Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 一路 (浅田 次郎)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
一路
浅田 次郎
中央公論新社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
ウィキペディアであらすじを見る
帯情報
いざ、江戸見参の道中へ──。

小野寺一路、十九歳。
父の不慮の死を受け、御供頭を継いだ若者は、家伝の「行軍録」を唯一の手がかりに、江戸への参勤行列を差配する。


江戸参勤は実に行軍である。

之の和田峠越え、御殿様の急な病、行列のなかで進む御家乗っ取りの企み。
着到遅れの危機せまるなか、一行は江戸まで歩みきることができるのか。


参勤行列に後戻りする道はない

とにかく泣ける!

この御殿様つうけか切れ者か

ひたすら笑える!
amazonでの読者の感想
・泣ける
・笑える!
amazonでの読者の評価
良い
メディアミックス
ドラマ化
良本生活での感想・レビュー
平均
72
最高
72
最低
72
合計レビュー
1人
男性1人 平均72点
おすすめ
0
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
72点
★★★★★★★★★★
総合評価
13点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
21点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
3点 ★★★★★
本の仕様
16点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
5点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
元気がもらえる
心が温かくなる
NHKのTVドラマにもなっていておもしろそうだったので読んでみた。この作者にしては少し期待外れ。登場人物は魅力的なのですが、ストーリーが今一つなのと、結末までが長く引っ張る割にあっさりしていたように感じました。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
等伯
安部 龍太郎
歴史・時代・芸術・美術
都に出て本物の絵師になる――武家から養家に出された能登の絵仏師・長谷川信春の強い想いが、戦国の世にあって次々と悲劇を呼ぶ。身近な者の死、戦乱の殺戮……それでも真実を見るのが絵師。その焦熱の道はどこへ。
終戦のローレライ
福井 晴敏
戦争・歴史・時代
昭和20年、日本が滅亡に瀕していた夏。崩壊したナチスドイツからもたらされた戦利潜水艦・伊507が、男たちの、国家の運命をねじ曲げてゆく。五島列島沖に沈む特殊兵器・ローレライとはなにか。終戦という歴史の
白樫の樹の下で
青山 文平
歴史・時代・ミステリー・青春
江戸幕府が開かれて180年たった、天明期、最下級の御家人で小普請組の3人の幼馴染が活躍。当時は竹刀剣法花盛りの中で、彼らはいまだ木刀を使う古風な道場に通っている。ある日、江戸城内で田沼意知を切った刀を
土方歳三 上
富樫 倫太郎
歴史・時代・青春
abさんご
黒田 夏子
家族・人生
「途方もないものを読ませていただいた」──蓮實重彦・東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞した本作は、75歳の著者デビュー作。昭和の知的な家庭に生まれたひとりの幼子が成長し、両親を見送るまでの
共喰い
田中 慎弥
性愛・官能・家族
一つ年上の幼馴染、千種と付き合う十七歳の遠馬は、父と父の女の琴子と暮らしていた。セックスのときに琴子を殴る父と自分は違うと、自らに言い聞かせる遠馬だったが、やがて内から沸きあがる衝動に戸惑いつつも、次
長いお別れ
中島 京子
家族・病気
帰り道は忘れても、難読漢字はすらすらわかる。妻の名前を言えなくても、顔を見れば、安心しきった顔をする――。東家の大黒柱、東昇平はかつて区立中学の校長や公立図書館の館長をつとめたが、十年ほど前から認知症
理由
宮部 みゆき
ミステリー・家族
この著者の他の本
王妃の館 上
宮部 みゆき
コメディー・ユーモア・お仕事
パリはヴォージュ広場の片隅にたたずむ、ルイ十四世が寵姫のために建てたという「王妃の館」。今は、一見の客は決して泊めない、パリ随一の敷居の高さを誇る超高級ホテルとなっているこのシャトーに、なぜか二組のワ
プリズンホテル 1 夏
宮部 みゆき
ヤクザ・お仕事
極道小説で売れっ子になった木戸孝之介の身内で、ヤクザの大親分の仲蔵が、温泉リゾートホテルのオーナーになった。招待された孝之介は驚いた。なんとそのホテルは任侠団体専用だったのだ。人はそれを「プリズンホテ
一路
宮部 みゆき
歴史・時代・家族
椿山課長の七日間
宮部 みゆき
幽霊・化け物・人生
平均点ランキング