Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 去年の冬、きみと別れ (中村 文則)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
去年の冬、きみと別れ
中村 文則
幻冬舎
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
65
最高
65
最低
65
合計レビュー
1人
男性1人 平均65点
おすすめ
0
おすすめしない
0
65点
★★★★★★★★★★
総合評価
13点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
20点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
2点 ★★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
11点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
2点 ★★★★★
ページをめくる手が止められない
著者のこだわりを感じる
怖くて気が狂うかと思った
タイトルはそういうことですか。猟奇殺人の被告とその姉。巻き込まれる「僕」。登場人物の「狂気」はだんだん深みを増してのこの結末か・・・。読みにくいとまではいかないけど、自分が狂気に晒されているようで陰鬱な気持ちになる。まだ得意になれない、というより苦手な部類なのか?もう一冊ぐらい読んでみようと思う。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
あいるさん、これは経費ですか? 東京芸能会計事務所
山田 真哉
推理・ミステリー
聖母
秋吉 理香子
ミステリー・女性・犯罪
東京都藍出市で、幼稚園児の遺体が発見された。被害者は死後に性的暴行を加えられていた。事件のニュースを見た主婦・保奈美は、大切なひとり娘も狙われるのでは、と恐怖を覚える。警察は懸命に捜査を続けるが、犯人
鬼の跫音
道尾 秀介
ホラー・怪談・ミステリー・サスペンス
刑務所で作られた椅子に奇妙な文章が彫られていた。家族を惨殺した猟奇殺人犯が残した不可解な単語は哀しい事件の真相を示しており……。(「ケモノ」)同級生のひどい攻撃に怯えて毎日を送る僕は、ある女の人と出会
パーフェクト・ブルー
宮部 みゆき
ミステリー・探偵・推理
パーフェクト・ブルー (創元推理文庫) [文庫] [Dec 10, 1992] 宮部 みゆき
重力ピエロ
伊坂 幸太郎
家族・事件
兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そし
燃える地の果てに(上)
逢坂 剛
ミステリー・事件
最後の核爆弾一基が見つからない! スペイン上空で核を搭載中の米軍機が炎上、墜落した。事実をひた隠して懸命の捜索を行う米軍。放射能汚染におびえる村人。ギタリスト古城邦秋を待ちうける虎口の数々……。跳梁す
海と毒薬
遠藤 周作
戦争・歴史・時代・事件
日本人は、今次大戦末期九州大学で外人捕虜を生体解剖に処すという戦慄的な非人道行為を犯した。「海と毒薬」はこの事件を作品成立の一つのモチーフとするが、作者はこの異常な事件を内面化し、事実とはまるで異なっ
告白
町田 康
犯罪・事件
この著者の他の本
去年の冬、きみと別れ
町田 康
ミステリー・事件
土の中の子供
町田 康
人生・人間・親子
27歳のタクシードライバーをいまも脅かすのは、親に捨てられ、孤児として日常的に虐待された日々の記憶。理不尽に引きこまれる被虐体験に、生との健全な距離を見失った「私」は、自身の半生を呪い持てあましながら
掏摸 (スリ)
町田 康
ハードボイルド・犯罪
王国
町田 康
ハードボイルド・犯罪
平均点ランキング