Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 狼奉行 (高橋 義夫)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
狼奉行
高橋 義夫
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
良い
受賞歴
直木賞受賞
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
札差の用心棒 蔵闇師 飄六(一)<蔵闇師 飄六>
藤堂 房良
歴史・時代・ハードボイルド
父の死を契機に瓢六は実家の札差・簑島屋の店付き護衛『蔵闇師』として働き始めた。ある日、瓢六の弟・簑島屋伊兵衛の息子が誘拐され身代金を払い取り戻す事件が起きた。瓢六は誘拐犯を捕まえようと動きだすが……。
物書同心居眠り紋蔵
佐藤 雅美
歴史・時代・ドラマ
南町奉行所で内勤30年。勤務中でも居眠りをする奇病を持つ藤木紋蔵。だが、奇病ゆえ、人生の真実が見える時がある。義父が下女に手を出し、妊娠させる騒動が起きた。義母は「男は穢らわしい」とご立腹だ。人間の欲
小伝抄
星川 清司
恋愛・愛・歴史・時代
生きる
乙川 優三郎
歴史・時代・人間
abさんご
黒田 夏子
家族・人生
灯台へ
ヴァージニア・ウルフ
人生・人間
ブルース
桜木 紫乃
女性・人生
外道を生きる孤独な男か、それとも女たちの「夢の男」か――釧路ノワールの傑作、誕生。没落した社長夫人が新聞の社告の欄に見た訃報、それはかつて焦がれた六本指の少年のものだった。深い霧たちこめる北の街の「崖
ドールハウス
姫野 カオルコ
親子・人生・恋愛・愛
常軌を逸した強権の父と、身を飾ることを狂気じみて嫌悪する母。一人娘の理加子は29歳になっても「不良になるから」と、髪をのばすことも、気ままに電話することも禁止されている。そんな理加子の前に、仲のよい家
この著者の他の本
東慶寺花だより
姫野 カオルコ
歴史・時代・女性・人生
井上ひさしが十年をかけて紡いだ、感動の遺作! 江戸時代、女たちが不幸な結婚から逃れるための「駆け込み寺」であった鎌倉の東慶寺。その門前に建つ御用宿の居候で、戯作者志望の青年の目を通し、救いを求めて寺に
ミツハの一族
姫野 カオルコ
幽霊・化け物・ミステリー
「約束しよう。君の苦しみは、僕がいつか必ず取り除く」大正時代の北海道を舞台にした著者渾身のミステリ。未練を残して死んだ者は鬼となり、井戸の水を赤く濁す。そのままでは水源は涸れ、村は滅んでしまう。鬼とな
岡山女
姫野 カオルコ
ホラー・怪談・幽霊・化け物
左目が疼く――。また、どこかで死霊が騒いどるんか。妾として囲われていた男に日本刀で切り付けられ、左目と美しい容貌を失ったタミエ。代償に手に入れたのは、暗い眼窩に映る禍々しい死者の影だった。やがて「岡山
救命―東日本大震災、医師たちの奮闘―
姫野 カオルコ
社会・生き方
医療が壊れたら、人はいなくなる。医療があれば、立ち上がれる……空前の災害がもたらした極限状態の中で闘い続けた九人の医師たち。救出を待つ不安の一夜、過酷な避難所での活動、困難を極める検視、そして原発事故
平均点ランキング