レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
掏摸 (スリ)
中村 文則
河出書房新社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
66
最高
66
最低
66
合計レビュー
1人
男性1人 平均66点
おすすめ
0
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
66点
★★★★★★★★★★
総合評価
14点 / 20点
満足度
4点 ★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
11点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
3点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
18点 / 30点
引き込まれ度
3点 ★★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
2点 ★★★★★
読後感
9点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
2点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
3点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
絶対に会いたくない悪役
思わず買ってしまった
著者のこだわりを感じる
評価が分かれそうな作品。結末は読む側がどう想像するか、結局登場人物すべてが「悪」なので、その中でもより大きな「悪」の駆逐を望むとすればこの作品はすっきりしないし、その程度の生き方を選んだ人間なら結末もその程度ってことなんでしょうか。スリとして生きる主人公の殺伐とした生き方の中にも随所にそういう生き方しか選べなかった主人公の人としての優しさを感じた立場としては結末は少しは救われてほしいと思ってしまう。続編の「王国」も読んでみたいと思います。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
鏡の顔
大沢 在昌
ハードボイルド・ミステリー
思い通りの写真が撮れず苛立つ沢原の前に、捜し求めていた被写体が現れる。鏡越しに出会った男。その悲しい目を見たときに“こいつだ”と直感した沢原は、男を追いかけシャッターを切るのだが...。鮫島、佐久間公
よみがえる百舌(百舌シリーズ)
逢坂 剛
ハードボイルド・警察
元刑事が殺された。後頭部を千枚通しで一突き。伝説の暗殺者、百舌の手口だ。闇の彼方から百舌が帰還したのか? それとも、警察の汚濁に基づくあの事件を知っている者が始末されていくのか? いまわしい記憶に怯え
槐(エンジュ)
月村 了衛
サスペンス・ハードボイルド
鬼龍
今野 敏
ミステリー・ハードボイルド
ワイルド・ソウル
垣根 涼介
海外・外国・犯罪
その地に着いた時から、地獄が始まった――。1961年、日本政府の募集でブラジルに渡った衛藤。だが入植地は密林で、移民らは病で次々と命を落とした。絶望と貧困の長い放浪生活の末、身を立てた衛藤はかつての入
公開処刑人 森のくまさん
堀内 公太郎
ミステリー・犯罪
聖母
秋吉 理香子
ミステリー・女性・犯罪
東京都藍出市で、幼稚園児の遺体が発見された。被害者は死後に性的暴行を加えられていた。事件のニュースを見た主婦・保奈美は、大切なひとり娘も狙われるのでは、と恐怖を覚える。警察は懸命に捜査を続けるが、犯人
さまよう刃
東野 圭吾
犯罪・親子
さまよう刃 (角川文庫) [文庫]
この著者の他の本
去年の冬、きみと別れ
東野 圭吾
ミステリー・事件
掏摸 (スリ)
東野 圭吾
ハードボイルド・犯罪
王国
東野 圭吾
ハードボイルド・犯罪
土の中の子供
東野 圭吾
人生・人間・親子
27歳のタクシードライバーをいまも脅かすのは、親に捨てられ、孤児として日常的に虐待された日々の記憶。理不尽に引きこまれる被虐体験に、生との健全な距離を見失った「私」は、自身の半生を呪い持てあましながら
平均点ランキング