レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
チーム・バチスタの栄光
海堂 尊
宝島社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった……。 (バチスタ手術とは) バチスタ手術は、学術的な正式名称を「左心室縮小形成術」という。一般的には、正式名称より創始者R・バチスタ博士の名を冠した俗称の方が通りがよい。拡張型心筋症に対する手術術式である。肥大した心臓を切り取り小さく作り直すという、単純な発想による大胆な手術。
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
85
最高
85
最低
85
合計レビュー
1人
男性1人 平均85点
おすすめ
1
おすすめしない
0
85点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
23点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
5点 ★★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
14点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
16点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
先を読まずにいられない
読む価値のある作品
良い読後感を味わえる
病院の話くらいしか内容を知らずに読んだので、タイトルからヒューマンドラマ的なストーリーなんだようなと思っていたら、全然違いました。

この作品は第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞したそうですが、その時のタイトルは『チーム・バチスタの崩壊』。

うん、絶対こっちの正しいタイトルだし、タイトルとのギャップがないと思います。

でも、「チーム・バチスタの栄光」ってどんな栄光だろう!?って途中までワクワクしながら読んだ僕は、途中から「あれ?なんか展開が違くない?」と気づきながらも、すっかり騙されるとともに、話の面白さに引き込まれてしまいました。

ということで「チーム・バチスタの栄光」は素晴らしいタイトルだと思います。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
ミツハの一族
乾 ルカ
幽霊・化け物・ミステリー
「約束しよう。君の苦しみは、僕がいつか必ず取り除く」大正時代の北海道を舞台にした著者渾身のミステリ。未練を残して死んだ者は鬼となり、井戸の水を赤く濁す。そのままでは水源は涸れ、村は滅んでしまう。鬼とな
暗い落日
結城 昌治
ハードボイルド・探偵・ミステリー
私立探偵の真木は、実業家・磯村の依頼を受けて、十九歳の劇団研究生・乃里子の行方を捜し始めた。調査が進むに従って、バーの女、ボーイフレンドの父と関係者が相次いで殺され、一族の暗く重い過去が真木の前に現れ
九マイルは遠すぎる
ハリイ・ケメルマン
ミステリー・推理
9マイルは遠すぎる アームチェア・ディテクティブ・ストーリーの定番。 ニッキィ・ウェルト教授は『九マイルは遠すぎる、まして雨の中ともあれば』と言う言葉を耳にし、この言葉を頼りに前日起きた殺人事件
殺人鬼フジコの衝動
真梨 幸子
ミステリー・ホラー・怪談・犯罪
一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして、新たな人生を歩み始めた十歳の少女。だが、彼女の人生はいつしか狂い始めた。またひとり、彼女は人を殺す。何が少女を伝説の殺人鬼・フジコにしてしまったのか? あとが
いつか、あなたも
久坂部 羊
医療・病気
在宅医療専門クリニック看護師のわたし(中嶋享子)と新米医師の三沢、クリニック院長の一ノ瀬らが様々な患者本人と家族、病とその終焉、そして安楽死の問題にも向き合う。「綿をつめる」膵臓がん患者の60代女性が
心室細動
結城 五郎
ミステリー・医療
黒い春
山田 宗樹
パニック・医療
監察医務院の遺体から未知の黒色胞子が発見された。そして一年後、口から黒い粉を撒き散らしながら絶命する黒手病の犠牲者が全国各地で続出。ついに人類の命運を賭けた闘いが始まった--。
ロスト・ケア
葉真中 顕
現代・医療
戦後犯罪史に残る凶悪犯に降された死刑判決。その報を知ったとき、正義を信じる検察官・大友の耳の奧に響く痛ましい叫び――悔い改めろ! 介護現場に溢れる悲鳴、社会システムがもたらす歪み、善悪の意味……。現代
この著者の他の本
カレイドスコープの箱庭
葉真中 顕
ミステリー・医療
救命―東日本大震災、医師たちの奮闘―
葉真中 顕
社会・生き方
医療が壊れたら、人はいなくなる。医療があれば、立ち上がれる……空前の災害がもたらした極限状態の中で闘い続けた九人の医師たち。救出を待つ不安の一夜、過酷な避難所での活動、困難を極める検視、そして原発事故
チーム・バチスタの栄光
葉真中 顕
ミステリー・医療
東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ
平均点ランキング