Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 ペンギン・ハイウェイ (森見 登美彦)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
ペンギン・ハイウェイ
森見 登美彦
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最低
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
偉大なる、しゅららぼん
万城目 学
SF・青春
高校入学を機に、琵琶湖畔の街・石走にある日出本家にやって来た日出涼介。本家の跡継ぎとしてお城の本丸御殿に住まう淡十郎の“ナチュラルボーン殿様”な言動にふりまわされる日々が始まった。実は、日出家は琵琶湖
帰って来たヒトラー
ティムール・ヴェルメシュ
SF・コメディー・ユーモア・タイムトラベル
2011年8月にヒトラーが突然ベルリンで目覚める。彼は自殺したことを覚えていない。まわりの人間は彼のことをヒトラーそっくりの芸人だと思い込み、彼の発言すべてを強烈なブラックジョークだと解釈する。勘違い
ボッコちゃん
星 新一
SF・ファンタジー
モナドの領域
筒井 康隆
SF・推理・不思議
「わが最高傑作にして、おそらくは最後の長篇」 GODが人類と世界の秘密を語り始めた。
夜の床屋
沢村 浩輔
ミステリー・不思議
とびきり奇妙な「謎」の世界へ、ようこそ。無人駅前に深夜、ぽつんと明かりがともる床屋。好奇心から近づいた僕らを待ち受けていたのは――第4回ミステリーズ!新人賞受賞作「夜の床屋」をはじめ、奇妙な事件に思い
優雅で感傷的な日本野球
高橋 源一郎
スポーツ・不思議
ぼくは野球を知らなかった。ぼくの友だちもパパもママも先生さえも知らなかった。「野球を教わりたいんです」―“日本野球”創世の神髄が時空と国境を越えていま物語られる。一九八五年、阪神タイガースは本当に優勝
ターミナルタウン
三崎 亜記
都市・街・町・不思議
さかさ町
F.エマーソン・アンドリュース
ファンタジー・不思議・児童書
リッキーとアンは、おじいちゃんの家にいくとちゅう、見知らぬ町で一日をすごすことになりました。その町の名まえは“さかさ町”いったい、どんなところなのでしょう??
この著者の他の本
有頂天家族
F.エマーソン・アンドリュース
ファンタジー・動物
登美彦氏史上、これまでになく毛深く、波乱万丈。(登美彦氏談)「面白きことは良きことなり!」が口癖の矢三郎は、狸の名門・下鴨家の三男。宿敵・夷川家が幅を利かせる京都の街を、一族の誇りをかけて、兄弟たちと
有頂天家族 二代目の帰朝
F.エマーソン・アンドリュース
ファンタジー・家族
聖なる怠け者の冒険
F.エマーソン・アンドリュース
ファンタジー・冒険
ペンギン・ハイウェイ
F.エマーソン・アンドリュース
SF・不思議
平均点ランキング