Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 号泣する準備はできていた (江國 香織)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
号泣する準備はできていた
江國 香織
新潮社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
悪い
受賞歴
直木賞受賞
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
赤朽葉家の伝説
桜庭 一樹
ミステリー・女性
鍵のない夢を見る
辻村 深月
女性・人生・事件
望むことは、罪ですか? 誰もが顔見知りの小さな町で盗みを繰り返す友達のお母さん、結婚をせっつく田舎体質にうんざりしている女の周囲で続くボヤ、出会い系サイトで知り合ったDV男との逃避行──。普通の町に生
笹の舟で海をわたる
角田 光代
人生・女性・歴史・時代
『本の雑誌』が選ぶ 2014年ベスト10(ノンジャンル)の第1位 獲得! ! 終戦から10年、主人公・左織(さおり)は22歳の時、銀座で女に声をかけられる。風美子(ふみこ)と名乗る女は、左織と疎開先が
あの家に暮らす四人の女
三浦 しをん
女性・生活
謎の老人の活躍としくじり。ストーカー男の闖入。いつしか重なりあう、生者と死者の声―古びた洋館に住む女四人の日常は、今日も豊かでかしましい。谷崎潤一郎メモリアル特別小説作品。ざんねんな女たちの、現代版『
虞美人草
夏目 漱石
人間・人生
漱石における悲劇の誕生というべき画期的な作品。「生か死か」という第一主義の道にこそ人間の真の生き方があるという漱石独自のセオリーは、以後の漱石文学の方向である。明治40年、40歳の漱石は一切の教職を辞
愛の領分
藤田 宜永
恋愛・愛・人間
妻に先立たれ、一人息子を育てながら静かに仕立て屋を営む中年の男。28年ぶりに突然現れた、かつての親友。その妻で、むかし男が恋焦がれた女。そして35年ぶりに訪れた故郷で出会い、男が年齢差を超えて魅かれる
1Q84
村上 春樹
不思議・人間
絶唱
湊 かなえ
人間・災害
この著者の他の本
間宮兄弟
湊 かなえ
恋愛・愛・兄弟・姉妹・人生
だって間宮兄弟を見てごらんよ。 いまだに一緒に遊んでるじゃん。 "そもそも範疇外、ありえない"男たちをめぐる、恋愛小説
流しのしたの骨
湊 かなえ
家族・人間
いまはなにもしていず、夜の散歩が習慣の19歳の私こと子、おっとりとして頑固な長姉そよちゃん、妙ちきりんで優しい次姉しま子ちゃん、笑顔が健やかで一番平らかな‘小さな弟’律の四人姉弟と、詩人で生活に様々な
号泣する準備はできていた
湊 かなえ
女性・人間
平均点ランキング