Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 冥土めぐり (鹿島田 真希)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
冥土めぐり
鹿島田 真希
河出書房新社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
普通
受賞歴
芥川賞受賞
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本

三浦 しをん
家族・恋愛・愛
島で暮らす中学生の信之は、同級生の美花と付き合っている。ある日、島を大災害が襲い、信之と美花、幼なじみの輔、そして数人の大人だけが生き残る。島での最後の夜、信之は美花を守るため、ある罪を犯し、それは二
有頂天家族 二代目の帰朝
森見 登美彦
ファンタジー・家族
幸福な食卓
瀬尾 まいこ
家族・人生・恋愛・愛
父さんが自殺を失敗したときも、母さんが家を出たときも、朝は普通にやってきた。そして、その悲しい出来事のあとも...。泣きたくなるのはなぜだろう?優しすぎるストーリー。
ようこそ、わが家へ
池井戸 潤
サスペンス・家族
恐怖のゲームがはじまった。真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。花壇は踏み荒らされ、郵便ポ
罪の余白
芦沢 央
親子・死・自殺
アニバーサリー
窪 美澄
親子・女性
七十代にして現役、マタニティスイミング教師の晶子。家族愛から遠ざかって育ち、望まぬ子を宿したカメラマンの真菜。全く違う人生が震災の夜に交差したなら、それは二人の記念日になる。食べる、働く、育てる、生き
朝が来る
辻村 深月
家族・親子・ミステリー
親子3人で平和に暮らす栗原家に突然かかってきた、いたずら電話。電話口の女の声は、「子どもを返してほしい」と告げた――。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描い
私の男
桜庭 一樹
恋愛・愛・親子
私は腐野花(くさりの・はな)。着慣れない安いスーツを身に纏ってもどこか優雅で惨めで、落ちぶれた貴族のようなこの男の名は淳悟(じゅんご)。私の男、そして私の養父だ。突然、孤児となった十歳の私を、二十五歳
この著者の他の本
冥土めぐり
桜庭 一樹
家族・親子
平均点ランキング