レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
チーム・バチスタの栄光
海堂 尊
宝島社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった……。 (バチスタ手術とは) バチスタ手術は、学術的な正式名称を「左心室縮小形成術」という。一般的には、正式名称より創始者R・バチスタ博士の名を冠した俗称の方が通りがよい。拡張型心筋症に対する手術術式である。肥大した心臓を切り取り小さく作り直すという、単純な発想による大胆な手術。
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
85
最高
85
最低
85
合計レビュー
1人
男性1人 平均85点
おすすめ
1
おすすめしない
0
85点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
16点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
先を読まずにいられない
読む価値のある作品
良い読後感を味わえる
病院の話くらいしか内容を知らずに読んだので、タイトルからヒューマンドラマ的なストーリーなんだようなと思っていたら、全然違いました。

この作品は第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞したそうですが、その時のタイトルは『チーム・バチスタの崩壊』。

うん、絶対こっちの正しいタイトルだし、タイトルとのギャップがないと思います。

でも、「チーム・バチスタの栄光」ってどんな栄光だろう!?って途中までワクワクしながら読んだ僕は、途中から「あれ?なんか展開が違くない?」と気づきながらも、すっかり騙されるとともに、話の面白さに引き込まれてしまいました。

ということで「チーム・バチスタの栄光」は素晴らしいタイトルだと思います。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
白夜行
東野 圭吾
犯罪・ミステリー
皇帝のかぎ煙草入れ
ジョン・ディクスン・カー
ミステリー・推理
フランスの避暑地に暮らす若い女性イヴは、婚約者トビイの父サー・モーリス殺害の容疑をかけられる。犯行時には現場に面した自宅の寝室にいた彼女だが、そこに前夫が忍びこんでいたせいで無実を主張できない。完璧な
ゼロの焦点
松本 清張
ミステリー・夫婦・推理
前任地での仕事の引継ぎに行って来るといったまま新婚一週間で失踪した夫、鵜原憲一のゆくえを求めて北陸の灰色の空の下を尋ね歩く禎子。ようやく手がかりを掴んだ時、“自殺”として処理されていた夫の姓は曾根であ
キャッツアイころがった
黒川 博行
ミステリー・事件
滋賀、京都、大阪。全く別々の場所で発見された三人の男たちの死体は、なぜ同じようにキャッツアイを呑みこんでいたのか。キャッツアイを共通点に、連続殺人事件と断定されたが、被害者同士の関係もつかめず捜査は難
エクソダス症候群
宮内 悠介
医療・宇宙
驚異の新鋭が放つ、初の書下し長編舞台は火星開拓地、テーマは精神医療史。 すべての精神疾患が管理下に置かれた近未来、それでも人々は死を求めた――10棟からなるその病院は、火星の丘の斜面に、カバラの“生命
鹿の王
上橋 菜穂子
ファンタジー・歴史・時代・医療
無痛
久坂部 羊
医療・サスペンス
見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、「痛み」の感覚をまったく持たない男、別れた妻を執拗に追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した 十四歳少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条――
破裂(上)
久坂部 羊
医療・社会
過失による患者の死に平然とする医師たちに怒りがたぎる元新聞記者・松野。心臓外科教授の椅子だけを目指すエリート助教授・香村。「手術の失敗で父は死んだ」と香村を訴える美貌の人妻・枝利子。医療の国家統制を目
この著者の他の本
カレイドスコープの箱庭
久坂部 羊
ミステリー・医療
チーム・バチスタの栄光
久坂部 羊
ミステリー・医療
東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ
救命―東日本大震災、医師たちの奮闘―
久坂部 羊
社会・生き方
医療が壊れたら、人はいなくなる。医療があれば、立ち上がれる……空前の災害がもたらした極限状態の中で闘い続けた九人の医師たち。救出を待つ不安の一夜、過酷な避難所での活動、困難を極める検視、そして原発事故
平均点ランキング