レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
abさんご
黒田 夏子
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
「途方もないものを読ませていただいた」──蓮實重彦・東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞した本作は、75歳の著者デビュー作。昭和の知的な家庭に生まれたひとりの幼子が成長し、両親を見送るまでの美しくしなやかな物語である。半世紀以上ひたむきに文学と向き合い、全文横書き、「固有名詞」や「かぎかっこ」「カタカナ」を一切使わない、日本語の限界に挑む超実験小説を完成させた。第148回芥川賞受賞作。小説集『abさんご』より表題作のみ収録。
ウィキペディアであらすじを見る
帯情報
史上最高齢75歳
第148回
芥川賞受賞作

蓮實重彦(東京大学元総長)
「誰もが親しんでいる書き方とはいくぶん異なっているというだけの理由でこれを読まずにすごせば、人は生きていることの意味の大半を見失いかねない」
(第24回早稲田文学新人賞選評より)

川上未映子(作家・第138回芥川賞受賞)
「人はきっと、この匂い、この色、この感触のするところからやってきて、そして戻ってゆくのだ」
(共同通信「川上未映子の読書爆発」より)
amazonでの読者の評価
最低
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
肉小説集
坂木 司
料理・家族
我が家のヒミツ
奥田 英朗
家族・人生
家の中には秘密(ドラマ)がいっぱい どこにでもいる普通の家族の、ささやかで愛おしい物語6編
かなわない
植本 一子
エッセイ・家族・子育て
育児日記『働けECD』から5年。写真家・植本一子が書かずにはいられなかった、結婚、家族、母、苦悩、愛。すべての期待を裏切る一大叙情詩。2014年に著者が自費出版した同名冊子を中心に、『働けECD~わた
九年前の祈り
小野 正嗣
家族・現代
演歌の虫
山口 洋子
人間・人生
演歌歌手を育てて世に出すことに情熱を燃やすレコード会社のディレクターの夢と挫折を、冷めているようで暖かい女性作詞家の眼で描く「演歌の虫」、毎日美しく髪を結っては旦那が訪ねて来るのを待ち続ける老芸妓の心
人間小唄
町田 康
人生・パニック
小角が書き送った短歌を自分の文章に無断で引用した作家・糺田両奴。国民の無意識に影響を及ぼして駄目にする奴の文学を根底から破壊する! こちらの世界に拉致してきた糺田に課した難題は、「一、短歌を作る。二、
ブッデンブローク家の人びと
トーマス・マン
家族・人生
「ある家族の没落」という副題が示すようにドイツの一ブルジョア家庭の変遷を四代にわたって描く。初代当主は一八世紀啓蒙思想に鍛えられた実業家である。代を追うにつれこの家庭を、精神的・芸術的なものが支配し、
死にたくなったら電話して
李 龍徳
現代・人生
「死にたくなったら電話してください。いつでも」空っぽの日々を生きてきた男は、女が語る悪意に溺れていく。破滅の至福へと扇動される衝撃作。全選考員が絶賛した、第51回文藝賞授賞作。
この著者の他の本
abさんご
李 龍徳
家族・人生
「途方もないものを読ませていただいた」──蓮實重彦・東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞した本作は、75歳の著者デビュー作。昭和の知的な家庭に生まれたひとりの幼子が成長し、両親を見送るまでの
平均点ランキング