Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 名もなき毒 (宮部 みゆき)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
名もなき毒
宮部 みゆき
幻冬舎
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
普通
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~
三上 延
ミステリー・推理
理由
宮部 みゆき
ミステリー・家族
暗闇坂の人喰いの木
島田 荘司
ミステリー・探偵・ホラー・怪談
さらし首の名所・暗闇坂にそそり立つ樹齢2000年の大楠。この巨木が次々に人間を呑み込んだ? 近寄る人間たちを狂気に駆り立てる大楠の謎とは何か? 信じられぬ怪事件の数々に名探偵・御手洗潔が挑戦する。だが
夜の床屋
沢村 浩輔
ミステリー・不思議
とびきり奇妙な「謎」の世界へ、ようこそ。無人駅前に深夜、ぽつんと明かりがともる床屋。好奇心から近づいた僕らを待ち受けていたのは――第4回ミステリーズ!新人賞受賞作「夜の床屋」をはじめ、奇妙な事件に思い
去年の冬、きみと別れ
中村 文則
ミステリー・事件
海と毒薬
遠藤 周作
戦争・歴史・時代・事件
日本人は、今次大戦末期九州大学で外人捕虜を生体解剖に処すという戦慄的な非人道行為を犯した。「海と毒薬」はこの事件を作品成立の一つのモチーフとするが、作者はこの異常な事件を内面化し、事実とはまるで異なっ
黒死荘の殺人
カーター・ディクスン
ミステリー・事件
曰く付きの屋敷で夜を明かすことにした私が蝋燭の灯りで古の手紙を読み不気味な雰囲気に浸っていた時、突如鳴り響いた鐘―それが事件の幕開けだった。鎖された石室で惨たらしく命を散らした謎多き男。誰が如何にして
鍵のない夢を見る
辻村 深月
女性・人生・事件
この著者の他の本
名もなき毒
辻村 深月
ミステリー・事件
レベル7
辻村 深月
ミステリー・不思議
レベル7とは何か? 謎が謎を呼ぶ 緊迫の4日間 どんでん返しの連続が怒涛の如く読者を襲う。 サスペンスの最高峰! 腕に「Level7」と書き込まれ、記憶を失って目
模倣犯
辻村 深月
ミステリー・犯罪
「模倣犯〈上〉 」 著者 宮部みゆき 発行人 遠藤邦正 発行所 株式会社小学館  発行年 2001年4月20日 初版第1刷発行     2002年7月20日 初版第12刷発
楽園
辻村 深月
ミステリー・親子
「模倣犯」事件から9年が経った。事件のショックから立ち直れずにいるフリーライター・前畑滋子のもとに、荻谷敏子という女性が現れる。12歳で死んだ息子に関する、不思議な依頼だった。少年は16年前に殺された
平均点ランキング