レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
愛の領分
藤田 宜永
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
妻に先立たれ、一人息子を育てながら静かに仕立て屋を営む中年の男。28年ぶりに突然現れた、かつての親友。その妻で、むかし男が恋焦がれた女。そして35年ぶりに訪れた故郷で出会い、男が年齢差を超えて魅かれる絵描きの女。度重なる再会が、互いのあやうい過去を明らかにしていく。許したいけど許せない、忘れたくても忘れられないことが4人には多すぎた……。大人の男女の愛憎、心の陰影を妖しく描いた直木賞受賞作。母親への想いを綴った、自伝エッセイも収録。
amazonでの読者の評価
普通
受賞歴
直木賞受賞
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
切羽へ
井上 荒野
恋愛・愛・夫婦
恋文
連城 三紀彦
恋愛・愛・人間

小池 真理子
恋愛・愛・性愛・官能
小説 言の葉の庭
新海 誠
恋愛・愛・現代
人質の朗読会
小川 洋子
人間・死・自殺・人生
遠く隔絶された場所から、彼らの声は届いた――紙をめくる音、咳払い、慎み深い拍手で朗読会が始まる。祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは、人質たちと見張り役の犯人、そして……。人生のささやかな一場面が鮮
海の廃園
山田 克郎
自然・人間
博士の愛した数式
小川 洋子
人生・人間
ハヅキさんのこと
川上 弘美
恋愛・愛・人間
かりん、という琺瑯の響き。温泉につかったあと、すっぴん風に描く眉。立ち飲みで味わう「今日のサービス珈琲」。四十八歳、既婚者で「中途半端」な私が夢中になった深い愛―さりげない日常、男と女の心のふれあいや
この著者の他の本
喝采
川上 弘美
ミステリー・ハードボイルド
愛の領分
川上 弘美
恋愛・愛・人間
妻に先立たれ、一人息子を育てながら静かに仕立て屋を営む中年の男。28年ぶりに突然現れた、かつての親友。その妻で、むかし男が恋焦がれた女。そして35年ぶりに訪れた故郷で出会い、男が年齢差を超えて魅かれる
平均点ランキング