の残りの作業をやり終えるという物語。物語を通じて、自分なら何をするだろうか?深刻ではないが考えさせられる部分も多かった。また、冒頭、重病で亡くなった老女が死後「やっと解放された!」って言ってたのもそんなもんなのかもと考えさせられた。もちろん死後の世界は想像でしかないのだが、日々自分は後悔がないように生きているのか?と考えさせられる作品。といっても、ストーリーや文章は作者お得意のユーモア溢れる軽いタッチのものなので読みやすい作品。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
巨匠とマルガリータ
ミハイル・A・ブルガーコフ
ファンタジー・幽霊・化け物・不思議
希代の難曲を神業の如く奏でる謎の女が冷狐冲の運命を翻弄する。
鬼談百景
小野 不由美
ホラー・怪談・幽霊・化け物
山怪 山人が語る不思議な話
田中 康弘
ホラー・怪談・幽霊・化け物・不思議
著者の田中康弘氏が、交流のある秋田・阿仁のマタギたちや、各地の猟師、山で働き暮らす人びとからから、実話として聞いた山の奇妙で怖ろしい体験談を多数収録。話者が自分で経験したこととして語る物語は、リアリテ
百鬼譚の夜
倉阪 鬼一郎
ホラー・怪談・幽霊・化け物
ホラーを知り尽くした著者が、自信をもっておくる本格的怪奇小説の決定版!とにかく怖い!怪奇実話作家のもとに持ちこまれた一冊の日記帳。赤い羽根を極端に恐れる男の記録に隠された驚愕の真実とは?切れ味するどい
神様のカルテ
夏川 草介
医療・人生
大聖堂
レイモンド・カーヴァー
人間・人生
神去なあなあ日常 (徳間文庫)
三浦 しをん
お仕事・人生
傘をもたない蟻たちは
加藤 シゲアキ
人生・性
この著者の他の本
一路
加藤 シゲアキ
歴史・時代・家族
プリズンホテル 1 夏
加藤 シゲアキ
ヤクザ・お仕事
極道小説で売れっ子になった木戸孝之介の身内で、ヤクザの大親分の仲蔵が、温泉リゾートホテルのオーナーになった。招待された孝之介は驚いた。なんとそのホテルは任侠団体専用だったのだ。人はそれを「プリズンホテ
椿山課長の七日間
加藤 シゲアキ
幽霊・化け物・人生
話題の映画原作! 椿山和昭は働き盛りの46歳。過労で倒れ、現世と来世の中間にある中陰の世界で目が覚める。やり残した仕事、愛する家族を思うと、どうしても自分の死を受け容れられず、現世に戻ることを願い出る
鉄道員
加藤 シゲアキ
人生・家族
娘を亡くした日も、妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた……。映画化され大ヒットした表題作「鉄道員」はじめ「ラブ・レター」「角筈にて」「うらぼんえ」「オリヲン座からの招待状」など、珠玉の短篇8作品を収録
平均点ランキング