レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
天使の柩
村山 由佳
集英社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
普通
良本生活での感想・レビュー
平均
80
最高
83
最低
77
合計レビュー
2人
男性1人 平均83点
女性1人 平均77点
おすすめ
2
おすすめしない
0

40代
女性
主婦
77点
★★★★★★★★★★
総合評価
18点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
4点 ★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
5点 ★★★★★
文章力
11点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
22点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
4点 ★★★★
読後感
12点 / 15点
読後の影響度
4点 ★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
3点 ★★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
3点 ★★★★★
先を読まずにいられない
「天使」シリーズの最終章。かつて読んだ著者のデビュー作「天使の卵」を思い出しながら読んだ。主人公が心の傷を癒していく様子がとても温かく静かで美しい。読後の後味がよい作品である。
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
83点
★★★★★★★★★★
総合評価
18点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
4点 ★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
4点 ★★★★
文章力
13点 / 15点
スピード感
4点 ★★★★
読みやすさ
4点 ★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
25点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
3点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
5点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
5点 ★★★★★
読後感
13点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
4点 ★★★★
この本を覚えておきたい度
4点 ★★★★
本の仕様
14点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
3点 ★★★★★
値段
3点 ★★★★★
元気がもらえる
心が温かくなる
考えさせられる本
とにかくラストですべてが救われる。学校にも家庭にも居場所を見つけられない少女、茉莉と恋人を亡くして以来深い悲しみの闇にいる歩太。歩太が一方的に少女を救っているように見えて、実は少女が歩太を闇から救い出す。自分では癒せない傷はお互いに思いやれば、お互いが癒せる。茉莉の設定がいかにもありそうな設定で、実際にこんな少女がたくさんいるんではないかと思え、ラストの結末は温かい気持ちで読み終えることができた。あとがきでこれが20年にもわたるシリーズの最終章とのことで、過去の作品も読んでみたくなりました。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
朗読者
ベルンハルト・シュリンク
恋愛・愛・戦争・歴史・時代
15歳のぼくは、母親といってもおかしくないほど年上の女性と恋に落ちた。「なにか朗読してよ、坊や!」―ハンナは、なぜかいつも本を朗読して聞かせて欲しいと求める。人知れず逢瀬を重ねる二人。だが、ハンナは突
バイバイ、ブラックバード
伊坂 幸太郎
恋愛・愛・不思議
星野一彦の最後の願いは何者かに〈あのバス〉で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気「上品」──これらの単語を黒く塗り潰したマイ辞書を持
陽だまりの彼女
越谷 オサム
恋愛・愛・夫婦
最終便に間に合えば
林 真理子
恋愛・愛・人間
オレたち花のバブル組
池井戸 潤
現代・企業・会社
絶好調ドラマ『半沢直樹』(堺雅人主演)原作本第2弾! 東京中央銀行のバブル入行組・半沢直樹に押しつけられた「頭取命令」――それは巨額損失を出した老舗ホテルの再建。銀行内部の見えざる暗躍、金融庁の「最強
銀翼のイカロス
池井戸 潤
現代・企業・会社
天使の柩
村山 由佳
恋愛・愛・現代
モダンタイムス
伊坂 幸太郎
現代・不思議
この著者の他の本
天使の柩
伊坂 幸太郎
恋愛・愛・現代
星々の舟
伊坂 幸太郎
家族・恋愛・愛
ワンダフル・ワールド
伊坂 幸太郎
恋愛・愛・現代
かつての恋人との再会で芽生えた新たな感情、「愛人」という言葉では割り切れない関係、久しぶりの恋を捨てても守りたいもの――普通の恋愛とは呼べない。でも混じり気ない愛情と絶対的な安心感を与えてくれる存在を
平均点ランキング