レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン
リリー・フランキー
新潮社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最低
受賞歴
本屋大賞受賞
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
私の男
桜庭 一樹
恋愛・愛・親子
私は腐野花(くさりの・はな)。着慣れない安いスーツを身に纏ってもどこか優雅で惨めで、落ちぶれた貴族のようなこの男の名は淳悟(じゅんご)。私の男、そして私の養父だ。突然、孤児となった十歳の私を、二十五歳

周防 柳
親子・ミステリー
罪の余白
芦沢 央
親子・死・自殺
高校のベランダから転落した加奈の死を、父親の安藤は受け止められずにいた。娘はなぜ死んだのか。自分を責める日々を送る安藤の前に現れた、加奈のクラスメートの協力で、娘の悩みを知った安藤は。
うちの子になりなよ
古泉智浩
エッセイ・子育て・親子
そうか!その手があったか! 子どもがほしい・・・。 6年間で600万円、不妊治療のどん底で見つけた希望の光。 里親研修を受け、待望の赤ちゃんを預かった著者(40代・男)が瑞々しくも正直に綴る
神の子どもたちはみな踊る
村上 春樹
人間・人生・災害
1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめ
土の中の子供
中村 文則
人生・人間・親子
27歳のタクシードライバーをいまも脅かすのは、親に捨てられ、孤児として日常的に虐待された日々の記憶。理不尽に引きこまれる被虐体験に、生との健全な距離を見失った「私」は、自身の半生を呪い持てあましながら
赤目四十八瀧心中未遂
車谷 長吉
人間・人生
東京から流れつき、どこに行くあてもない「私」は日の当たらない蒸し暑いアパートの一室でモツを串に刺し続けた。向いの部屋に住む女の背中一面には、極楽の鳥、迦陵頻伽(カリョウビンガ)の刺青があった。ある日、
柚子の花咲く
葉室 麟
歴史・時代・人生
少年時代に梶与五郎の薫陶を受けた筒井恭平は、与五郎が隣藩で殺害された事実を知り、真実を突き止めるため鵜ノ島藩に潜入するが――。人を愛すること、人が成長するということなど、人間にとって大事なものを教えて
この著者の他の本
東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン
葉室 麟
親子・人生
平均点ランキング