レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
土漠の花
月村 了衛
幻冬舎
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
男たちは、命を賭けて女を守った。

なぜここまで激しく攻撃されるのか?
なぜ救援が来ないのか?

自衛官は人を殺せるのか?

絶え間なくふりかかる試練、窮地、想定外。
無残な死にひれ伏すか?
紙一重の生を掴みとるか?

男たちの絆と献身を描く超弩級エンターテインメント!


自衛隊は何を守るために戦うのか?

感動と興奮。
いま最も評判の男泣き小説!
amazonでの読者の感想
・男泣き小説
amazonでの読者の評価
最低
良本生活での感想・レビュー
平均
80
最高
82
最低
79
合計レビュー
2人
男性1人 平均79点
女性1人 平均82点
おすすめ
2
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
82点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
24点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
11点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
18点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
4点 ★★★★
怒涛のごとく駆け抜けるストーリー
ノンフィクションのようなリアルがある
あまり読まないジャンルの小説であったが、いつの間にか引き込まれ、ハラハラしながら読んだ。
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
79点
★★★★★★★★★★
総合評価
17点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
24点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
5点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
考えさせられる本
映画化希望
多くの人に読んでもらいたい
勇敢な自衛官たち、自国の自由を取り戻そうと戦うスルタンの娘の美女たちの勇敢な物語。
仮想の話だけで進められる集団的自衛権。この物語にある話だって決して起こり得ない話ではない。その時の本当に日本の自衛官たちはこの物語のように勇敢に戦えるのか。平和維持のための派遣といっても平和な地域でないから派遣が必要な場所なのであることを送り出す側は何処まで分かっているのだろうか。最後に行われた事件の処理方法。連携すべき相手国米国か側の行動は正にあり得そう!!安保で守ってもらえるのも守る利益がある場合で、何でもかんでも信用するんじゃないって考えされられる作品でした。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
土漠の花
月村 了衛
自衛隊・戦争
戦場のコックたち
深緑 野分
ミステリー・戦争・料理
戦場でも事件は起きるし、解決する名探偵がいる。戦いと料理と〈日常の謎〉を描く、著者渾身の初長編! 第154回直木三十五賞候補作。一晩で忽然と消えた600箱の粉末卵の謎、不要となったパラシュートをかき集
二つの山河
中村 彰彦
戦争・歴史・時代
弥勒
篠田 節子
経済・政治・戦争・海外・外国
ヒマラヤの小国・パスキムは、独自の仏教美術に彩られた美しい王国だ。新聞社社員・永岡英彰は、政変で国交を断絶したパスキムに単身で潜入を試みるが、そこで目にしたものは虐殺された僧侶たちの姿だった。そして永
海賊とよばれた男
百田 尚樹
戦争・企業・会社
この著者の他の本
スバらしきバス
百田 尚樹
エッセイ・車・バイク・乗り物
何と大らかなこの乗り物 都バス、関東バス、京王バス、東急バス、西武バス、小田急バス、国際興業バス、めぐりん、あかいくつ、はとバスのピアニシモⅡ、千葉交通の高速バス、西鉄バスなどなど・・・。
獣の奏者 I闘蛇編
百田 尚樹
人生・冒険
児童文学のノーベル賞にあたる、国際アンデルセン賞作家賞受賞! 世界的注目作家の新たなる代表作。リョザ神王国。闘蛇村に暮らす少女エリンの幸せな日々は、闘蛇を死なせた罪に問われた母との別れを境に一転する。
図書館戦争
百田 尚樹
恋愛・愛・コメディー・ユーモア・本・読書
諜報の天才 杉原千畝
百田 尚樹
戦争・人物伝・自伝・伝記
国難を逸早く察知する驚異の諜報能力。この男にソ連は震え、ユダヤ系情報網は危険を顧みず献身した――。日本の「耳」として戦火の欧州を駆回った情報士官の失われたジグソーパズル。ミステリアスな外交電報の山にメ
平均点ランキング