Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 家族シアター (辻村 深月)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
家族シアター
辻村 深月
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
87
最高
87
最低
87
合計レビュー
1人
男性1人 平均87点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
87点
★★★★★★★★★★
総合評価
19点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
26点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
絶対読んだ方が良い
心に深い足跡を残してくれる
心が温かくなる
姉妹、姉弟、母娘、父息子、孫祖父、家族をめぐる様々な心温まる短編集。ミステリー作家らしく、家族間でも謎の部分があり、それぞれがあることがきっかけけお互いへの思いが解明され繋がっていく体裁。どのお話も「ホロっときてあったまる」そんなお話ばかり、家族は選んでなれるものではないのだが、やっぱり家族はいいなぁと思わせてくれます。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
イントゥルーダー
高嶋 哲夫
ミステリー・家族
総理の夫
原田 マハ
経済・政治・家族
あなたの明かりが消えること
柴崎 竜人
家族・夫婦・群像劇
at Home
本多 孝好
家族・ドラマ
母は結婚詐欺師、父は窃盗犯。傍から見ればいびつに見える家族も、実は一つの絆でつながっている。ある日、詐欺を目論んだ母親が誘拐され、身代金を要求された。父親と僕は母親奪還に動き出すが……。
ビタミンF
重松 清
人生・家族
カシオペアの丘で
重松 清
人生・病気・死・自殺
センセイの鞄
川上 弘美
恋愛・愛・人生
川上弘美といえば、生き物とモノ、時間と空間などさまざまなものの境目が溶け、混じり合うような、エロチックで不思議な世界を描いた作品が特徴的だ。 本書では、日常を静かに淡々と過ごしていた2人がゆっくりと近
僕は、そして僕たちはどう生きるか
梨木 香歩
子供・人生
この著者の他の本
光待つ場所へ
梨木 香歩
青春・人生・人間
大学二年の春。清水あやめには自信があった。世界を見るには感性という武器がいる。自分にはそれがある。最初の課題で描いた燃えるような桜並木も自分以上に表現できる学生はいないと思っていた。彼の作品を見るまで
家族シアター
梨木 香歩
家族・人生
島はぼくらと
梨木 香歩
青春・人間
本日は大安なり
梨木 香歩
現代・家族
平均点ランキング