Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 去年の冬、きみと別れ (中村 文則)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
去年の冬、きみと別れ
中村 文則
幻冬舎
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
65
最高
65
最低
65
合計レビュー
1人
男性1人 平均65点
おすすめ
0
おすすめしない
0
65点
★★★★★★★★★★
総合評価
13点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
20点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
2点 ★★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
11点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
2点 ★★★★★
ページをめくる手が止められない
著者のこだわりを感じる
怖くて気が狂うかと思った
タイトルはそういうことですか。猟奇殺人の被告とその姉。巻き込まれる「僕」。登場人物の「狂気」はだんだん深みを増してのこの結末か・・・。読みにくいとまではいかないけど、自分が狂気に晒されているようで陰鬱な気持ちになる。まだ得意になれない、というより苦手な部類なのか?もう一冊ぐらい読んでみようと思う。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
赤朽葉家の伝説
桜庭 一樹
ミステリー・女性
「辺境の人」に置き去られた幼子。この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の「千里眼奥様」と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉
厭魅の如き憑くもの
三津田 信三
ホラー・怪談・ミステリー
戦慄の本格ホラー推理!山深い村に蔓延る恐怖の連続! 神々櫛(かがぐし)村。谺呀治(かがち)家と神櫛(かみぐし)家、2つの旧家が微妙な関係で並び立ち、神隠しを始めとする無数の怪異に彩られた場所である。戦
帰郷 刑事・鳴沢了 鳴沢シリーズ
堂場 瞬一
警察・ミステリー
アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂 幸太郎
ミステリー・人間・青春
ある少女にまつわる殺人の告白
佐藤 青南
ミステリー・事件・子供
第9回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞作品。長崎県南児童相談所の所長が語る、ある少女をめぐる忌まわしい事件。10年前にいったい何が起きたのか―。小学校教師や小児科医、家族らの証言が当時の状況を明
花咲小路四丁目の聖人
小路 幸也
ミステリー・事件
舞台は地方都市の小さな商店街「花咲小路商店街」。 主人公の亜弥は、両親が始めた英語塾を継いで講師をしている。 隠居した父は日本に帰化したイギリス人だが、その実、若い頃は美術品を中心とする泥棒として名を
夏からの長い旅
大沢 在昌
ハードボイルド・事件
最愛の女性、久邇子と私の命を狙うのは誰だ? 第二の事件が起こったとき、忘れようとしていたあの夏の出来事が蘇る。全てはあのときの一枚の写真にあったのだ――。下ろすことのできない十字架を背負った男の闘いが
キャッツアイころがった
黒川 博行
ミステリー・事件
この著者の他の本
王国
黒川 博行
ハードボイルド・犯罪
掏摸 (スリ)
黒川 博行
ハードボイルド・犯罪
土の中の子供
黒川 博行
人生・人間・親子
27歳のタクシードライバーをいまも脅かすのは、親に捨てられ、孤児として日常的に虐待された日々の記憶。理不尽に引きこまれる被虐体験に、生との健全な距離を見失った「私」は、自身の半生を呪い持てあましながら
教団X
黒川 博行
宗教・性愛・官能
平均点ランキング