レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
私の男
桜庭 一樹
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
私は腐野花(くさりの・はな)。着慣れない安いスーツを身に纏ってもどこか優雅で惨めで、落ちぶれた貴族のようなこの男の名は淳悟(じゅんご)。私の男、そして私の養父だ。突然、孤児となった十歳の私を、二十五歳の淳悟が引き取り、海のみえる小さな街で私たちは親子となった。物語は、アルバムを逆からめくるように、花の結婚から二人の過去へと遡ってゆく。空虚を抱え、愛に飢えた親子が冒した禁忌、許されない愛と性の日々を、圧倒的な筆力で描く直木賞受賞作。
amazonでの読者の評価
最低
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
いまひとたびの
志水 辰夫
人間・死・自殺・恋愛・愛
泣いた泣いた泣かされた・・・ ただ一直線に愛と死を謳いあげる 究極の9短編 死を意識した途端、生はより輝いて見える。 数々の絶賛を浴びた、志水辰夫初の短編集。
切羽へ
井上 荒野
恋愛・愛・夫婦
リセット・ボタン
伊藤 たかみ
恋愛・愛・死・自殺
ふがいない僕は空を見た
窪 美澄
恋愛・愛・性
啼かない鳥は空に溺れる
唯川 恵
サスペンス・親子・恋愛・愛
母に愛してほしかった娘。母の愛が重かった娘。結婚を機に二組の「母娘」が向き合うとき、“歪んだ”関係は暴走していく。母と娘の“呪縛”と“依存”をサスペンスフルに描く長篇小説。
罪の余白
芦沢 央
親子・死・自殺
母性
湊 かなえ
親子・女性
さまよう刃
東野 圭吾
犯罪・親子
さまよう刃 (角川文庫) [文庫]
この著者の他の本
黒死荘の殺人
東野 圭吾
ミステリー・事件
曰く付きの屋敷で夜を明かすことにした私が蝋燭の灯りで古の手紙を読み不気味な雰囲気に浸っていた時、突如鳴り響いた鐘―それが事件の幕開けだった。鎖された石室で惨たらしく命を散らした謎多き男。誰が如何にして
私の幸福論
東野 圭吾
思想・評論・生き方
三四郎はそれから門を出た
東野 圭吾
エッセイ・本・読書
人質の朗読会
東野 圭吾
人間・死・自殺・人生
平均点ランキング