Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 鉄道員 (浅田 次郎)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
鉄道員
浅田 次郎
集英社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
良い
受賞歴
直木賞受賞
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
幸福な食卓
瀬尾 まいこ
家族・人生・恋愛・愛
父さんが自殺を失敗したときも、母さんが家を出たときも、朝は普通にやってきた。そして、その悲しい出来事のあとも...。泣きたくなるのはなぜだろう?優しすぎるストーリー。
センセイの鞄
川上 弘美
恋愛・愛・人生
川上弘美といえば、生き物とモノ、時間と空間などさまざまなものの境目が溶け、混じり合うような、エロチックで不思議な世界を描いた作品が特徴的だ。 本書では、日常を静かに淡々と過ごしていた2人がゆっくりと近
夢を売る男
百田 尚樹
人生・お金
プラトニック・プラネッツ
雪舟 えま
女性・人生・ファンタジー
近未来/パラレルワールドの地球を舞台に、一人の女性が自分の夢を見定め一歩踏み出していく成長物語。大事な人との別れ、自らの夢、働くこと……すべての生きとし生けるものに対する人生賛歌。この世界で生きていく
和解
志賀 直哉
親子・家族
ようこそ、わが家へ
池井戸 潤
サスペンス・家族
恐怖のゲームがはじまった。真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。花壇は踏み荒らされ、郵便ポ
ブッデンブローク家の人びと
トーマス・マン
家族・人生
「ある家族の没落」という副題が示すようにドイツの一ブルジョア家庭の変遷を四代にわたって描く。初代当主は一八世紀啓蒙思想に鍛えられた実業家である。代を追うにつれこの家庭を、精神的・芸術的なものが支配し、
スクラップ・アンド・ビルド
羽田 圭介
家族・人生
「早う死にたか」毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、ともに暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。日々の筋トレ、転職活動。肉体も生活も再構築中の青年の心の内は、衰えゆく生の隣で次第に変化し
この著者の他の本
日本の「運命」について語ろう
羽田 圭介
思想・評論・社会
王妃の館 上
羽田 圭介
コメディー・ユーモア・お仕事
プリズンホテル 1 夏
羽田 圭介
ヤクザ・お仕事
極道小説で売れっ子になった木戸孝之介の身内で、ヤクザの大親分の仲蔵が、温泉リゾートホテルのオーナーになった。招待された孝之介は驚いた。なんとそのホテルは任侠団体専用だったのだ。人はそれを「プリズンホテ
椿山課長の七日間
羽田 圭介
幽霊・化け物・人生
平均点ランキング