レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
さよなら、ニルヴァーナ
窪 美澄
文藝春秋
ジャンル
あらすじ・内容紹介
帯情報
私の運命の人は、十四歳で少女を殺した少年Aでした。

少年犯罪の加害者、被害者遺族、加害者を崇拝する少女、そしてその環の外にたつ女性作家。
運命に抗えない人間たちの因果を描く、慟哭の物語!
amazonでの読者の感想
・少年犯罪
amazonでの読者の評価
悪い
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
氷点
三浦 綾子
犯罪・家族
北海道旭川市を舞台に人間の「原罪」をテーマにした著者のデビュー作であり、代表作。ある夏、北海道旭川市郊外の見本林で3歳の女児が殺される。父親、辻口病院院長の啓造は出張中、母親の夏枝は眼科医の村井の訪問
暗いところで待ち合わせ
乙一
ミステリー・犯罪
紙の月
角田 光代
お金・犯罪
殺人鬼フジコの衝動
真梨 幸子
ミステリー・ホラー・怪談・犯罪
一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして、新たな人生を歩み始めた十歳の少女。だが、彼女の人生はいつしか狂い始めた。またひとり、彼女は人を殺す。何が少女を伝説の殺人鬼・フジコにしてしまったのか? あとが
重力ピエロ
伊坂 幸太郎
家族・事件
クリーピー
前川 裕
事件・ミステリー
大学で犯罪心理学を教える高倉(たかくら)は、妻と二人、一戸建てに暮らす。ある日、刑事・野上(のがみ)から一家失踪事件の分析を依頼されたのを契機として、周囲で事件が頻発する。野上の失踪、学生同士のトラブ
学校の青空
角田 光代
学校・少年・少女・事件
退屈な日常とおきまりの未来の間で過熱していく少女たち…。彼女たちの"独創的な暴力"に迫る、「放課後のフランケンシュタイン」ほか、女の子たちのさまざまなスクール・デイズをラジカル&クールに描く、各紙誌絶
人形式モナリザ Shape of Things Human Vシリーズ
森 博嗣
ミステリー・事件
衆人環視の中ステージ上で謎の死。乙女文楽演者の死と2年前の悪魔を崇拝する青年の死に関連は? 蓼科に建つ私設博物館「人形の館」に常設されたステージで衆人環視の中、「乙女文楽」演者が謎の死を遂げた。2年前
この著者の他の本
晴天の迷いクジラ
森 博嗣
人生・死・自殺
やっと気づいた。ただ「死ぬなよ」って、それだけ言えばよかったんだ――。心療内科の薬が手放せない青年、倒産しそうなデザイン会社の孤独な女社長、親の過干渉に苦しむ引きこもり少女。壊れかけた三人が転がるよう
さよなら、ニルヴァーナ
森 博嗣
犯罪・事件
アニバーサリー
森 博嗣
親子・女性
七十代にして現役、マタニティスイミング教師の晶子。家族愛から遠ざかって育ち、望まぬ子を宿したカメラマンの真菜。全く違う人生が震災の夜に交差したなら、それは二人の記念日になる。食べる、働く、育てる、生き
ふがいない僕は空を見た
森 博嗣
恋愛・愛・性
平均点ランキング