Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 土漠の花 (月村 了衛)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
土漠の花
月村 了衛
幻冬舎
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
男たちは、命を賭けて女を守った。

なぜここまで激しく攻撃されるのか?
なぜ救援が来ないのか?

自衛官は人を殺せるのか?

絶え間なくふりかかる試練、窮地、想定外。
無残な死にひれ伏すか?
紙一重の生を掴みとるか?

男たちの絆と献身を描く超弩級エンターテインメント!


自衛隊は何を守るために戦うのか?

感動と興奮。
いま最も評判の男泣き小説!
amazonでの読者の感想
・男泣き小説
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
80
最高
82
最低
79
合計レビュー
2人
男性1人 平均79点
女性1人 平均82点
おすすめ
2
おすすめしない
0
82点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
24点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
4点 ★★★★
怒涛のごとく駆け抜けるストーリー
ノンフィクションのようなリアルがある
あまり読まないジャンルの小説であったが、いつの間にか引き込まれ、ハラハラしながら読んだ。
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
79点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
24点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
5点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
考えさせられる本
映画化希望
多くの人に読んでもらいたい
勇敢な自衛官たち、自国の自由を取り戻そうと戦うスルタンの娘の美女たちの勇敢な物語。
仮想の話だけで進められる集団的自衛権。この物語にある話だって決して起こり得ない話ではない。その時の本当に日本の自衛官たちはこの物語のように勇敢に戦えるのか。平和維持のための派遣といっても平和な地域でないから派遣が必要な場所なのであることを送り出す側は何処まで分かっているのだろうか。最後に行われた事件の処理方法。連携すべき相手国米国か側の行動は正にあり得そう!!安保で守ってもらえるのも守る利益がある場合で、何でもかんでも信用するんじゃないって考えされられる作品でした。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
土漠の花
月村 了衛
自衛隊・戦争
弥勒
篠田 節子
経済・政治・戦争・海外・外国
ヒマラヤの小国・パスキムは、独自の仏教美術に彩られた美しい王国だ。新聞社社員・永岡英彰は、政変で国交を断絶したパスキムに単身で潜入を試みるが、そこで目にしたものは虐殺された僧侶たちの姿だった。そして永
指の骨
高橋 弘希
戦争・人生
果たしてこれは戦争だろうか。我々は誰と戦うでもなく、一人、また一人と倒れ、朽ちていく。これは戦争なのだ、呟きながら歩いた。これも戦争なのだ。しかしいくら呟いてみても、その言葉は私に沁みてこなかった──
出口のない海
横山 秀夫
戦争・青春
人間魚雷「回天」。発射と同時に死を約束される極秘作戦が、第二次世界大戦の終戦前に展開されていた。ヒジの故障のために、期待された大学野球を棒に振った甲子園優勝投手・並木浩二は、なぜ、みずから回天への搭乗
十二国記 月の影 影の海〈上〉
小野 不由美
ファンタジー・戦争
この著者の他の本
土漠の花
小野 不由美
自衛隊・戦争
槐(エンジュ)
小野 不由美
サスペンス・ハードボイルド
平均点ランキング