レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
掏摸 (スリ)
中村 文則
河出書房新社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
66
最高
66
最低
66
合計レビュー
1人
男性1人 平均66点
おすすめ
0
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
66点
★★★★★★★★★★
総合評価
14点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
11点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
18点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
2点 ★★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
2点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
絶対に会いたくない悪役
思わず買ってしまった
著者のこだわりを感じる
評価が分かれそうな作品。結末は読む側がどう想像するか、結局登場人物すべてが「悪」なので、その中でもより大きな「悪」の駆逐を望むとすればこの作品はすっきりしないし、その程度の生き方を選んだ人間なら結末もその程度ってことなんでしょうか。スリとして生きる主人公の殺伐とした生き方の中にも随所にそういう生き方しか選べなかった主人公の人としての優しさを感じた立場としては結末は少しは救われてほしいと思ってしまう。続編の「王国」も読んでみたいと思います。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
幻の翼(百舌シリーズ)
逢坂 剛
ハードボイルド・サスペンス
かつて、能登の断崖に消えた“百舌”は復讐を誓い、北朝鮮の工作員として、日本に潜入した──。稜徳会病院で起きた大量殺人事件は、明確な理由もなく突然の捜査打ち切りが発表され、背後に政治的な陰謀がからんでい
禿鷹の夜
逢坂 剛
警察・ハードボイルド
信じるものは拳とカネ。史上最悪の刑事・禿富鷹秋(とくとみたかあき)――通称ハゲタカは神宮署の放し飼い。ヤクザにたかる。弱きはくじく。しかし、恋人を奪った南米マフィアだけは許せない。痛快無比!  血も涙
仏陀の鏡への道
ドン・ウィンズロウ
ハードボイルド・探偵
破門
黒川 博行
ハードボイルド・ヤクザ
氷点
三浦 綾子
犯罪・家族
北海道旭川市を舞台に人間の「原罪」をテーマにした著者のデビュー作であり、代表作。ある夏、北海道旭川市郊外の見本林で3歳の女児が殺される。父親、辻口病院院長の啓造は出張中、母親の夏枝は眼科医の村井の訪問
ナオミとカナコ
奥田 英朗
サスペンス・犯罪
フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人
佐藤 友哉
サスペンス・犯罪
遠い国からの殺人者
笹倉 明
犯罪・社会
この著者の他の本
何もかも憂鬱な夜に
笹倉 明
犯罪・死・自殺・法律
施設で育った刑務官の「僕」は、夫婦を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している―。どこか自分に似た山井と接する中で
王国
笹倉 明
ハードボイルド・犯罪
土の中の子供
笹倉 明
人生・人間・親子
27歳のタクシードライバーをいまも脅かすのは、親に捨てられ、孤児として日常的に虐待された日々の記憶。理不尽に引きこまれる被虐体験に、生との健全な距離を見失った「私」は、自身の半生を呪い持てあましながら
掏摸 (スリ)
笹倉 明
ハードボイルド・犯罪
平均点ランキング