Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 なぎさ (山本 文緒)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
なぎさ
山本 文緒
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
良い
良本生活での感想・レビュー
平均
79
最高
79
最低
79
合計レビュー
1人
男性1人 平均79点
おすすめ
1
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
79点
★★★★★★★★★★
総合評価
15点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
12点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
24点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
4点 ★★★★
生き方のヒントになる
良い読後感を味わえる
元気がもらえる
海を感じる町神奈川県・久里浜にオープンした「なぎさカフェ」を舞台に関わる姉妹、夫婦やその友人たちが、それぞれの抱えていた故郷や家族とのコンプレックスを見つめ直しながら未来を探していく。自分の意思で動いているようでも大きな流れには逆らえない、ただその中で少し自分の気持ちを前に向かせて舵を切っていく、それが生きていくってことなんだとほのぼのと感じられ、また近くにいる人ほど、一番分かっていくようだけど分かっていない、ちゃんとお互い確認しながら生きていくのが大事なだと思わせくれました。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
東京難民
福澤 徹三
生活・人生
時枝修(ときえだおさむ)は、東京郊外にある私立大学の三年生。夏休み明けにクラス担任から告げられたのは、学費未納で除籍になるという寝耳に水の事実だった。北九州の実家では、借金を抱えた両親が失踪(しっそう
センセイの鞄
川上 弘美
恋愛・愛・人生
川上弘美といえば、生き物とモノ、時間と空間などさまざまなものの境目が溶け、混じり合うような、エロチックで不思議な世界を描いた作品が特徴的だ。 本書では、日常を静かに淡々と過ごしていた2人がゆっくりと近
高円寺純情商店街
ねじめ 正一
人生・人間
受け取られた方が不快に思われるような、傷みのひどい本、見苦しい本などは扱っておりません。本ピンは表紙裏折り返し部に折れ跡。微細な変色部がありますが、あとは目立つような傷・汚れもなく、よい状態です。気持
映画篇
金城 一紀
人間・人生
残花繚乱
岡部 えつ
恋愛・愛・現代
複雑に絡み合う男女の愛の行方。西田りかは会社の常務の柏木荘太と不倫の関係だ。荘太の妻・美津子はその事実を掴み、荘太を兄と慕う圭一をりかにあてがおうとする。圭一は美津子を密かに想っているのだが……。他に
袋小路の男
絲山 秋子
恋愛・愛・現代
高校の先輩、小田切孝に出会ったその時から、大谷日向子の思いは募っていった。大学に進学して、社会人になっても、指さえ触れることもなく、ただ思い続けた12年。それでも日向子の気持ちが、離れることはなかった
ハケンアニメ!
辻村 深月
お仕事・現代
ワンダフル・ワールド
村山 由佳
恋愛・愛・現代
かつての恋人との再会で芽生えた新たな感情、「愛人」という言葉では割り切れない関係、久しぶりの恋を捨てても守りたいもの――普通の恋愛とは呼べない。でも混じり気ない愛情と絶対的な安心感を与えてくれる存在を
この著者の他の本
なぎさ
村山 由佳
人生・現代
絶対泣かない
村山 由佳
人生・現代
あなたの夢はなんですか? いまの仕事に満足してますか? 仕事に誇り、もってますか? お金のためでもあるけれど、お金以外のためにも、ひとは働く。職場におこるさまざまな人間関係とハプニング、プライドにもま
プラナリア
村山 由佳
女性・人生
「何もかもが面倒くさかった。生きていること自体が面倒くさかったが、自分で死ぬのも面倒くさかった。だったら、もう病院なんか行かずに、がん再発で死ねばいいんじゃないかなとも思うが、正直言ってそれが一番恐か
平均点ランキング