レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
きみはいい子
中脇 初枝
ポプラ社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最低
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本

小山田 浩子
家族・ファンタジー
朝が来る
辻村 深月
家族・親子・ミステリー
親子3人で平和に暮らす栗原家に突然かかってきた、いたずら電話。電話口の女の声は、「子どもを返してほしい」と告げた――。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描い
流しのしたの骨
江國 香織
家族・人間
いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな‘小さな弟’律の四人姉弟と、詩人で生活に様々な
理由
宮部 みゆき
ミステリー・家族
漁港の肉子ちゃん
西 加奈子
親子・人生・人間
漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫) [文庫] [Apr 10, 2014] 西 加奈子
母性
湊 かなえ
親子・女性
私の男
桜庭 一樹
恋愛・愛・親子
私は腐野花(くさりの・はな)。着慣れない安いスーツを身に纏ってもどこか優雅で惨めで、落ちぶれた貴族のようなこの男の名は淳悟(じゅんご)。私の男、そして私の養父だ。突然、孤児となった十歳の私を、二十五歳
楽園
宮部 みゆき
ミステリー・親子
「模倣犯」事件から9年が経った。事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、荻谷敏子という女性が現れる。12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。少年は16年前に殺された
この著者の他の本
わたしをみつけて
宮部 みゆき
家族・医療
世界の果てのこどもたち
宮部 みゆき
戦争・友情・友達
戦時中、高知から家族と満洲にやってきた珠子。そこで彼女は、朝鮮人の美子と横浜から来た茉莉に出会う。三人は立場を越えた友情で結ばれる。しかし終戦が訪れ、珠子は中国戦争孤児になり、美子は日本で差別を受け、
きみはいい子
宮部 みゆき
家族・親子
平均点ランキング