レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
卒業
東野 圭吾
講談社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
69
最高
69
最低
69
合計レビュー
1人
女性1人 平均69点
おすすめ
0
おすすめしない
0
沙樹
20代
女性
卒業
東野 圭吾
69点
放課後
東野 圭吾
72点
69点
★★★★★★★★★★
総合評価
14点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
10点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
21点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
15点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
先を読まずにいられない
とにかくかっこいい主人公
加賀シリーズの第1作。刑事のイメージが強いが、本作品ではまだ大学生。友人の死は、自殺か、他殺か。巧妙なトリックは、何度か読み直さないと理解しづらい。その分、読みごたえはある。
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
花咲小路四丁目の聖人
小路 幸也
ミステリー・事件
舞台は花咲小路商店街。英語塾を営む亜弥の父は日本に帰化したイギリス人で、既に隠居の身だが、その実、若い頃は美術品を中心とする泥棒として名を馳せていた人物。商店街で起こる事件をその手腕で解決していく。楽
侵入者 自称小説家
折原 一
ミステリー・推理
北区十条で起きた一家四人殺害事件。半年以上経っても解決のめどが立たず、迷宮入りが囁かれる中、“自称小説家”の塚田慎也は遺族から奇妙な依頼を受ける。「この事件を調査してくれないか」――。以前、未解決の資
生還者
下村 敦史
ミステリー・自然
カンチェンジュンガで大規模な雪崩が発生、4年前に登山をやめたはずの兄が34歳の若さで命を落とした。同じ山岳部出身の増田直志は、兄の遺品のザイルが何者かによって切断されていたことに気付く。兄は事故死では
七回死んだ男
西澤 保彦
SF・ミステリー
同一人物が連続死! 恐るべき殺人の環。殺されるたび甦り、また殺される祖父を救おうと謎に挑む少年探偵。どうしても殺人が防げない!? 不思議な時間の「反復落し穴」で、甦る度に、また殺されてしまう、渕上零治
仮面山荘殺人事件
東野 圭吾
ミステリー・推理
「このミス」1位『容疑者Xの献身』と並ぶ本格ミステリーの傑作 スカッとだまされてみませんか
黒い白鳥 鬼貫警部シリーズ
鮎川 哲也
ミステリー・推理・警察
第13回日本探偵作家クラブ賞受賞作6月2日早暁、久喜駅近くの線路沿いで男の射殺屍体が発見された。列車の屋根に乗ってそこまで運ばれた男は、労使抗争に揺れる東和紡績の西ノ幡豪輔社長と判明。敗色濃厚な組合側
ミスター・ホームズ 名探偵最後の事件
ミッチ・カリン
探偵・推理
引退後、サセックス・ダウンズで養蜂を営むホームズは、養蜂場で助手の少年が死亡しているのを見つける。手記、日本での過去、イギリスでの現在……3つの事件からホームズの知られざる過去と苦悩を描く。
最後のトリック
深水 黎一郎
ミステリー・推理
「読者が犯人」というミステリー界最後の不可能トリックのアイディアを、二億円で買ってほしい―スランプ中の作家のもとに、香坂誠一なる人物から届いた謎の手紙。不信感を拭えない作家に男は、これは「命と引き換え
この著者の他の本
禁断の魔術
深水 黎一郎
ミステリー・推理
マスカレード・ホテル
深水 黎一郎
ミステリー・警察
都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京ということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就く
歪笑小説
深水 黎一郎
本・読書・お仕事
歪笑小説 (集英社文庫) [文庫] [Jan 20, 2012] 東野 圭吾
虚ろな十字架
深水 黎一郎
ミステリー・犯罪
別れた妻が殺された。もし、あのとき離婚していなければ、私はまた遺族になるところだった。東野圭吾にしか書けない圧倒的な密度と、深い思索に裏付けられた予想もつかない展開。私たちはまた、答えの出ない問いに立
平均点ランキング