レビューを書く
amazonで詳細を見る この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
フランス現代思想史 - 構造主義からデリダ以後へ
岡本 裕一朗
中央公論新社
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
良い
amazonで買う この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
日本の「運命」について語ろう
浅田 次郎
思想・評論・社会
大放言
百田 尚樹
思想・評論・社会
AIの衝撃 人工知能は人類の敵か
小林 雅一
思想・評論・社会
(面白さ)の研究 世界観エンタメはなぜブームを生むのか
都留 泰作
社会・思想・評論
大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」
池上 彰
社会・外国
転換期の日本へ 「パックス・アメリカーナ」か「パックス・アジア」か
ジョン・W・ダワー
日本・政治・外国
世界的大家が見る、日本の過去・現在・未来領土紛争、沖縄と基地、憲法改正、集団的自衛権、核・原発、歴史認識問題など、未解決の課題が山積する中、東アジア情勢は一層その緊迫度を増している。日本の選択はどこに
フランス現代思想史 - 構造主義からデリダ以後へ
岡本 裕一朗
思想・評論・外国
沈みゆく大国アメリカ
堤 未果
政治・経済・外国
この著者の他の本
はてしない物語
堤 未果
ファンタジー・冒険・本・読書
函あり。線引き・書き込み・ページの折れなどありません。しかし、外観に少し経年劣化が見られます。本のコンディションガイドライン良いの状態です。
螢川・泥の河
堤 未果
少年・少女・家族・歴史・時代
土佐堀川に浮かんだ船に母、姉と暮らす不思議な少年喜一と小二の信雄の短い交流を描いて感動を呼んだ太宰治賞受賞の傑作「泥の河」。北陸富山の春から夏への季節の移ろいの中に中三の竜夫の、父の死と淡い初恋を螢の
燃える地の果てに(上)
堤 未果
ミステリー・事件
最後の核爆弾一基が見つからない! スペイン上空で核を搭載中の米軍機が炎上、墜落した。事実をひた隠して懸命の捜索を行う米軍。放射能汚染におびえる村人。ギタリスト古城邦秋を待ちうける虎口の数々……。跳梁す
人類最強の初恋
堤 未果
SF・恋愛・愛