Warning: file_get_contents(): Filename cannot be empty in /var/www/vhosts/blindletter.com/booklike/simple_html_dom.php on line 76 小説 言の葉の庭 (新海 誠)感想・レビュー・あらすじ|良本生活
レビューを書く
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するには良本生活IDを作ってください。
IDを作っている方は→ログインする
レビューを書く
小説 言の葉の庭
新海 誠
KADOKAWA / メディアファクトリー
ジャンル
あらすじ・内容紹介
amazonでの読者の評価
最高
良本生活での感想・レビュー
平均
61
最高
61
最低
61
合計レビュー
1人
男性1人 平均61点
おすすめ
0
おすすめしない
0
柴田
40代
男性
自営業
下り坂をそろそろと下る
平田オリザ
63点
大誘拐
天藤 真
95点

東山 彰良
63点
終わらない歌
宮下 奈都
72点
61点
★★★★★★★★★★
総合評価
11点 / 20点
満足度
3点 ★★★★★
おすすめ度
3点 ★★★★★
おもしろさ
3点 ★★★★★
この著者の本をもっと読みたい度
2点 ★★★★★
文章力
10点 / 15点
スピード感
3点 ★★★★★
読みやすさ
2点 ★★★★★
登場人物の魅力
5点 ★★★★★
ストーリー
20点 / 30点
引き込まれ度
4点 ★★★★
共感度
4点 ★★★★
インパクト
3点 ★★★★★
物語への感情移入
4点 ★★★★
ストーリー展開のおもしろさ
3点 ★★★★★
結末の納得度
2点 ★★★★★
読後感
8点 / 15点
読後の影響度
3点 ★★★★★
読後のあと味
3点 ★★★★★
この本を覚えておきたい度
2点 ★★★★★
本の仕様
12点 / 20点
表紙
4点 ★★★★
題名
4点 ★★★★
この著者の好き度
2点 ★★★★★
値段
2点 ★★★★★
タイトル買い
続きがあるなら読みたい
映像化された作品のシナリオを小説化し、それにあたって加筆して書かれた作品。基本は主人公の秋孝雄と雪野の物語に、同じ出来事をそれぞれの立場で書かれているのだが、加筆されたと思う主人公以外の部分が中途半端。ただ、万葉集の和歌を登場させたりして登場人物の心の動きなどはとても繊細に書かれてる。でもたっぱりすべてが中途半端のような気がします。
この本を読みたい‼
読みたい本リストに追加するにはログインしてください。
良本生活のアカウントを持っていない方はこちらから作れます→良本生活ID登録(無料)
同じジャンルの本
星に願いを、月に祈りを
中村 航
青春・恋愛・愛・不思議
「100回泣くこと」作者の新たなる代表作!小学生のアキオ、大介、麻里は、夏の学童キャンプで、夜、ホタルを見るため、宿を抜け出し、川に向かう。ようやく川にたどり着いた3人は、偶然ラジオから流れる謎の深夜
センセイの鞄
川上 弘美
恋愛・愛・人生
川上弘美といえば、生き物とモノ、時間と空間などさまざまなものの境目が溶け、混じり合うような、エロチックで不思議な世界を描いた作品が特徴的だ。 本書では、日常を静かに淡々と過ごしていた2人がゆっくりと近
てのひら
谷津 矢車
歴史・時代・恋愛・愛
吉田松陰の妹にして、久坂玄瑞の妻・杉文。元学者で明治以降は政治家として活躍する楫取素彦。互いに惹かれあいながらも別の人間と結婚したふたりの青春から、すれ違いの末に結ばれるまでを、幕末の動乱や松陰の死、
蒲田行進曲 (つかこうへい劇場)
つか こうへい
恋愛・愛・人間
小説 言の葉の庭
新海 誠
恋愛・愛・現代
モダンタイムス
伊坂 幸太郎
現代・不思議
恐妻家のシステムエンジニア・渡辺拓海が請け負った仕事は、ある出会い系サイトの仕様変更だった。けれどもそのプログラムには不明な点が多く、発注元すら分からない。そんな中、プロジェクトメンバーの上司や同僚の
火星に住むつもりかい?
伊坂 幸太郎
現代・SF
住人が相互に監視し、密告する。危険人物とされた人間はギロチンにかけられる――身に覚えがなくとも。交代制の安全地区と、そこに配置される平和警察。この制度が出来て犯罪件数が減っているというが……。今年安全
太陽・惑星
上田 岳弘
現代・ファンタジー
アフリカの赤ちゃん工場、新宿のデリヘル、パリの蚤の市、インドの湖畔。地球上の様々な出来事が交錯し、飽くなき欲望の果て不老不死を実現した人類が、考えうるすべての経験をし尽くしたとき、太陽による錬金術が完
この著者の他の本
小説 君の名は。
上田 岳弘
青春・学校・恋愛・愛
山深い町の女子高生・三葉が夢で見た、東京の男子高校生・瀧。2人の隔たりとつながりから生まれる「距離」のドラマを描く新海誠的ボーイミーツガール。2016年8月26日公開映画の、新海監督みずから執筆した原
小説 言の葉の庭
上田 岳弘
恋愛・愛・現代
平均点ランキング