レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
椿山課長の七日間
浅田 次郎
朝日新聞社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
84
最高
84
最低
84
合計レビュー
1人
男性1人 平均84点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
84点
★★★★★★★★★★
総合評価
16点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
27点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
16点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
考えさせられる本
良い読後感を味わえる
ほろりと涙が出る
不慮の急病で亡くなった主人公が死後、極楽/地獄に振り分けられる審査手続きで7日間の猶予を与えられ、同じような境遇の子供、やくざと現生に戻り人生の残りの作業をやり終えるという物語。物語を通じて、自分なら何をするだろうか?深刻ではないが考えさせられる部分も多かった。また、冒頭、重病で亡くなった老女が死後「やっと解放された!」って言ってたのもそんなもんなのかもと考えさせられた。もちろん死後の世界は想像でしかないのだが、日々自分は後悔がないように生きているのか?と考えさせられる作品。といっても、ストーリーや文章は作者お得意のユーモア溢れる軽いタッチのものなので読みやすい作品。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
レキシントンの幽霊
村上 春樹
不思議・幽霊・化け物
覚めてからが夢なのか? 氷男は南極に戻り、建築家は眠りの衣をまとう 台風の目が心を裂き、チョコレートは溶けていく 何かが、まるで柔らかな木槌みたいに僕の頭を打った。 ──あれは幽霊なん
カラフル
森 絵都
ファンタジー・幽霊・化け物
百鬼譚の夜
倉阪 鬼一郎
ホラー・怪談・幽霊・化け物
ホラーを知り尽くした著者が、自信をもっておくる本格的怪奇小説の決定版!とにかく怖い!怪奇実話作家のもとに持ちこまれた一冊の日記帳。赤い羽根を極端に恐れる男の記録に隠された驚愕の真実とは?切れ味するどい
椿山課長の七日間
浅田 次郎
幽霊・化け物・人生
海辺のカフカ〈上〉
村上 春樹
人生・不思議
演歌の虫
山口 洋子
人間・人生
スロウハイツの神様
辻村 深月
人間・人生
人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ――あの事件から10年。アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。夢を語り、物語を作る。好きなこと
高円寺純情商店街
ねじめ 正一
人生・人間
この著者の他の本
日本の「運命」について語ろう
ねじめ 正一
思想・評論・社会
王妃の館 上
ねじめ 正一
コメディー・ユーモア・お仕事
一路
ねじめ 正一
歴史・時代・家族
鉄道員
ねじめ 正一
人生・家族
平均点ランキング