レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
袋小路の男
絲山 秋子
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
高校の先輩、小田切孝に出会ったその時から、大谷日向子の思いは募っていった。大学に進学して、社会人になっても、指さえ触れることもなく、ただ思い続けた12年。それでも日向子の気持ちが、離れることはなかった。川端康成文学賞を受賞した表題作の他、「小田切孝の言い分」「アーリオ オーリオ」を収録。(講談社文庫)
amazonでの読者の評価
最低
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
プリズム
百田 尚樹
恋愛・愛・病気
カディスの赤い星
逢坂 剛
ミステリー・冒険・恋愛・愛
夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦
恋愛・愛・ファンタジー
ワンダフル・ワールド
村山 由佳
恋愛・愛・現代
かつての恋人との再会で芽生えた新たな感情、「愛人」という言葉では割り切れない関係、久しぶりの恋を捨てても守りたいもの――普通の恋愛とは呼べない。でも混じり気ない愛情と絶対的な安心感を与えてくれる存在を
九年前の祈り
小野 正嗣
家族・現代
サーカスナイト
よしもとばなな
家族・現代
銀翼のイカロス
池井戸 潤
現代・企業・会社
思い出トランプ
向田 邦子
人間・現代
浮気の相手であった部下の結婚式に、妻と出席する男。おきゃんで、かわうそのような残忍さを持つ人妻。毒牙を心に抱くエリートサラリーマン。やむを得ない事故で、子どもの指を切ってしまった母親など――日常生活の
この著者の他の本
袋小路の男
向田 邦子
恋愛・愛・現代
高校の先輩、小田切孝に出会ったその時から、大谷日向子の思いは募っていった。大学に進学して、社会人になっても、指さえ触れることもなく、ただ思い続けた12年。それでも日向子の気持ちが、離れることはなかった
ダーティ・ワーク
向田 邦子
人間・ドラマ
この世界の地続きのどこかで繰り広げられる、ささやかな物語、小さな奇跡。芥川賞作家が描く、初の連作短編群像劇。
逃亡くそたわけ
向田 邦子
逃亡・ロード・旅・病気
「どうしようどうしよう夏が終わってしまう」軽い気持ちの自殺未遂がばれ、入院させられた「あたし」は、退屈な精神病院からの脱走を決意。名古屋出身の「なごやん」を誘い出し、彼のぼろぼろの車での逃亡が始まった
平均点ランキング