Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 佐賀のがばいばあちゃん (島田 洋七)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
佐賀のがばいばあちゃん
島田 洋七
徳間書店
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最高
良本生活での感想・レビュー
平均
90
最高
90
最低
90
合計レビュー
1人
女性1人 平均90点
おすすめ
1
おすすめしない
0
90点
★★★★★★★★★★
総合評価
18点 / 20点
満足度
5点 ★★★★★
おすすめ度
5点 ★★★★★
おもしろさ
5点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
3点 ★★★★★
文章力
14点 / 15点
スピード感
5点 ★★★★★
読みやすさ
5点 ★★★★★
登場人物の魅力
4点 ★★★★
ストーリー
24点 / 30点
引き込まれ度
5点 ★★★★★
共感度
5点 ★★★★★
インパクト
4点 ★★★★
物語への感情移入
3点 ★★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
4点 ★★★★
結末の納得度
3点 ★★★★★
読後感
15点 / 15点
読後の影響度
5点 ★★★★★
読後のあと味
5点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
5点 ★★★★★
本の仕様
19点 / 20点
表紙
5点 ★★★★★
題名
5点 ★★★★★
この著者の好き度
4点 ★★★★
値段
5点 ★★★★★
生き方のヒントになる
心が温かくなる
元気がもらえる
超ド貧乏でも、それは不幸と直結しない―。漫才コンビ島田洋七さんのおばあさんとの生活のノンフィクション。軽い調子でサクサク、1時間以内に読めると思いますが、そこに詰まったばあちゃんの言葉はとっても深くて、押しつけがましくなくて、あたたかいです。小学生から読めるけど、大人の皆様にぜひ。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
枯木灘
中上 健次
家族・人生・死・自殺
紀州・熊野の貧しい路地に、兄や姉とは父が異なる私生児として生まれた土方の秋幸。悪行の噂絶えぬ父・龍造への憎悪とも憧憬ともつかぬ激情が、閉ざされた土地の血の呪縛の中で煮えたぎる。愛と痛みが暴力的に交錯し
かばん屋の相続
池井戸 潤
家族・お金
働く男たちの愛憎、葛藤を描いた文春文庫オリジナル短編集。池上信用金庫に勤める小倉太郎。その取引先「松田かばん」の社長が急逝した。残された二人の兄弟。会社を手伝っていた次男に生前、「相続を放棄しろ」と語
夏美のホタル
森沢 明夫
家族・青春
時の渚
笹本 稜平
家族・ミステリー
正直
松浦 弥太郎
エッセイ・現代
もういちど生まれる
朝井 リョウ
青春・現代
冷蔵庫を抱きしめて
荻原 浩
現代・家族
新婚旅行から戻って、はじめて夫との食の嗜好の違いに気づき、しかしなんとか自分の料理を食べさせようと苦悶する中で、摂食障害の症状が出てきてしまう女性を描いた表題作他、DV男ばかり好きになる女性、マスクな
天空の蜂
東野 圭吾
サスペンス・現代
この著者の他の本
「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。
東野 圭吾
食・企業・会社
構想7年、執筆3年。食のプロや業界関係者の間で「食品業界を知り尽くした」と言われる男が「裏側」の見抜き方、「いい店」「おいしい料理」の見分け方をやさしく解説!今日からあなたの「行く店」と「頼む料理」が
黒の狩人 狩人シリーズ
東野 圭吾
警察・ハードボイルド
在日中国人連続殺人事件。中国政府による反政府主義者の「処刑」か? マフィアの闘争か? 闇社会を知り尽くす新宿署刑事・佐江は捜査補助員に謎の中国人をあてがわれ捜査を進める。何と何とが繋がるのか? 真の味
忘れられた巨人
東野 圭吾
ファンタジー・海外・外国
「わたしを離さないで」から10年ブッカー賞作家が満を持して放つ新作長編 老夫婦は謎の霧に覆われた世界を旅する。 息子との再会を信じて・・・。 世界的ベストセラーついに刊行。
それを愛とは呼ばず
東野 圭吾
恋愛・愛・現代
平均点ランキング